FC2ブログ

Home > 2018年 春の丹沢 > 大野山の帰りに 山北町役場へ

大野山の帰りに 山北町役場へ



本日のミッションは こちらを入手することなり。



5月29日

5月17日に「山の子さん」からいただいたコメントにあった、
『山北町の地方誌「足柄乃文化」第45号』を購入するため山北へ。

でも、いくらなんでも それだけじゃあ もったいない。
ということで、久しぶりに谷峨から大野山へ向かうことに。
帰路は、こちらも4年以上ゴブサタの高杉神明社経由にしようと決定。

≪ その時(2014年2月22日)の記事 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-370.html



JR御殿場線に乗るのも久しぶり。松田の駅はもちろん、ここ谷峨駅も懐かしかった。
と思ったのだけど、1年前、不老山のサンショウバラは ここがスタートだった。自分の記憶が あてにならない(笑)

pageあ
田植えが済んで清々しい中を、右はじの道から吊橋へ。田んぼは水が入るといいなぁ



車道を少し登った所で富士山の頭が観えた。今日はこれ以上、期待できないかも。
pageい
車道をショートカットしたら、上にお寺らしきものが見えた。



何だか見覚えがあるな~と思いながら行くと、「真楽寺」だった。
2012年2月4日に、イガイガさんと 瀬戸ミチから奥山家道第二街道(新ミチ)を
歩いた時に来たお寺だ。懐かしいなぁ。

境内の石碑によれば、
ここに現清水小学校に後々つらなる旧川西小学校が、
明治10年4月から36年間も設置されていて、
門前の石段は、子どもたちが酒匂川から石を運んで作ったものだそう。



この本堂が学び舎だった。
pageう
本堂の裏手には こじんまりした墓地があり、幅広の踏み跡が上に続いていた。
ここを辿ると車道に出た。



きれいな舗装は途中までだった(振り返って撮影)
pageえ
長らく工事中だった ここも完成したらしい。階段でひと休みして旧道へ入った。



すぐそばで人の声がした。
進んで行くと女性が3人、右側の小広い草原で何か採取中。
声をかけて伺うとワラビとのことで、まだ遅いのが残っているのだとか。

P439mを通って進むと湯触からのルートに合流し、
少し先で深沢林道を横切った。
ここから山頂手前までは、ジグザグに切ってあるとはいえ急登が続くので、
何かないかな~?とキョロキョロしながら牛歩の歩み(笑)。



右側に木の階段が足されていた。私的には やっぱり木だね。
pageお
最近は扉の開閉がこんな物になっている? 楽でいいわ。



やっと展望が開け、魅力的な P663mまでの尾根が見えた。さぁ もうひと頑張り!
pageか
ここは箱根みたいだ。両側にミツバ発見♪今年の初摘みを楽しんだ。ミツバは茎が好き。



山頂はひと組のカップルと、私と入れ替わりの単独女性だけ。
丹沢湖を眺めながら静かなランチタイム。
pageき
山頂からP663mに向かう このなだらかな尾根が好きだ。



風にそよぐ牧草の海に佇むと、目まいがして不思議な感覚に陥った♪
pageく
結局、ゲートまで戻って、ここを下りることに(涙)


久しぶりなのでワクワクしながらゲートの先へ進んで行くと、
少し先で、向かい側から来た見回りの車の人に声をかけられ、
コース変更を余儀なくされたのだった。
地蔵岩コースは 好きじゃない~ので残念!



下ってきて、車道に出てから大野山を振り返った。
pageけ
大野山登山口バス停で。右が下って来た地蔵岩コース、左は深沢林道コース(振り返って)



案内板の中に「かどやファーム」という見慣れないものがあったので、
帰宅後 調べてみたところ、

神奈川県立大野山乳牛育成牧場が、平成28年3月31日をもって廃止となり、
4月1日から牛舎やまきば館などは、「株式会社門屋食肉商事」が借り受け、
牧場は存続している。その名称が「大野山かどやファーム」ということのようだ。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4109/p1019718.html

さて、山北駅に急ごう。
町役場は、駅より遠いし、電車の時間も気になった。

「さくらの湯」から東山北方向に6,7分行くと、綺麗で立派な町役場があった。
2階の生涯学習課で、無事に本日のミッション完了♪

ちなみに この資料は、私が持っていても“宝の持ち腐れ”?
イガイガさんやM氏の方が有効活用できそうだ(笑)

≪ 足柄の文化については下記参照 ≫
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=1661



≪ 本日の出あい ≫

元気いっぱいのアカモノだった
→ 「ユウゲショウ」とトミーさんよりご教示。別名「アカバナユウゲショウ」

まろやか~な花びら~の ノバラ→ 「テリハノイバラ」とトミーさんよりご教示。



タニウツギ → 「ベニバナニシキウツギ」とトミーさんよりご教示。

ガマズミ



オニグルミの実、もうそんな季節なんだね

クワの実 ごちそうさま~♪



テイカカズラ

何だろう?バラ科のようなんだけど→ 「ノイバラ」とトミーさんよりご教示。



ピンクと白(下の写真)のウツギ




ヤマタツナミソウの群生地があった♪




ユキノシタの花びらは不思議

鮮やかな黄のミヤコグサ



今、ホタルブクロ 真っ盛り

アカショウマはこの1本だけだった



もうサワギク!?                サイハイラン(右側上下)は終わりかけ




スーッと葉を伸ばしたヤマユリは鳥のよう

葉を見れば、確かにシモツケソウ!



ホオジロが綺麗な声で さえずっていた




山頂ではキジが出てきてビックリ!




ハクセキレイ

ベニシジミはジッと動かなかった        小さな小さな半分の殻 誰のかな?



これからは紫陽花の季節か




山北町で見かけた青い目のネコちゃん。シャムに何か混じってるかな?






スポンサーサイト

Comments: 5

山の子です URL 2018-06-08 Fri 01:19:52

いつも花があるHPを拝見し、綺麗な写真や花の多さに関心しております。

わざわざ山北町役場まで出向き「足柄乃文化」をご購入頂きありがとうございます。(私は山北地方誌研究会とは関係無い)
有効な情報でなかったのであればすいませんでした。

今回「足柄乃文化45号」に掲載された「丹沢世伝御料地とその休泊所について・・・内山豊」は、神奈川県県西地域県政総合センター森林部で作成した「丹沢世伝御料地とその休泊所とその後」という図書(B4版197ページ)の要訳版で、内山さんは県の職員です。
 内容は、丹沢の国有林・県有林が御料林(皇室所有の森林として皇室の費用をまかなった)時代やその後の官有地の歴史資料のようなものです。
 自然林を伐採・販売、その後は植林して販売する林業により、植林地が無くなり大木が残る自然林は少なくなってしまった、丹沢の森林の歴史を垣間見ることができます。

その他には、「関東震災の被害や復旧工事」や「林業経営の現場事務所や宿泊所として5ヶ所あった休泊所の遺構についても書かれています。(札掛・ユーシン・仲ノ沢・地蔵平・水ノ木・二ノ沢)
 時間が経過すると草にうもれてしまう遺構や歴史がまとめられ、一般公開されていなかった「丹沢世伝御料地とその休泊所とその後」が、要約され足柄乃文化に掲載されたので、丹沢森林歴史資料として紹介させて頂きました。ありがとうございました。

山の子です URL 2018-06-08 Fri 18:22:53

文章の一部に誤りがありましたので、修正し再度投稿します。

いつも花があるHPを拝見し、綺麗な写真や花の多さに関心しております。

わざわざ山北町役場まで出向き「足柄乃文化」をご購入頂きありがとうございます。(私は山北地方誌研究会とは関係無いのですが)
有効な情報でなかったのであればすいませんでした。

今回「足柄乃文化45号」に掲載された「丹沢世伝御料地とその休泊所について・・・内山豊」は、神奈川県県西地域県政総合センター森林部が作成した「丹沢世伝御料地とその休泊所とその後」という資料図書(B4版197ページ)の要訳版で、内山さんは県の職員です。
 内容は、丹沢の国有林・県有林が御料林(皇室所有の森林として皇室の費用をまかなった)時代やその後の官有地の歴史資料のようなものです。
 自然林を伐採・販売、その後は植林して販売する林業により、植林地が多くなり大木が残る自然林は少なくなってしまった、丹沢の森林の歴史を垣間見ることができます。

その他には、「関東震災の被害や復旧工事」や「林業経営の現場事務所や宿泊所として5ヶ所あった休泊所の遺構についても書かれています。(札掛・ユーシン・仲ノ沢・地蔵平・水ノ木・二ノ沢)
 時間が経過すると草にうもれてしまう遺構や歴史がまとめられ、一般公開されていなかった「丹沢世伝御料地とその休泊所とその後」が、要約され足柄乃文化に掲載されたので、丹沢森林歴史資料として紹介させて頂きました。ありがとうございました。

はっぴー URL 2018-06-08 Fri 19:41:50

山の子さん

いつも拙ブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。
今回の内山豊氏の「丹沢世伝御料地とその休泊所について」の記事に、
山の子さんのホームページの「地蔵平(大又部落の旧跡)その2」と、
「西丹沢・旧水ノ木部落の研究」1及び2 が資料として引用されていましたので、
こちらの会とのご関係を拝察いたしました。

記事にも書きましたが、私より興味あるのではないかと思い、
イガイガさんとM氏にも連絡させていただきました。
元の方の「丹沢世伝御料地とその休泊所とその後」
という図書(B4版197ページ)かどうか私には分かりませんが、
お二人は以前、やりとりされていたようでした。

再投稿、ありがとうございました。
山の子さんのお人柄が感じられます。

トミー URL 2018-08-05 Sun 14:46:06

のどかな山行で出会いは豊かでした。
以下、気になった植物に私見を述べます。

アカモノ(アカバナの誤植?)ではなく帰化植物のユウゲショウ。
ノバラとされたものはテリハノイバラ。
タニウツギは、葉を調べないと断定できませんが、分布域から推してベニバナニシキウツギではないでしょうか?
テイカカズラの下はノイバラ。

はっぴー URL 2018-08-06 Mon 14:42:49

トミーさん

ご教示、ありがとうございます。
「?」や 思い違い、が分かると嬉しいです。

「アカモノ」は「アカバナ」の思い違いでした。
でも、「ユウゲショウ」と呼んだ方が素敵ですね。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年 春の丹沢 > 大野山の帰りに 山北町役場へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top