Home > 2018年 丹沢1回休み > 初歩きは 静かな山頂で「美・富士」との対面♪

初歩きは 静かな山頂で「美・富士」との対面♪

    
 
※ 1月9日、本文 掲載しました。 



 

春の慶び 


今年も どうぞよろしく  お願いいたします



  





1月4日

快晴の本日、「三度めの正直」を信じて、富士山撮影に。

またもや、雲に阻まれ涙かと、ドキドキしながら山頂に着くと、
正面に秀麗な富士の山容が広がっていた。

ああ、ハッピー♪
やっぱり ここから観る富士山は最高のロケーション!!



≪ 本日のコース ≫

矢倉沢バス停―矢倉岳東尾根―矢倉岳―清水越―足柄万葉公園―
足柄明神跡―足柄峠―足柄古道―御殿場線足柄駅



≪ 軌跡全体図と部分図 ≫

矢倉岳1


2矢倉岳




今日こそ、富士山!! と思った時に、矢倉岳が頭に浮かんだ。
標高870mだけど、遮るものなく富士山と対面でき、
箱根ほど人が多くないので、静かな独立峰だ。

ということで、4日の朝、新松田から箱根登山バスに乗り込んだ。
矢倉沢バス停で降りたのは、単独の男性が二人と私、
関本から乗車した男女のカップルの5人だった。
何人かは、終点の地蔵堂まで行ったようだ。金時山かな?



バスの中から矢倉岳。けっこう急だ。




登山口までの道で出あったのは、マサキの実?と、大好きな香りのスイセン。




そして、艶やかな中に清楚な気品も漂うツバキの花。




植林の急登を過ぎると、木々が葉を落とした明るい尾根。
解放感を味わいながら進むと、根元でつながっている大木が居た。


名前は分からない。




さらに進むと、北側に丹沢が見えた。嬉しいな♪
南側の明神岳には雲が かかり始めているので、気が急いた。




でも ご覧のとおり、セーフだった!
富士山を観て、こんなに嬉しかったのは初めてかな。
何しろ、やっと願いが叶ったのだからね。
山頂は貸切状態で、私の歓びの声のみ(笑)



記念に、先に着いていた単独男性にシャッターを押していただいた。
DSCF7271 - コピー



ランチの前に写真撮りまくり。愛鷹山(あしたかやま)と 金時山と 大涌谷噴煙の共演。




大涌谷アップで。今日の噴煙は白く輝いていて美しい。




あれまっ、食事中に、いつの間にか雲がかかってきていた。やっぱ、油断は禁物。




手前には御殿場市が広がり、右側には丹沢西部の山。
少しずつ人が増えてきたので、山頂をあとにした。




下りも急で、清水越からは陰気な植林の中のアップダウンの道。
ここは、2014年4月に、カメラのバッテリーを探しに来て見つからず、
凹んだ気持ちで歩いた。
春だったので花に慰められたけれど・・・・



前回はパスした足柄明神跡に寄ってみた。あれっ、でも この白い鹿、記憶にある。
前回よりも もっと前に、来たかな?



<2015年5月の「開眼式」の神奈川新聞の記事>
http://www.kanaloco.jp/article/92965



足柄明神跡から矢倉岳を見る。ポコッとした山だ。




足柄峠を左に見て、先へ進む。「足柄城址」も面白そうだけど、今日はパス。
DSCF7314足柄峠



足柄城址から、車道を北西に向かうが、
途中で反対方向だと気づいて、元の地点に戻った。
逆方向へ進み、少し先に右に入る怪しい?道 発見。
今日、歩きたかった道の入口かと思い、入ってみると石畳が現れた。
それっぽいので、ここを行ってみることにした。



入った所で振り返って撮影。上の空間が731の車道。

石畳が続いて右に曲がって行く。



途中、こんな所もあったけれど、全体踏み跡はシッカリ続いている。

前方にガードレールが見えた。



先の折れたシカの角、見っけ。

車道に出て振り返ると、古い案内板。う~ん、残念、ここじゃなかったかー!?



実は、2014年4月に歩いた時のことだ。

【 車道を下ってくると、地図では途中から古道が沢沿いに付いているのだけど
繰り返し見ても入り口が分からなかった。
あきらめて車道をズンズン下りてくると、ガードレールが切れた所に、
あやしいオーラが漂っていた。
ここじゃないかな!?とピンときたのだった。

1時間に一本しかない電車の時間が迫っているので、ちょっとだけ覗いてみると、
やっぱり広い道が奥に続いていた。
ああ、残念!
時間があったらこれを辿って行けば、分からなかった入り口が分かるのになぁ】



以下、4枚はその時、入口から途中まで辿った写真。
今、思うと、こっちは植林の仕事道っぽいかも。
pageあ
pageい



リベンジ失敗で、スッキリしない気持ちを抱えて下って行くと、
前回も写真に撮った足柄峠への立派な古道。いつか、ここも歩いてみたい。

正面 奥に見えたのは馬頭観音?



足柄駅に急いでいると、懐かしい岩田さん作成の道標があった。




間に合わないかと思いながら今日も走って、14:26発に7分の余裕をもってセーフ!

足柄駅が何となく好きなのは、人も車も居ない、このロータリーの開放感のせいかな。




今日は、お正月ボケなのか、反対方向に進むこと 3回で、
ヒゲが3つも延びてしまった~(笑)





スポンサーサイト

Comments: 12

goohachi123 URL 2018-01-05 Fri 13:11:29

晴れていてよかったですね。青空に富士山が映えています。私は昨日、郷土の森へ行き、蝋梅を見て来ました。

はっぴー URL 2018-01-05 Fri 20:54:04

goohachi123さん

元旦から快晴のお天気が続き、ソワソワ落ち着きませんでした。
スッキリ美しい富士山が撮れて、これでゆっくり眠れます(笑)

蠟梅、水仙、花の始まりですね♪

レガー URL 2018-01-06 Sat 08:17:05

はっぴーさん

スッキリ富士山♪
幸先が良いですね。

今年も宜しくお願い致します。

はっぴー URL 2018-01-06 Sat 16:15:21

レガーさん

やっとこ富士山♪
残念続きだったので嬉しかったです。

こちらこそ、今年もお付き合い
よろしくお願いいたします m(_ _)m

goohachi123 URL 2018-01-10 Wed 19:10:52

呆れるくらい強健ですね。

はっぴー URL 2018-01-11 Thu 09:33:55

goohachi123さん

“呆れるくらい”はオーバーですが、
トシの割には元気です(笑)

shimasaan URL 2018-01-12 Fri 22:01:04

たいへん、遅ればせながら、あけましておめでとうございます

昨年秋から、身の回りにイロイロ不本意なことがあり…
こちらのブログへの訪問も、あまりしていませんでした。
すみません!

でも、矢倉岳からの(雪の少ない)富士山を見せていただき
ああ、はっぴーさんでも、矢倉岳なんかに登るんだ~と嬉しくなりました。

ことしも、丹沢の(私には未知の)バリルート歩きのレポートを
楽しみにしていますから、よろしくお願いいたします。

はっぴー URL 2018-01-13 Sat 11:36:29

shimasaanさん

コメント、ありがとうございます。
年が変わって、今年は良いお年になりますように♪

「怖がりなのに、好奇心あり」で、
つい危ない方を選んでしまい、結果、怖い目に合う(笑)
という自分の性格が分かってきたので
一人の時はVルートは控えています。
加えて、最近は(針ノ木以来?)登った分だけ“ご褒美の展望”が欲しい~!!

ということで、丹沢のV歩きも今年はどうなることやらですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

NikoスカG山 URL 2018-01-13 Sat 17:50:22

 富士山は、どこから見ても姿が良いですね!
一枚目や万歳ポーズに白鹿の前のカット。
ココに沈むオリオンやカシオペア・北斗七星のグルグル・・・なんて考えてしまいました。
ただ、一晩山頂では怖いかな(^^;)
 今年もいろいろなコース、楽しませていただきます!

はっぴー URL 2018-01-13 Sat 21:05:52

NikoスカG山さん

なるほど、ここは山頂も広いので
星観や撮影の好適地かもしれませんね。
そういう趣味の方が周りに居ないので
今まで聞いたことことはありませんが・・・(^^)

こちらこそ、写真を楽しみにしています♪

den URL 2018-01-15 Mon 17:32:51

はっぴーさん、ご無沙汰しております。
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

最近は首痛や腰痛でなかなか山歩きができておりませんが、苦節数年で、漸く”シモバシラ”を拝むことができました。
数年前に陣馬山でシモバシラを教えて頂いてから、何年か経ってしまいました。

とりあえずうれしくてご連絡させていただきました。

はっぴー URL 2018-01-15 Mon 22:10:32

denさん

こちらこそ ご無沙汰しています。
年が改まって、もう半月もたってしまいましたが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

シモバシラ、ご覧になれて良かったですね♪
山歩きはさておき、相変わらず行動範囲の広さにビックリです。
また、山めし入りの65Lザックを背負われるなんてスゴイ!

お身体を労わりながら、お仲間の方々と
今年も楽しい時間をお過ごしになってください。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2018年 丹沢1回休み > 初歩きは 静かな山頂で「美・富士」との対面♪

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top