Home > 2011年春の丹沢 > 「白馬」を見に鳥居原園地へ、気力で?34号.35号鉄塔巡り

「白馬」を見に鳥居原園地へ、気力で?34号.35号鉄塔巡り


▲ 鳥居原園地より土山峠方面を望む



気持ちも、身体の芯も、まだヘナッとしているんだけど、
自然の中で のんびりしたいなぁ と思ったのだ。
さて、どこ行こうかな。

3月24日の宮ヶ瀬V.C.情報に、鳥居原園地から見た「白馬」の写真があったっけ。
そういえば、話に聞くだけで まだ見たことないんだなー、この馬形。

じゃ、決まりだ、白馬を見に行こう!

ついでに、気力があったら、あの辺の鉄塔巡りもして来ようかな・・・
と、3週間ぶりで丹沢に向かったのだった。




34.35号鉄塔めぐり



2011年3月27日 晴れ
メ ン バー: はっぴー単独
コ ー ス : 宮ヶ瀬―虹の大橋―鳥居原園地―鳥居原浄水場―35号鉄塔―34号鉄塔―往路戻り
        ―虹の大橋―宮ヶ瀬 (行動時間:のんびり6時間)

        ※ コースは上図軌跡参照:歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件



前の晩は、朝一番のバスで行こうと思っていたのだけど、
寝るのが遅くなってしまい、一台あとに変更して本厚木に向かった。

この時間ならガラガラだろうと思っていたら、
あんれまぁ、団体さんがいて予想外の混みよう。

そして、車内まん中で まーちゃんが、こっちを見ていたのでビックリ!

一人だと長時間、立って行くのがシンドイけれど、
二人でおしゃべりしていると苦にならない。
あっという間に、まーちゃんの降りる坂尻に着いた。

終点まで乗っていたのは、たった3人。
9時30分の宮ヶ瀬は、まだ閑散としている。
でも、こんな状況下だから、きっと時間がたっても観光客は少ないんだろうね。



▼ おお、トンビだぁ~!なんて悠長なこと言ってられないのだ、ここは。



▼ 宮ヶ瀬公園はクマ注意じゃなく、トビに注意!



チラッとV.Cに寄ってみるが、残念ながら、知人は今日お休みだった。
カウンターにある観光用地図をいただいて、鳥居原園地をめざして歩く。


▼ 昨日より風がないので暖かく感じる。ここは虹の大橋。



▼ 純白のアセビの花が満開だった。



橋を渡って、ずっと車道を行くのかと思っていたら、
途中あったレストランの右側奥に木の階段が続いているのが見えた。

チョット迷ったけれど、ここを行ってみることにした。
すると「鳥居原園地・森の展望台」と書かれた道標が立っていて、
湖沿いにイイ感じの道が続いていた(軌跡図参照)。


▼ 自然林が美しい道の右下は湖だ。



「森の展望台」から、さほど歩かないでトップの写真の所に出る。
園地にはファミリーやご夫婦、犬の散歩の方、バイクのグループなど、
宮ヶ瀬公園より人が多かった。


▼ 鳥居原園地。左側の森に展望台がある(振り返って撮影)。



▼ 左から本間ノ頭、鬼ヶ岩、蛭ヶ岳。ちょっとボンヤリしているけど白馬が見えた! ↓



▼ 手前に岬の展望台、正面は左から土山峠、辺室山、鍋嵐。



展望を十分楽しんでから、上に登って「ふれあいの館」に行ってみた。
入口や中では いろいろな物を売っていて、おまけに食堂もあるせいか人がいっぱい。

こういうところ、弱いのよねぇ。
つい好奇心で物色して、よもぎ100%という「よもぎ餅」をお土産に買ってみた。
帰宅後、食べたら、本物すぎて苦かった(笑)。

ここには組みひもを作る機会が2台あって、
一人30センチまで無料でお持ち帰りできる。
平べったいのも丸いのも、ハンドルをぐるぐる回すだけで
綺麗に出来あがるのがスゴイ!


▼ 組みひも作りは面白いけど腕が疲れる。



組みひも2本 get して、来た道を戻り、「森の展望台」でランチにした。
だんだん風が強くなってきて、蛭ヶ岳方面の雲行きが怪しい。

自分では“病み上がり状態”の感じなので、さて、鉄塔は どうするかな~
と ちょっと迷っても、やっぱり足はそっちに向かう。


▼ 初めて知ったけど、ここ、津久井馬術場。



▼ 奥隣には鳥屋浄水場。その向かいの この尾根から入る。



しかし、すぐヤブが密になって歩きにくくなり、早々に逃げ出す。
もう少し先から入ることにして、様子を見ながら行くと・・・


▼ どうやら、ここが正解のようだった。



▼ 地図を見ながら尾根沿いに進むと、北に鉄塔群が見えた。36.37.38号かな?



▼ さらに平坦な道を行くと35号が現れた。



わずかに下って登り返し、途中に484Pのある弓なりの尾根づたいを行けば
あっけなく34号鉄塔だ。


▼ 湖を隔てて向こう側には高畑山方面の鉄塔群が連なっている(34号より)。



▼ 34号はスマートだ。



▼ なめらかな曲線美が芸術的!落とし主は?(34号のコンクリ部分で発見)



ここから、予定では右側を、八丁林道と荒井林道の合流点あたりに下りるつもりでいた。
ちょうどピンクテープがポツンと一つ付いていた所から下り始めたが、
踏み跡っぽいものがない。

周りはイバラのヤブで衣類が引っ掛かる。
これは止めとこう。あっさり登り返す。
反対側も見てみるが、やはり踏み跡らしきものなしで急坂。

雲行きが ますます怪しい。
ここは、今来た尾根通しに戻るのが一番だと判断して、急いで歩き始める。


▼ イバラのヤブは始末が悪い、シッポ巻いて逃げるのだー



▼ 今年初見のアブラチャン。いや、ダンコウバイかな。遠くて よく分からなかった。



案の定、虹の大橋を渡っている途中で みぞれに捕まった。
蛭ヶ岳方面の空は真っ暗だ。

小走りでV.Cまで戻ったので15:50のバスの時間まで、まだ50分もある。
湖畔園地に下りて、春ノ木丸への尾根を途中まで偵察し、バス停そばの駐車場に下りた。
この尾根には立派なモミが多かった。今度は、もっと先まで時間をかけて歩いてみたいな。


▼ 湖畔園地から高取山方面。




≪ AY さんへオマケ情報 ≫

① 途中から36号に至るらしいルートあり。



② このそそられる道は途中で消えるも、奥野ずい道上に出る尾根が歩けそうかな?










スポンサーサイト

Comments: 6

まーちゃん URL 2011-04-04 Mon 07:30:36

はっぴーさん

何年か前に白馬尾根の白馬を眺める山行に拘った事があります。津久井城山から眺めるのが一番良かったような!?
そー言えば、今年は一度も見てない気がします。

はっぴー URL 2011-04-04 Mon 10:51:53

まーちゃん

白馬を眺める山行に拘ったという記事、あるんですか?意外!
津久井城山はどこぞの帰りに車から眺めるだけ、それもいつも自分では分かりません。
行ってみると、きっと覚えるんでしょうね。来年の「白馬」はここで決まり!ですが、
新緑のころにブラリお散歩もいいかも。情報、ありがとうございます。

AY URL 2011-04-07 Thu 22:44:05

今度は34号、35号を追っかけさせてもらいますね、できれば先端側から、トゲトゲ藪の無いことを願いながら。

はっぴー URL 2011-04-08 Fri 11:03:47

AYさん

最後のところにオマケ情報を加えました。
AYさんなら36号、37号辺りまで(もっとかな?)軽く行かれると思います。
先端側はトゲトゲなくても急勾配ですね~

私も、茨菰山の鉄塔は以前行ったので、そこまでを繋げたいかな。
でも、松茸山はヒル星人の巣窟です!ブルブル

AY URL 2011-04-09 Sat 01:22:07

オマケありがとうございます、そそられる道ルンルンランランスキップ踏んで日曜日に行ってきま~す。

はっぴー URL 2011-04-09 Sat 09:40:12

AYさん

ご報告、楽しみにしています。でも、ご多忙のようで最近、“貯金”多い?ですね~(^-^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/96-58cfe00f
Listed below are links to weblogs that reference
「白馬」を見に鳥居原園地へ、気力で?34号.35号鉄塔巡り from 新たに一歩

Home > 2011年春の丹沢 > 「白馬」を見に鳥居原園地へ、気力で?34号.35号鉄塔巡り

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top