Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 鳥を探しに鳥ノ胸山へ 見つけたのは数多のクマ棚

鳥を探しに鳥ノ胸山へ 見つけたのは数多のクマ棚


▲ 鳥ノ胸山南峰東尾根のP908を越えてから、左側に すごい数のクマ棚発見!


探したかったのは鳥。でも、見つけてしまったのは数多のクマ棚。
一本の木に十何個かあったのも見た。それがオーバーでなくあちこちに。

何年分ともいえるクマ棚を たった一日で、
しかも長くはないコースで見てしまったのだから、
クマ棚に対して感覚がマヒしてしまった気がする。
このエリアには、いったい何頭のクマさんたちがお住まいなんだろうか!?

今日は鳥ノ胸山で単独の男性に会っただけ、静かでドキドキの山歩きだった。



鳥ノ胸山2



2011年2月6日 曇り
メ ン バー: はっぴー他3人
コ ー ス : 道志の湯-検見ヶ丸-越路峠-鳥ノ胸山-浦安峠-道志の湯 
        行動時間:7時間   コースは上図軌跡参照



▼ 植林内にメロンパン発見!と思ったらソックリだけどキノコだった(笑)



▼ 検見ヶ丸山頂には「四等三角点」とクマ棚があった。最初だからややビビった



▼ 同じ場所のクマ棚をズームで撮影。木が折られている



▼ 越路峠のカーブミラーで遊んでいるのを同行者がパチリ



▼ 越路峠から少し先で今度はクマの糞を発見。新品でないのが救い?



▼ 糞のそばの木はグルリと一周 皮剥ぎされて、鋭い爪痕も見られた



▼ こんなふうに剥かれてしまうと木は枯れてしまうそうだ



▼ 皮剥ぎの木から10分くらいの所に、おびただしい数のクマ棚発見。トップの写真と同じ所



▼ 雑木ノ頭へ向かう尾根はプロムナード。やはり昔に比べてササがかなり少ないとのこと



▼ 浦安峠でルリビタキの幼鳥に遊んでもらう。可愛かった~!ここからは林道歩き



▼ こんな名前の橋があるくらいだから、やっぱり多いのだろうね



▼ 振り返ると歩いてきた稜線が見える



▼ 林道のすぐそばなのにクマ棚がけっこうあってビックリ! / 同行者撮影



▼ 人家や電柱のすぐそばにもあった。こわいな~












スポンサーサイト

Comments: 16

八兵衛(No.3) URL 2011-02-15 Tue 21:47:40

アネさん、おつかれさまです~
例の写真(withビール)修正かかる前にゲットしますた~
ところでこれってテングス病?
クマ棚にしては枝が細すぎますぜ。

はっぴー URL 2011-02-15 Tue 22:40:31

八兵衛(No.3) さん

クマ棚のズーム写真2枚 を追加しましたので、ご覧ください。
これはクマ棚ですよね! こんな細い木にも登っちゃうんですね~
どうやって登るのか、木は折れないのか、やっぱり一度見てみたいけど・・・コワイ

ひぇ~写真、かえすてけれー!!
じゃなかった消去消去、消去お願いすます m(_ _)m
御老公さまからも、お願いすてくださいませ~

komado URL 2011-02-15 Tue 23:11:58

ハッピーさん、

これはみんな熊棚ですね。
クロスケは意外やお写真程度の細い木でも器用に登って、枝をとって木の実を食べてますよ。

しかしこの冬は熊棚が本当に多いですね。
でも実は世附ではあまり見かけないのですが、奥多摩ではクリやミズナラを始め異常に見かけます。
ただそれはクロスケが多いというより、木の実が不作で(特にミズナラ)実のついた木が少なく、
食糧不足?の為に実のついた木にクロスケが片っ端から喰い附くせいで
結果として尾根上など人の通りがかりやすい箇所の木にも熊棚が目立つのだと思っています。

とはいえ丹沢はわかりませんが、他所の山域ではクロスケとニホンジカとカモシカは増えている印象ですが。。。

八兵衛(No.3) URL 2011-02-16 Wed 01:22:00

へっ? やっぱりクマ棚スか?
やっぱりね~
見事な爪跡もありますしね。
あっしもそーじゃねーかと思ったんスよ(殴)

M-K URL 2011-02-16 Wed 02:02:18

はっぴーさん
クマ棚だらけに熊ノ穴橋の落ち、ちょんちょん!でした。
我らもNO243(10,3、22)に似た様なコースで歩いたのです。
ま、たまにはあんな渋いのもイッカ~でしたね。

エンジンかかって快調ですね!
八兵衛(NO3)さんは全く無害ですからご安心ください。(笑)

tetu930 URL 2011-02-16 Wed 10:32:57

こんにちわ。
クマ棚ってはじめて知りました^^;
クマってずいぶん高い所まで登るんですね。。。ビックリしました^^;

はっぴー URL 2011-02-16 Wed 11:34:59

komado さん

熊棚のご教示、ありがとうございます。
それにしても、すごい数でした!
最後はもう、本物以外 写真は撮らないわい、という感じになりました(笑)

数年前、同じコースを鳥ノ胸山まで歩いた時は目につきませんでしたので、
おっしゃるように、食糧不足?で片っ端からというのが正解かなと納得です。

木って、思ってるより折れないものですね。それともクマさんの技術が卓越してるのかな。

はっぴー URL 2011-02-16 Wed 11:42:02

八兵衛(No.3) さん

納得していただけましたか!?

写真は、素早い行動力と御老公さまのお言葉に免じて
不問に付しときますわ(笑)

はっぴー URL 2011-02-16 Wed 12:31:00

M-K さん

つい、NO243(10,3、22)と赤沢の記録を拝読していて
時間がたってしまいました。
赤沢は歩いたのですが、あまり記憶に残っていません。

横浜市野外活動センターからバン木ノ頭へのルートは、
以前のエアリア1:40000には載っていますね。
(前の地図は良かったですね。戻してもらえたら嬉しいのですが)

車がないと入れない丹沢のはずれの渋~い山域は、
きっとクマさんにもいいのでしょうね。橋の名前にはビックリでした(笑)

はっぴー URL 2011-02-16 Wed 13:08:20

tetu930 さん

私は細い木でも登れちゃうことにビックリしました。
クマさんのテリトリーにお邪魔してヤンチャされているtetu930 さんですから、
相手を知るのも大事かな~と思いますよ。ぜひ、クマさんのご研究を。

ミズノのカッパはゴアより良いですか!?これ、目ウロコですね。

tetu930 URL 2011-02-16 Wed 20:10:25

僕はクマさんに会ったらやっぱり反射的に木に登って逃げそうな気がしていたのでショックです(笑
細い木に登ったらクマも登ってきて木が折れて一緒に落ちる光景が目に浮かびました。。。(爆
すいません、ゴアは着たことないのですが^^;一応数値ではミズノのストームセイバーは透湿性がゴアより優れています♪
ゴア  透湿性13500g、耐水圧45000mm
ミズノ 透湿性16000g、耐水圧32640mm
です。
それよりもミズノは安いのが一番の決め手でしたー^^;

はっぴー URL 2011-02-16 Wed 22:20:56

tetu930 さん

何かで読みましたが、もし遇ってしまったら戦うしかないのだとか。

以前はノーテンキであまり危機感がなかったのですが、最近は怖いので
沢沿いなんか一人だとスズをカランカラン派手に鳴らし、
笛もピーピー吹きながら歩いたりしています。
それからクマさんはお目が悪いらしいとか、
動くものに反応するので背中を向けて逃げるのはブッブーだとか、
いろいろ聞きますが、いざそうなった時にどうするかは、まだ考えていません (^ ^;
一度、鐘ヶ岳北尾根で数メートル先をスーッと横切ったアフロヘアーの黒いものが
そうだったのではないかと思いますが、何事もありませんでした。
下記、シチミさんから教えていただいたクマさんのH.Pです。よろしかったらどうぞ。

http://tukinowaguma.net/

昨年、雨具を買い換える時、迷いましたが結局、新しいものを試す勇気がなくて、
またゴアにしてしまいました。安くて優れているのが一番ですね。

tetu930 URL 2011-02-17 Thu 06:33:28

おはようございます。
HPのご案内ありがとうございます。
「山の神」とツキノワグマたちの記事はとても印象に残りました。
YAMさんのブログでも遭遇の記事を見ましたが出くわしたらたまらないですね。。。
出来れば機関銃でも持って歩きたいです(笑

はっぴー URL 2011-02-17 Thu 12:24:55

tetu930 さん
さっそくご覧になられたのですね。
私は『「山の神」とツキノワグマたち』も衝撃的でしたが、
『ツキノワグマ異常出没と雪との関係』に、クマ棚のことが書かれていてタイムリーでした。

komado URL 2011-02-17 Thu 18:44:21

八兵衛(No.3) さん、みなさん、

当然のことながら他意はもちろんないのですが、
ボクのコメントは横から割り込んで全てを否定するような書き方にも見えますね。
これは私の配慮足りませんでした。もしお気を悪くされたとしたら謝ります。すみませんでした。<(_ _)>



・・・・とこれだけではなんでしょうから一つ。脅すようですけど、
クロスケは10mほどの高さから落下しても平気なのだそうです。

まぁコレは飯豊方面からのお話の受け売りですが(汗)。
近年は以前だったらあり得ないと思いこんでいた山域からの出没例が頻発していますので、
ある程度は心した方が良いのかもしれませんね。

はっぴー URL 2011-02-18 Fri 14:47:26

komado さん

私には、そんなふうには感じられませんでしたよ。
強~い味方が現れた、しめしめ (^ ^) てな感じでした。

八兵衛(No.3) さんやみなさんにとっても、
気にされるような書き方ではないと思いますが・・・

植物やいろいろなことに造詣が深く、交流も広いkomado さんに、
ご存知のことがありましたら、また書き込みお願いしたいです。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/73-ceb40529
Listed below are links to weblogs that reference
鳥を探しに鳥ノ胸山へ 見つけたのは数多のクマ棚 from 新たに一歩

Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 鳥を探しに鳥ノ胸山へ 見つけたのは数多のクマ棚

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top