FC2ブログ

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 長尾尾根からヨモギ尾根へ

長尾尾根からヨモギ尾根へ

   


この空とテンニンソウの色あいの中に立つ、木の姿に惹かれた。
(ヨモギ平で)



≪ 本日のコース ≫

札掛―金林沢右岸尾根―長尾尾根1004m―新大日―三ノ塔―ヨモギ尾根―札掛 

(記録時間 06:13:51  平面距離 11.4km  消費カロリー 2951kcal)

※ コースは下図参照。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



ヨモギ尾根



2月21日

今日は お天気が予想ほど良くないのが残念。

駐車地から境沢林道を丹沢ホームの前まで歩いて、
タライゴヤ沢へ降りた。
この辺は ずーっと昔、ホームに泊まりにきていたころ、
よく遊んだ所なので懐かしい。
沢沿いの道を辿って、栄光学園のロッジから林道に戻った。



金林沢右岸尾根にはシッカリした仕事道が続いていた。  

食痕跡発見。何の鳥だろう。



長尾尾根1004mの合流箇所にはベンチあり。お腹がグーグー鳴っているので、
ここで おやつタイム。

南側にはガスが湧いているけれど、



尾根は時どき陽が差して気持ちがいい。

相模湾がオレンジ色に輝いてきれいだった。その色が出ていない(涙)



新しいモノレールには、 まだ座席カバーがかかっていた。




新大日のベンチで若い男性が休憩していた。
ヤビツ行きのバスで来た足の速い登山者だろう。
他に人は見あたらない。



行者ヶ岳の鞍部に向かって下る階段は長い。真ん中にヨモギ平が見える。
奥は大山北尾根。 




行者の鎖場で新しい靴のグリップ力を試してみた。イイ感じだ♪




烏尾山が幻想的。スレ違う登山者が多くなってきた。登山道はド~ロドロ。




三ノ塔から いつも下りなので、登りは久しぶり。途中で振り返るとガスのせいで
いつもと違う表尾根が新鮮。




お地蔵さまから奥へ進んでヨモギ尾根へ入った。
急下降をやり過ごしてヨモギ平に近づくと、冬枯れの広地が待っていた。



この一帯が大好き。 

ツチグリ                      ヤドリギは二つあった



ヨモギ平にはケヤキが多い。この先 尾根は植林になるので開放的なのはここまで。




植林地に残された大ブナは まだまだここに居てくれそうだ(2枚)






 
以前は650m地点から真っすぐホームに下った。森の家へ下るのは初めてだ。

 
 

地図読みは下りが面白い♪
このところ、登山道の体力トレが多かったので、
今日は久々の「清く正しい地図読み山行」だった。

近年、手軽にスマホアプリで
ルートや現在地が分かるのは便利 且つ安全だけど、
やっぱり山を歩く楽しみ方の一つの要素として、
地形図と地形を自分で読んで、コンパスを使って確認し行動する
というのは、私の場合 大きい。

スマホアプリに頼ってばかりいるとカンも鈍るし、
狭い画面の範囲で部分的にしか表示されないため、
全体が見えず、時に判断を誤る場合があるので
地形図は必携だ。

今、私はバリバリ高度計を使っているけれど、
平塚さんの地図読み講習会では、高度計もブッブーだった。
ああ、平塚さんの地図読み講習会、懐かしいなぁ





スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 長尾尾根からヨモギ尾根へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top