Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 10号~6号へ 三たび鉄塔巡りハイクを楽しむ

10号~6号へ 三たび鉄塔巡りハイクを楽しむ


▲ 10号鉄塔をクリアーし、次に目指すは 左はじに霞む9号鉄塔



天気予報では土曜日が晴れマークだったけれど、昼間、用事が入っていた。
日曜日のお天気は期待できないどころか、悪ければ雨もありかも・・・だったので、
近場&ショートコースで遊ぶことにした。

ということで考えたのが、1月の鉄塔探索の続きである。
どう行ったら効率良く辿れるか、地図とニラメッコした結果、
ヤビツ峠までバスで行き10号、9号と順に下って6号までを歩くことにした。

ただ、県道70号は地図上では、かなりの部分コンクリートの擁壁があるので、
バスの中からチェックして、後は臨機応変に対処することにした。




新多摩線6~10号鉄塔2



2011年2月20日 曇り
メ ン バー: Uさん、はっぴー
コ ー ス : ヤビツ峠―10号鉄塔―9号鉄塔(旧ヤビツ峠)―8号鉄塔―県道70号―
        7号鉄塔―六本松林道―6号鉄塔―六本松林道―春陽橋―蓑毛バス停
                        (行動時間:およそ4時間30分)

        ※ コースは上図軌跡参照:一部ロガーが正しく作動していなかった部分を修正した
          難しいコースではないが、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件




▼ 10号鉄塔への入り口はヤビツ峠から林道を北西に約250m行った所。
  手前は沢状で斜面には植樹されている。





▼ 最初、植生保護柵の外側を行ったら、途中から狭くなったので入り口まで戻り
  柵内を進んだ。歩きやすいように刈り払われていた(振り向いて撮影)。





▼ すぐ壊れたシカ柵の入口から、手入れされた植林内に入って行く。





▼ ゆるい傾斜を50mほど登ると、あっけなく10号鉄塔に着く。





▼ さらに植林内を登って行くと左側手前に9号、その奥にうっすらと8号が見えた。




葉のないササヤブの中を岳ノ台の北に延びる尾根沿いに南に進むと、
ヤビツ峠からの登山道に出たので(道標あり)、これを9号鉄塔まで辿った。
ロガーの軌跡とズレているのは、
地形図の黒破線(最新のエリアマップのハイキングルートも同じ)と違うようだ。

「たぶん保護柵が次々と新しくできるので、それに合わせて道が変わっている
という情報を、追跡しきれていないのではないかな?」というのがUさんの見解。



▼ 登山道の北面付近が一番雪が深かった。





▼ 9号鉄塔そばの旧ヤビツ峠には、ベンチの一部がまだ残っていた。
  




▼ 峠から9号鉄塔に行く途中のササは盆栽化していた。葉が育たないうちに
  シカが食べてしまうのを繰り返すと、こんなふうになってしまうそうだ。
  真中に見える黒い物は古いスパイク付地下足袋で、数足分が捨ててあった。





▼ 9号鉄塔。この辺りのロガーの軌跡が等高線1本から
  半本くらい西にずれている。例えば、9号鉄塔のすぐ
 ふもとまで行ったのに そうなっていないとUさんが言う。





▼ 何の足跡かな?「足跡図鑑」を見ても分かりそうで分からない。





▼ 旧ヤビツ峠から南西に延びる旧道の偵察へ。思わず辿りたくなる雰囲気だ。





▼ 少し行くと棚入沢を越える所が崩れていた。下に落ちているのはガードレール。




軌跡では源頭の真上まで行ったことになっているが、
実際はそのすぐ手前で引き返した。右上を登ってトラバースしたかったが、
雪がベッタリで、滑ると一気に下まで行きそうなので あきらめた。



▼ 旧道入口の三叉路まで戻って、すぐ脇にある扉から植樹された柵の中に入り、
  手前に向かって歩いた(振り返って撮影、正面は9号鉄塔)。




この西への登りの軌跡が地形図にある黒破線と重なるようだ。
ゆるやかな登りだが、柵が多いので出られるかどうかが問題。
結果は扉の通過3回、柵乗り越え1回、穴抜け2回だった。

ヤビツ峠から菩提峠まで最初に歩いたのはかなり前だった。その頃はシカ柵を
木の階段で越える所があったり、周りもワイルドな感じだったけど、数年前
行くと、ちょうど整備中で、今はスッキリしたハイキングコースになってしまった。



▼ 緑色の混じったシカ糞があった。何を食べたのかな~?





▼ 岳ノ台への登山道に合流後、反対向きに進み途中からP899の尾根に乗った。




この辺はヤブ。8号鉄塔は県道から登れば、あっさり行かれるが、
尾根を下って行く方が断然 面白い。左手のシカ柵沿いに進んで到着。



▼ 8号鉄塔へのルートは苦労したけど、一番楽しかった。





▼ 鉄塔の南側に9号への案内があったが、おそらく旧道を通るので、
  今は使われていないだろう。





▼ 県道に下りる階段があることをバス内からUさんが確認していたので、
  不安なくそのまま尾根を下った。





▼ 280mくらい県道を下ると7号鉄塔のある尾根への入り口にこれが。
  上部は折れてしまったらしい。





▼ ずっと手入れの行きとどいた植林の尾根で、
  ご覧のような表示があった。





▼ 7号鉄塔も難なく行かれた。




スッキリと良い尾根なので、このまま六本松林道に下ることにした。
林道に下りられるかどうかがチョット不安だけれど、10mロープがあるし、
最後、東側の沢に逃げれば・・・



▼ ここに出て来た。この林道はかなりローカルな感じで、ほっとする。





▼ 下った尾根の西側の沢の所に林道の説明があったが、今まで知らなかった。





▼ 何となく踏み跡があるので、黄色杭から植林内に入って登って行くと、
  途中で地図にない林道が現れたのでビックリ。少し登ると6号鉄塔に着いた。





▼ 6号鉄塔に到着。




さっきの六本松林道の説明板がある所まで戻って、軽くランチ。
今日の予定の鉄塔巡りは全てクリア、あとは黒破線のルートで蓑毛に下るだけ。



▼ 林道にあったフンは太かったので、もしや?




地図を見ながら入り口を探すが、植林なのでどこも同じような感じ、
あちこちに踏み跡があるような ないような。
これが黒破線の道とハッキリしないまま400mからもまっすぐに
行こうとしたら、ここから東の尾根に乗り換えるのではと
Uさんに指摘され、納得。

急にヤブになった尾根を下ると・・・



▼ ポンと春陽橋に飛び出した。




ほっとしながら写真を撮っている横をバスが走りぬけて行った。
もしかして乗れるかもしれないと蓑毛バス停まで走ったら、
14:15発で 5分ほど余裕があったのが嬉しかった。

帰宅後、ロガーの軌跡をチェックしたところ、今回の5基の鉄塔の位置はすべて
地図のとおりと言って良いのではないかと思った。

それから、今まで気にとめていなかったけれど、
岳ノ台からけっこうたくさんの尾根が出ているのが意外だった。










スポンサーサイト

Comments: 18

tetu930 URL 2011-02-25 Fri 01:23:39

旧ヤビツ峠ってあるの知らなかったです~
ヤビツは近いので若い頃からバイクや車で通っていましたが山に入っていませんでしたので^^;
旧道って廃林道なのでしょうか?

AY URL 2011-02-25 Fri 04:57:12

8号以下は未知なので行き場に困ったときにでも追っかけさせてもらいますが、なんか随分渋そう。
この辺って赤軍大攻勢地帯だから時季が限られますね。
名前判ってスッキリです「六本松林道」。
ところで85回じゃなくてチョコッと山散歩も入れると実際はその倍位じゃないんですか?

yamajinn URL 2011-02-25 Fri 11:08:29

鉄塔歩き面白そうです。

11号から16号鉄塔の尾根歩きはしたことがあるのですが、横へ移動は興味津々。
すでにハッピーさんが踏破している11号から18号までやろうかと思っています。

10号からの下りも機会があれば挑戦します。

蹄型の足跡はイノシシ、シカ、カモシカのどれかだそうです。

はっぴー URL 2011-02-25 Fri 21:33:23

tetu930 さん

奥野幸道著「丹沢今昔」には、旧ヤビツ峠について下記のような記述があります。

『旧ヤビツ峠は、現在の峠より岳ノ台寄りにあった。明治二十五(一八九二)年発行の
旧陸軍陸地測量部の二万分の一の地形図「塔獄」には、蓑毛(秦野市)の大日堂の裏
から尾根づたいに、山道がジグザグに記入されている。幕末に来日し、駐日公使もつとめた
イギリスの外交官アーネスト・サトウは明治六(一八七三)年に籠で峠を越え諸戸に入って
いるので、良い道だったのだろう。大正二(一九一三)年にはサトウの息子で植物学者の
武田久吉も峠越えを行っている』

また、下記のホームページには「いにしえの山旅・武田博士の丹沢行によせて」という
タイトルでヤビツ峠の記事もありますので、お時間のある時にでもいかがでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/matsumobi/urayama/lib/takedahakase/takeda.html

tetu930 さんでしたら、棚入沢の崩れた所など問題ないと思いますので、
ぜひ一度、歩いてみてくださいませ。

はっぴー URL 2011-02-25 Fri 21:44:33

AY さんなら一度に8号まで行かれますね。
ぜひ下から順に登っていただきたいですが、8号だけは上から下るのをお勧めします。
ホント渋渋ですから、あまり調子が良くない時コースに取っておいてください。

いいえ、私のは2回でAYさんの1回分ですからね、実際はこの半分だと思っています(笑)

はっぴー URL 2011-02-25 Fri 22:02:10

yamajinn さん

地図を武器に?鉄塔という目標物を get していくというゲームですね。
けっこう面白いです。ぜひ、やってみてください。

私が行ったのは16号までで、17、18号は次なる目標ですが、
少しづつ楽しみながら歩こうかと思っています。

足跡のこと、教えていただきありがとうございました♪

tetu930 URL 2011-02-26 Sat 08:26:53

おはようございます。
大変興味深い情報ありがとうございます。
更に二の宮から秦野に鉄道が通っていたとは驚きです。
ん~、歴史を紐解きながら山を歩くのって趣きありますね。
ハッピーさんのコメントと教えていただいたHPをプリントアウトして行ってみたいと思います。
ありがとうございます。

はっぴー URL 2011-02-26 Sat 21:26:50

tetu930 さん

歩かれたあとの記事、楽しみにしています。
でも、決してせかしたりいたしません(笑)。お気のむかれた時にどうぞ。

八兵衛(No.3) URL 2011-02-28 Mon 09:34:38

あれぇ? 「南ア」アップしてないや。。
すいやせん出直します~
(スゴスゴと退場)

はっぴー URL 2011-02-28 Mon 19:05:25

八兵衛(No.3) さん

ただいま の~んびり鋭意努力いたしております。
(ミックスナッツさんの分とで二倍のプレッシャーだわ、ブツブツ)

堰堤オマケいたしますので、しばしお待ちくださいませ m(_ _)m
でも、あまり期待しないでね~(^ ^;

シチミ URL 2011-03-01 Tue 19:46:26

はっぴーさん

今日、次の現場の場所を案内されたら、見覚えのある看板が。

昨日このページを見てたのでびっくりしました!!
なんと七号鉄塔上の看板でした!。
今日は雪で真っ白な林内でしたょ~。  ウチの掲示板に載せますね(^^)

あの看板までは整備されてますけど、
鉄塔までの左側はまだなので、来週あたりから枝・間に入ります~。


AYさん
六本松林道は先日選木しました。
ロガーを忘れて行ったので、正確な場所は解りませんけど、
明確な尾根だったのでP548mの尾根だと思います。

既に下請けさんが間伐に入ってて、今後は架線で出しますから
その周辺は危ないですょ~。

はっぴー URL 2011-03-01 Tue 22:13:44

シチミさん

今、そちらの掲示板で看板の写真を拝見しました。
見たことがある物があるって、なんか感動的ですね~!
この看板、特徴あるのですぐ分かりますし、撮っておいて良かったわ (^ ^)v

それにしても今日は寒かったので「山は雪だんべ」と思ってました。
暖かかったり寒かったり、風邪また引かないようにお気をつけて。

AY URL 2011-03-02 Wed 05:21:22

シチミさん
P548mの尾根情報ありがとうございます。
下降専用にピッタシの尾根だったですが、しばらくは利用控えます。

はっぴぃさん
鉄塔山行に後押しされ、27日(日)に新多摩線30~33号に行ってきました。
30・31号は未踏でした。
ぽかぽか陽気で午後になって風がでたら目の前まっ黄色、もの凄い花粉が飛びました。
花粉症の方はしばらく大変でしょうね。

はっぴー URL 2011-03-02 Wed 09:40:46

AY さん

26日があっちで、27日がこっち、ほらね、今年はまた記録更新ですよ(笑)

風人社の一枚地図には鉄塔No.が31号まで入っていて、鉄塔巡りには助かりますね。
それと、昭文社の以前の4万図エアリアにも送電線のみ、けっこう正確に入っています。
二つから考えますに、水沢川左岸の林道すぐ上に建つのが33号、
栂立尾根P532の北のが32号かと推察いたします。UP楽しみにしています。

丹沢も花粉が終わるとヒルヒール星人のお出ましで、鉄塔巡りも期間限定ですね。
花粉症は毎年、なりそうで免れているという危ない状況です。こわいです!(笑)

shiro URL 2011-03-02 Wed 20:31:20

こちら、悪女のサイトという噂を聞きつけてすっ飛んで参りました。
なるほど・・・。こりゃワルだ。
良い子のお山、岳の台でヤブに突っ込むとは・・・。
神聖なる権現山で怪しげな尾根を下り、ファミリーハイクの高取山ではロープ下降。
やりたい放題の悪女っぷりですな・・・。
憧れてしまいます。

はっぴー URL 2011-03-02 Wed 23:26:18

shiro さん

“悪女”と言ったってねぇ、可愛いもんですよ(笑)
決してバチなんか当たらない範囲ですもん。

そんなことより、ご存知ですか?
今度こそ清川村にムカゴネコノメとハナネコノメが開花だそうですよ。
Vルート探検だけでなく、花の写真も楽しみなのでヨロシクです♪

AY URL 2011-03-27 Sun 06:21:43

昨日(3/26)鉄塔10号~1号歩いてきました。
8号へは県道から登れば簡単のようでしたが、面白いというので9号から下降してみました。
今は使われていない鉄塔巡視路途中の崩壊地ボロ岩、面白さ通り越して何年ぶりかの恐怖体験、いつまでも蝉になっているわけにもいかず最後は飛びました。
もう一度はっぴーさんルート確認してから出かければ良かったと反省です。

はっぴー URL 2011-03-27 Sun 23:11:29

AYさん

9号から8号へは、旧ヤビツ峠から棚入沢の崩れた所の他にも
危険箇所がありましたか?
文面ではかなりの恐怖体験だったようですね。
記事で詳しいことを伺えるのを、楽しみにしています。

私は今日、34号と35号を歩いてきました。シブかったです(笑)


 

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/75-1e78d0f2
Listed below are links to weblogs that reference
10号~6号へ 三たび鉄塔巡りハイクを楽しむ from 新たに一歩

Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 10号~6号へ 三たび鉄塔巡りハイクを楽しむ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top