FC2ブログ

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 今日は やっぱり稜線歩きだ!と 表尾根へ

今日は やっぱり稜線歩きだ!と 表尾根へ



三ノ塔の北はじ、お地蔵様付近からの眺めが大好き♪ 右はじの高い山が塔ノ岳。



1月29日

旅行に行っていたりしたので、
ペースが狂って3週間ぶりの山歩きとなった。

まぁ、ぼちぼち行こうかということで、ヨモギ平から三ノ塔に出て、
休憩所の建て替え工事の様子でも見てこようかと思っていたのだけど。。。。

秦野でヤビツ行きのバス待ちの時、すぐ後ろの女性と話しこんだ。
見たところ、腰が曲がっていてグレイヘアなので、
たぶん私よりもご年配、ザックと靴は年季が入っている。
大月や上野原などの中央線沿線の山などもよく歩かれているらしい。

今日は寄にロウバイを観に行こうかと思ったけれど、
快晴なので表尾根から大倉尾根を下ることにしたとのこと。
それを聞いて、私も「そうだよな~、今日は稜線がいいわ♫」
ということで、あっさり表尾根に変更した。



≪ 本日のコース ≫

ヤビツ峠―三ノ塔―塔ノ岳―小丸尾根―西山林道―大倉
(沿面距離:約17.6キロ 累計高度:1788m 消費カロリー:2590kcal)

ヤビツから小丸尾根



久しぶりに菩提峠から日本武尊の道を行こうかと迷ったのだけど、
いつも通りの登山道で二ノ塔へ。
途中で後悔したけど、時すでに遅し。
でも、今日は、お天気がいい割には登山者が少ないので、
気分良いペースで歩ける。
花もないし、景色の写真だけだし(笑)



三ノ塔のトイレは冬季は使用不可。管理人のいる塔まで使えるトイレはない。

話をした女性が12月に来た時は、何にもなく更地だったそうだけど、
工事が始まっていた。



現在、土台作りのようで、お知らせによれば リニューアルオープンは
4月1日の予定だ。楽しみ!!




やっぱり三ノ塔からの富士山もいいなぁ




件の女性は、写真撮影をしないようで、先に三ノ塔に着いていた。
話しながら、烏尾山への下りが始まる所まで行って、
私が ちょっとヨモギ尾根を偵察している間に、ドンドン下って行ってしまった。
以後、塔に着くまで追いつくことはなかった。
ストック使っていなかったので、すごいなぁと思った。



ヨモギ尾根のモノレール。

お地蔵様はオシャレな帽子とコートをお召しになっていた。



行者岳からの鎖場の下りを やり過ごして




政次郎ノ頭への登りで振り返ると、12月に歩いた大山北尾根が♪




書策小屋跡には資材が。ベンチか階段の作成かな?相模湾の金波が美しい。

新大日への登りで振り返ると、三ノ塔からヨモギ尾根、ヨモギ平が よーく見えた。



今日は新大日から木ノ又小屋までが、ことさら長く感じた。
3週間も空くとキツイよな~



イイネ♫ 快晴なのに人が居ない山頂 。




丹沢山塊の山ひだの奥に秀麗な姿。やっぱり塔ノ岳からの富士山は清々する。

陽が短いし、玄倉林道が通行止めなので、このエリアは入りにくくなった。



女性は若い男性とランチ中で、楽しそうにおしゃべりしていた。
写真を撮っていると、男性は丹沢山の方向に進んで行ったので
女性に近づいて話しかけた。

「歩くのが速いですね!」 
「前は、もっと速くて3時間でここまで来たけれど、
今日は3時間50分 かかった」と残念そうだった。
お元気だなぁ。
失礼とは思ったけれど、お歳を伺った。70歳だそう。
バスで座り方が悪かったのか、
ちょっと膝が痛くて大倉尾根の下りが不安とのことだった。

私は小丸尾根を下ろうと思っていたので、
おしゃべりを ほどほどにして下山開始。



この看板、12月半ばの時には古いのだったような・・・・
今回、下った所(登り口)にもあった。

急下降の150mを過ぎたのでホッとひと息(振り返って撮影)



写真の色がイマイチだけど、西山林道でホトケノザを見つけた。

林道、一人で歩くと長いんだよね~。バスの時間が気になって最後は走った。



ここまで来れば ひと安心。歩いた表尾根が、まだスッキリ見える。

大倉発16:22で渋沢着。駅から見る丹沢山塊。



駅のホームで、ふと見上げると電車の進行状態が表示されていた。いつから??




3週間ぶりだったから覚悟していたものの、
翌日から、強度の筋肉痛におそわれ、
両太ももはピップエレキバンのお世話になった(涙)






スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年~2019年 冬の丹沢 > 今日は やっぱり稜線歩きだ!と 表尾根へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top