Home > 2017~2018年 冬の丹沢 > 大栂エリアの廃道探索で ワク ドキの山遊び

大栂エリアの廃道探索で ワク ドキの山遊び

  

大栂南面東側の探索開始から ほぼ1時間、快晴のもとの緩斜面トラバが最高だった。



1月14日

今年の初歩きコラボは、
M氏、レガーさん、イガイガさん、shiroさん、はっぴーの5人で
かつて大栂の南斜面にあったという廃道探索に出かけた。

4時起きでイガイガ車に同乗させていただき、
集合の「道志道の駅」に6時半。
ここで全員 M氏の凸凹道OKの車に乗り換えて、
西沢林道のゲート前まで。
この間、歩いたら1時間半弱。M氏に大感謝!

ということで、出発は6時50分。



≪ 本日のコース ≫

三ヶ瀬西沢林道ゲート― 前ブナ沢乗越―菰釣山―大ダルミ
―大栂―径路探索―菰釣沢―シキリ尾根南東派生尾根―
菰釣山―ブナ沢・大西沢界尾根―西沢林道ゲート

※ コースは下図参照。
  地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



大栂部分2



ブナ沢にも 前ブナ沢にも雪がなかった。
2012年1月末に訪れた時の雪景色のイメージが強かったので、
これには驚いた。まっ、10日の丹沢山にもなかったからね。

http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-214.html

雪がないので歩きやすくてイイ気分だったのに、
ちょうど2年前 ミズナラの巨樹探索に来た際、
歩き始めてすぐ、ブナ沢で地図を落として凹んでいたのを
M氏とイ氏が覚えていて、古傷を思い出させる。
本人、スッカリ忘れていたのに~(笑)

前ブナ沢乗越から稜線歩き。
やっぱり、甲相国境尾根は開放的でいいなぁ。
すぐに避難小屋。
昔、泊まった時は出来たてで、木の香りに癒されたけれど・・・



だいぶ古めかしくなっていた。トイレがないのが残念だ。




さらに170m登って、菰釣山(1379m)。
今日は雲一つない快晴で、感動の富士山の右奥に南アルプスも見えた。
このお天気で、このロケーションは もうないかもね。



矢倉岳からの富士山を、アッサリ越えた秀麗富士。長く裾を引いた姿が美しい。




南アルプスもクッキリ。




小休止後、大栂に続く南尾根に入り、
菰釣山三等三角点を確認して さらに下って行くと、
正面に大栂(1204m)が見えた。



今居る所と大栂の間の鞍部が大ダルミで、そこから西側に大栂を巻く径路があったそう。




その辺の詳細は、下記のイガイガさんの記事で。
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201801/article_5.html#comment



大ダルミから、M氏が西側の薄い道形を辿ってみたけれど、
この山抜け崩壊地でバック~!となり、大栂の山頂を目ざすことに。




最初に来た時は、うっそうとしてケモノの住処のような雰囲気だった大栂は、
ブナの倒木は変わらないものの、スッキリ小広い山頂になってしまった。




山頂から110mほど下った辺り。尾根を挟んで両側に、
それっぽく見える道形が続いていた(東側を確認する二人)。ここから、




まずは西側を探索したが、
軌跡の示すように ほどなく行き詰まって引き返した。
菰釣山~大栂の尾根西側は、
水ノ木沢の支流である大栂ノ沢や梅ノ木沢が枝沢を何本も延ばし、
上流部は等高線が密なので、山抜け崩壊地も多そうだ。



西側、ケモノ道のような所を辿って進んだけれど、ほどなくアウト。




尾根に戻って、東側の探索へ向かった。写真だと、どこが道形?って感じだけど、
現地だと正しいかどうかは別として、それなりに見える(笑)




ここは、レガーさんのロープのお世話になった。




上を見れば道形っぽく見え、下を見れば やっぱり道形っぽく見える。
行ってみると残念~!ってことがたびたび(笑)




ちょうどトップ写真の所で、大涌谷の噴煙が見えた!へぇ~見えるんだ。




上下のそれらしい所を探しながらトラバースは続く。




で、そろそろタイムリミットということで、菰釣沢に降りることになった。




効率の良い帰路の相談などしながら、沢を下って昼食タイム後、




シキリ尾根から派生する尾根を370mほど登って、




1320m地点で、右からシキリ尾根に合流した(振り返って撮影)。




午後になっても雲一つない快晴で、菰釣山では富士山と再会♪




駐車地まではブナ沢と大西沢の界尾根を下降。この尾根、最後が植林地なのに、
石ゴロの急斜面だった。




トラバースは、かなり歩いたつもりでも距離が延びていないので
驚きはするけれど、
目的は長距離を歩くことではないので、ガッカリはしない。

探索で、道形が発見できれば嬉しいし、
たま~に巨樹なんかに出あえると、得した気分にもなる。
特に、今日のような快晴の日の南面は気持ち良くて最高♪

この辺はなかなか行かれる所ではないし、
ましてトラバースの廃道探索などは、M氏やイ氏の“世界”。
お二人はじめ、ご一緒していただいた皆さまに感謝したい。

(記事中で私が写っている写真はレガーさんから拝借しました)




スポンサーサイト

Comments: 6

M氏 URL 2018-01-20 Sat 20:27:23

「妄想の道」探索お付き合い有難う御座います

は姐さん、の富士山の写真ですが
何時もはなんとなく傾いて見えるのですが
今回のは完璧ですね・・・流石
腕が上がった!!・・・僭越ながら

はっぴー URL 2018-01-20 Sat 22:26:24

M隊長

新年の初コラボ、ありがとうございました。
今年は例年になく穏やかに終わりましたね~(^^)

富士山の写真、おほめいただき嬉しいですが
まぐれ以外の何物でもないので、また傾きそうです(^^;

komado URL 2018-01-22 Mon 20:29:39

はっぴーさん

世附の山の廃道探りは面白いですね。イガイガさんのところも拝見しましたが、
城ヶ尾歩道と奥世附歩道を繋ぐ、大栂をぐるりと回りこむ道を辿ろうとしたのですか。
自分は大ダルミ近くの崩落地と西側の植林の多さにどうも食指が動きませんでした。

それはそうとこの辺りもスズタケの枯死が進んで歩きやすくなったのは良いのですが、
それに伴い土壌の流出が激しくなって、道形の判別が徐々に難しくなってきています。
去年久しぶりに城ヶ尾歩道を歩いた時も比較的明瞭だった区間が意外にわかりづらくなっていて焦りました。

とはいえ、そんな情報もはっぴーさんご一行には余計なお世話でしょうか(笑)。
道があってもなくても楽しめるのがこの手の山歩きの魅力。次も楽しみにしてますね。

はっぴー URL 2018-01-22 Mon 22:51:24

komadoさん

コメントありがとうございます。
このエリアはkomadoさんの“お庭”、いつも自由自在のお散歩を
羨ましく拝見しています。

今回の探索は、
イガイガさんの記事にある羽賀正太郎氏の寄稿文の内容と、
「林班図」を見てM氏が ずっと抱いていた思い・・・
【「城ヶ歩道と奥世附歩道」は城ヶ尾峠から山伏峠まで続いている歩道ですが、
唯一、大栂南東部の斜面の部分が繋がっていません。
・・と言うよりも「城ヶ尾歩道」が唐突に途切れているのは納得出来ない。
そんな思いを持ち続けていました。

「きっと道は繋がっている」
その「痕跡」を見つけ、歩道を繋ぐのが今回の目的です】
からの計画でした。

おっしゃるように土壌の流出に加え、歩く人がいなければ、
判別もどんどん難しくなっていきますね。
丹沢の奥地というロケーションも、ネックの一つかもです (^^;

レガー URL 2018-01-27 Sat 08:18:03

はっぴーさん
充実した一日を、ありがとうございました。

しっかし急斜面トラバースの連続!
疲労感もありましたが、楽しさと興味深さが勝りました。
丹沢秘境特有の、ポッカリと開く穏やかな休憩所も
素敵でしたね。

この日は、北斜面と南斜面の体感気温差がすごかったですね。
富士山も最高の姿でした。

また宜しくお願い致します。

はっぴー URL 2018-01-27 Sat 15:38:10

レガーさん

こちらこそ、ありがとうございました。
久しぶりに ご一緒できて楽しかったです。

南面トラバースは、あのお天気だったればこそ、でしたね。
地形図見て下れそうな小尾根を下り、沢を歩いてまた別尾根へ。
こういうのがバリエーションの醍醐味では(^^)
「ポッカリと開く穏やかな休憩所」との出あいは ご褒美ですね♪

次回もよろしくお願いいたします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017~2018年 冬の丹沢 > 大栂エリアの廃道探索で ワク ドキの山遊び

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top