FC2ブログ

Home > 2018年 春の丹沢 > 椿沢右岸尾根から大室山 下りは田代沢右岸尾根で

椿沢右岸尾根から大室山 下りは田代沢右岸尾根で



スマートな富士山の上に、綿菓子のような雲が。その上には真っ青な空♪



5月4日

今日は、イガイガさんと ほぼ1年前に道志側から
大室山を歩いたコースの左隣、
つまり西側を周回することになった。

≪去年の記事 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-700.html


※ コースは下図参照。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



大室山



少し雲があるけれど、お天気は悪くない。
ただ、道志道の駐車地で車を降りると風が強く肌寒いほど。
登りだけど、北側ということもあり、あまり汗をかかずにすみそうだ。

道志道から、紅椿の湯への道へ入り、どんどん下って、
林道 大室指・椿線へ進み、地図を見ながら破線表示の取り付きを探した。



取り付いた所から、ひと登りして振り返った。左に白く林道が見える。

植林の急登を登る。道形はあったり、ロストしたりしながら上へ。



830m辺りの所に大きな岩があった。ここは去年は通っていない。




まだ倒れずに頑張っていた大室指と椿の分岐に立つ道標。

この辺りから、朽ちた階段の名残りが出てくる。雨乞岩(あまごいわ)までは傾斜がキツイ。
久々の1000mの登りだから、ストック使用で。



雨乞岩に到着。う~ん、どうして こんなに大きな岩が尾根の真ん中にあるのだろう?




雨乞岩の上に登ると、意外にスッキリした富士山が観られたので感激。




この尾根には、ハウチワカエデが けっこうあった。若葉がきれい!この辺は季節が遅い。

バイケイソウとトリカブトが多い緩斜面を、大室山の山頂めざして。



山頂には、先生に引率された高校生らしきパーティと、他の登山者が居たので
マメザクラの写真を撮ってから、ベンチのある西の肩でランチした。




前大室までの稜線漫歩では、




新緑が楽しめたし、




富士山も観えた。でも、雲がかかるのも時間の問題かな。




前大室から北側のヤケハギ尾根に入った(振り返って撮影)




気持の良い尾根を70mほど下ると、新しい前権現が。昨年の8月21日の日付だった。

ここから北西へジグザグに付いた道を下って、田代沢に降り(振り返って撮影)



涸れ沢を何回か渡りながら、「至る加入道山」と何とか読める、古い道標のある登山口へ。

バス会社富士急山梨バスか、ここにバスで来るのは大変だ。イガイガさんに感謝!!



椿の里ではヤマフジが見ごろだった。





≪ 本日の出あい ≫

山中では、オオカメノキ(ムシカリ)の白い大きな花が目だっていた。




一番多く見られたのはツルキンバイ。明るい色と可愛い姿に元気をもらった。





ワチガイソウは可愛いな。

フデリンドウも多かった。



ツルシロカネソウは開いていなかった。    ミツバコンロンソウ             

タチツボスミレ                   シコクスミレも、もうイイってほど たくさん。



もうガクウツギも咲いていた!         ミヤマシキミ 




ミミガタテンナンショウが7株 かたまって居た。そのうちの3株。




ウロの中から こんにちは!素敵な花器だね。




林道をショートカットしたご褒美がチゴユリとは嬉しい♪




林道で。小さなモグラ?ネズミ? 撮影後、道路脇の畑に埋葬し、手を合わせた。
(スケールはイガイガさんの所有物)





スポンサーサイト

Comments: 2

トミー URL 2018-08-05 Sun 14:53:25

実物にはまだ会ったことのない花々を見せて頂きました。
かわいいモグラですね。
日に当たると死んでしまうというのはウソらしい。

はっぴー URL 2018-08-06 Mon 14:04:54

トミーさん

モグラのこと、ありがとうございます。
下記で確認しました。
http://動物.jp/mogura/

また、これはどうやらモグラではなく、ヒミズという動物のようです。
http://www.doubutsu-no-kuni.net/?p=21110

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年 春の丹沢 > 椿沢右岸尾根から大室山 下りは田代沢右岸尾根で

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top