FC2ブログ

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 榛ノ木丸 掘割からトラバースでテンニン平(カバノ原)へ

榛ノ木丸 掘割からトラバースでテンニン平(カバノ原)へ



冬晴れのテンニン平は最高♫



2月3日

昨夏、円山木沢コラボのあと、秋の計画が2回つぶれて、
やっと年を越して2月にコラボ実現となった。

で、なぜか引き続き私の担当だというので、
いくつか候補を挙げた中で、
テンニン平(カバノ原という方もあり)に決定。

2016年11月にイガイガさんに連れて行っていただいた
掘割からのトラバースルートで目的地へ。
最後のフィニッシュは、この界隈に詳しいM氏のお知恵拝借、
ちょうど良い陽だまりハイクのコースができあがった。


〈 イガイガさんと歩いた記事はコチラ 〉
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-623.html


≪ 本日のコース ≫

本間橋―造林小屋―榛ノ木丸―掘割―標高1310mトラバース―
テンニン平(ガマノ原 or 清源寺)―マッコ小屋沢左岸仕事道―伝道径路
―早戸川―本間橋

※ コースは下図参照。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。




カバの原



当日は本間橋集合だったけれど、
早戸川林道は凍結している可能性大ということで、
松茸山の駐車場で、shiroさんとレガーさんが待っていた。
ここから お二人もM氏の車に同乗し、本間橋へ向かった。

あらっ 先客がいらっしゃる!
近づいて行くと HALUの懐かしい方々のお顔が。。。。
まさかの嬉しいバッタリだった。
今日は市原新道から蛭で、白馬尾根を下るのだそう。



出発されて行くのを見送った。

そして、我々も出発。


けっこうキツイ登りを頑張ると、榛ノ木丸にあと60mほどの場所に、
このご褒美♪青空バックの蛭が高いな~




榛ノ木丸の先には、意外に細尾根もあったりして、慎重に進んで

はい、掘割に到着。



少し先でトラバースに入る。最初はこんな穏やかで快適な緩斜面をルンルンだけど、




そのうち、笹ノ沢を横断して

ホットひと息のあとも



セイゲンジ沢の枝沢を何度か横断して

やれやれを繰り返しながら



ようやく展望地で丹沢三峰や宮ヶ瀬湖や

蛭ヶ岳を眺めたあと、



再び、目的地へ向かって

低灌木とトゲやぶの中を進んだ。



そして、小広い平地状のテンニン平の上へ。




冬は初めてだけど、この場所に青空と雪は映えるね♪




ランチのあとは、再び気持ちのいいスノーハイク。

三峰方面に面白い雲が出ていた。



仕事道は年々ハッキリしない箇所が多くなっているようだ。

途中にあった植生保護柵。内と外の違いが大きい。



P724mの西側鞍部から伝道径路に入った(振り返って撮影)。

マッコ小屋沢を渡って先へ。



ちょっといやらしい所が2ヵ所ぐらい あったけど問題ナシ。

最後は枝打ちされたままの歩きにくい植林を思い思いに下って



早戸川の河原で本日の記念撮影で〆た。みなさん、ありがとうございました♪








スポンサーサイト

Comments: 2

レガー URL 2019-02-16 Sat 21:23:20

ありがとうございました。
楽しかったですね。

確かに「やれやれ」との場面も多々ありましたが、
スタートからの嬉しい出会いや、好条件の雪踏み等
本当に恵まれた一日でした。

榛ノ木丸手前の谷間越しの蛭が岳、トラバース途中
からの広大な眺め・・・最高でしたね♪
次回はお花探し(^^)
また楽しみなルートとなりそうです。
宜しくお願い致します。

はっぴー URL 2019-02-17 Sun 09:18:54

レガーさん

こちらこそ ありがとうございました。
久々のコラボ、ラッキーに恵まれ大成功でした。
やっぱり みんなでワイワイガヤガヤは楽しいですね♪

トラバース途中の素早い大山同定、さすが!
改めて尊敬です。

担当終わって、次回から楽しいコラボになりそー♪
「ボーッと歩いてんじゃねぇよ」
って声が、どこかから聞こえてきそうですが。。。。(^^;
また よろしくお願いいたします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 榛ノ木丸 掘割からトラバースでテンニン平(カバノ原)へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top