FC2ブログ

Home > 2018年 秋の丹沢 > 弁天杉から 円山木ノ頭へ

弁天杉から 円山木ノ頭へ

 











11月20日

17日に計画していた3人コラボが都合により中止になった。
ならば、大山北尾根からヨモギ尾根でも歩こうかと思っていたところ、
ヒョンなことからイガイガさんに同行させていただくことになり、
久しぶりに弁天杉と対面することができたのだった。



≪ 本日のコース ≫

塩水橋P―塩水林道―弁天杉―弁天沢右岸尾根(通称:弁天尾根)
―本間ノ頭―太礼ノ頭―堂平―塩水林道―塩水橋

※ コースは下図参照(塩水林道一部省略)。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



円山木ノ頭



旧瀬戸橋。老朽化すれば いずれ見られなくなってしまう?




林道から、正面やや右寄り斜面に弁天杉。上にガスがかかっている。




手前は鍋嵐。鉄塔は23号と24号だろうか?




弁天杉訪問後は、ひたすら植林の中を登る。ここはガマン!
自然林になって展望が開けると、この尾根はなかなかいい。



お天気は期待したほど良くはならないけれど、たま~に陽が差すと気持ちが明るくなる。




いい尾根だなぁ。ブナが元気だし、人も居ない。




右手に本間ノ頭が大きくなってきた。




実はないけれど、ツルリンドウを見つけた。




ここは いつも休まずに通過。




下りの途中、樹間から大山が見えた。静かな晩秋の風情。




おっ、ツチグリ めっけ♪


ツチグリはとても変わった形状をしたキノコで、乾いている時は丸まり、
湿気を帯びると開きやすいといわれています。そのため、「星の湿度計」
と呼ばれることも。 (「きのこナビ キノコの事典」より)



帰りの林道で少しは綺麗めな所をパチリ。




今年は台風が多かった。
裏磐梯では直撃はなかったけれど、
風害のせいで綺麗な紅葉にならないと言っていた。

やっぱり丹沢もそうなのかなぁ
今年、 ほんの少ししか歩いてないので断定する自信はないけれど、
「紅葉・黄葉」ではなく「茶葉」って感じで、例年とは違う。
枝についたまま枯れている葉も多いし、落ち葉も美しくない。

西丹沢は どうなのかな・・・・





スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年 秋の丹沢 > 弁天杉から 円山木ノ頭へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top