FC2ブログ

Home > 2017年 秋の丹沢 > 今年も“黄色の花”探索に

今年も“黄色の花”探索に
















9月2日

夏の終わりから咲き始める 「丹沢の固有種・貴婦人」の花探索に
AYさんの先導で、イガイガさん、shiroさんと行くことになった。

初めて見た時の感動には遠く及ばないけれど、
岩壁に その控えめな姿を見つけると、気持がパッと明るくなる。

面白いのは、ふだんは花に関心のない方々も、
この花ばかりは例外らしいということ(?)
・・・・やっぱり“貴婦人”は魅力的なのだ。

☆ 今回はコース、軌跡共に省略。



朝は あいにく雨だったけれど、
追々晴れることが分かっていたので、
予定より2時間遅れの集合に変更となった。

全員そろったところで、shiroさんの車に同乗させていただき、
戸川キャンプ場からのスタート。

詳しい内容は他のメンバーの方々の記事をご覧いただき、
今回も特に印象に残った点についてのみ。



まずは、本谷沢F3の高巻き。
左の壁を残置ロープを頼りにゴボウで登って



トラバースする。何回か通過しているAYさんは速い!



一段下りる所の足の置き方をレクチャーしてもらう。ここは前回の
時もハラドキだった。(以上、3枚イガイガさん撮影写真)



ラストはイガイガさん。落ち口に回り込んで下りる際、頼りの鎖が
たわむので怖い上に、この鎖、同時期に設置された物の中には
既に破断しているのもあるとか・・・・こわい~!!




次はズズ~ンと飛んで、滝修行。水に打たれていないのは、煩悩
が少ないせい?(笑)。やっぱレガーさんじゃないと、迫力ないなぁ
。。。。人のことは言えんけどねぇ  AYさんに証拠写真撮られていた(汗)



この大滝の巻きは左のルンゼ状から(イガイガさん撮影)。




で、本日の核心は、大滝の上にある この4mほどの滝だった。



イガイガさんは滝左側の急傾斜バンドを、



AYさんは右側のザレ斜面を登って落ち口へトラバースと二手に
分かれたが、イガイガさんの方はロープが欲しい所。戻って右へ。



結局、AYさんルートで登って、shiroさんと私にロープをくれることに。
ここからの一歩がイヤラシイので、AYさんからお助け紐。
トライとキャッチ成功の様子を、しつこく6枚(笑)。













我らはイガイガさんからロープをもらって、ここを登った。感謝!

ここは、どうやら、大滝の巻きの続きに残置ロープがあって、
脆いルンゼを巻くらしい。そういえば、下りる前にチラッと
白っぽいロープが見えた気がしたけど、あれかな?



最後は詰め。イガイガさんとshiroさんは沢を上まで、AYさんと私は
左岸の斜面を登ることに。稜線が見えても、なかなか近づかない。



ヤセ尾根には小さなキレットなんかも出てきて・・・・
この先は左方向へトラバースしながら、



沢チームに遅れること、およそ17分で登山道に上がった。
きっとAYさん一人だったら、もっと早く着いたと思う(振り返って撮影)




下りは、久しぶりに“草原”を。ここは、いつ来ても解放感があっていいなぁ。
私の中では、白馬尾根とテンニン平(カバノ原)と ココが「三大草原」かな♪




みなさん、ありがとうございました。
在る所が分かっていて、観に行くのもいいですが、
未知の場所を探しながらバッタリってのも うれしいですね~♪♪








スポンサーサイト

Comments: 4

レガー URL 2017-09-12 Tue 08:19:57

「修行」とのキーワードで、私を登場させていただき、
ありがとうございます。
残念ながら今年はその行いが出来ませんでした(^^)
来年は「煩悩取り」をぜひ行いたいですね♪

イガイガさんが、沢でヘルメット装備されているのを
初めて見た気がします。
それだけ身近ではあるけども、迂闊に入られる場所ではありませんね。

はっぴー URL 2017-09-12 Tue 09:11:56

レガーさん

今年は「修行」より、「ドボン」でしたね(^^)
レガーさんの「滝修行」をイメージしましたが、
二人とも覚悟が足りませんでした(笑)

イガイガさんは、こちらのヘルメットお気に入りのようで
最近は沢の中では愛用されています。
でも、あのイラストはねぇ・・・機会があったら、ぜひご一見を! (^^♪

haru URL 2017-09-13 Wed 12:15:31

バリバリの山男・山女の写真ばかりでなく、きれいな花の写真も欲しいですね。

はっぴー URL 2017-09-14 Thu 00:25:47

haruさん

お待たせしました。どうぞ箱根の花々をご覧ください。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 秋の丹沢 > 今年も“黄色の花”探索に

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top