Home > 2017年 丹沢1回お休み > 八ヶ岳高原ハイキングは飯盛山(めしもりやま)と吐竜(どりゅう)の滝へ

八ヶ岳高原ハイキングは飯盛山(めしもりやま)と吐竜(どりゅう)の滝へ

 


飯盛山から平沢山方面へ向かう。八ヶ岳は雲の中。



7月19日~22日

今年も去年の夏にならって、
学生時代の友人と夏の旅行へ行くことを
春先から決めて楽しみにしていた。

それが、
kazさんとイガイガさんの白馬山行と、ドンピシャ重なってしまい、
涙を♪呑んで~呑んで~呑んで~諦めた。
白馬、行きたかったので ホント残念!!

だけど、ここは切り替えて
3泊の上げ膳据え膳と二人の珍道中を満喫しようぜ♪♪




ということで、20日は清里駅から飯盛山へ。 
標高1643mでも、山頂からは360度の展望が望めるとか。
誰でも登れて展望抜群の山だそう。
だけど、今日はチョット雲が多いなぁ



小海線に乗ったのは何年振りだろう? いかにも高原列車っぽい色あいだ。




平沢集落を抜けて、歩きやすく整備されている登山道へ。周りの自然林が豊かだ。




ハイキングMAPには【 飯盛山はお茶碗にごはんを盛ったような形の山です。
全体的にゆるやかなコースなので、気軽に登れる山として人気があります】とあった。




あっ、ホントだ! やさしげな山容だな~




花の写真を撮りながら、いつの間にか山頂へ到着。ここで、のんびりランチ。




ただ、やっぱり雲が多くて山々の展望がきかず、残念だった。




八ヶ岳も頭が雲の中。




平沢山へ向かう途中で、飯盛山を振り返ってみた。右奥の凹の辺りに
富士山が見えるらしいけれど、今日は全然ダメ!




しし岩の駐車場に、こんなものがあった。ここから野辺山駅までが長いなぁ




湿気がなくて爽やかだけど、やっぱり陽中は暑い。高原野菜畑を見ながら車道を歩く。
八ヶ岳の上の雲がずーっと とれなかった。




今日は雲が多い日だったので、
ホテルで行われる、夜の「星空観測会」も どうかなー
と危ぶんでいたのだけど・・・・

9時から屋上の天体ドームの口径28cmの大型望遠鏡で
土星を見ることができた。
輪がハッキリ見えた♪感激。

七夕の織姫・彦星のある、夏の大三角はバッチリ、
天の川も目が慣れてくると うっすら見えた。




21日は、昨日よりパッとしない お天気なので、高所での展望は諦めた。
「清里ピクニックバス」の一日券を買って、吐竜の滝へ。




上を小海線が通っている。通過する瞬間が撮れたら良かったなー




吐竜の滝、水量が少なくて、迫力がなかった(後ろ姿の女性は観光客)。




でも、苔は みずみずしくて綺麗だった。水流が綺麗に撮れずショボーン。




滝から先の遊歩道は、こんな大岩ゴロゴロの道になる。




バスの時間も気になるし、崩壊している箇所もあるようなので、ここで引き返した。




途中の小滝の落ち口が面白くて、何枚も撮ってしまった。みんな違うのが楽しい♪



帰りのバスは、どんどん乗客が増えてギューギュー詰め、
最終なのに乗れない人がいた。


今回も、ドジとボケ満載の珍道中で、想い出 多い旅行となった。
お互いに、△△ちゃん、▽▽ちゃん、
と呼び合える学生時代の友はいいなぁ・・・としみじみ思う。
来年も行かれたらいいね、、△△ちゃん。



≪ 今回の出あい ≫ は、?が多いのだぁ(涙)


ヤマオダマキは、やさしげで、すずしげ。




シモツケ。これは、うすピンク。



こちらは鮮やかピンク。
シモツケとシモツケソウをゴッチャにする人が多いけれど、葉が全然ちがう。




ウスユキソウ




ニガナ




ヒヨドリバナ?




調べたら、ホシミスジのようだ。




ノギランかな~? う~ん、チョット感じ、ちがうなぁ




何ツツジだろう?




カワラマツバ




ヤマホタルブクロ(2枚)







キリンソウがたくさん咲いていた。




ハナチダケサシの白花と



ピンク。どちらも華やかだ。




コウリゾナ




なんだっけ?これ。かつて載せたことがあると思うけれど、思い出せない。
→ フジウツギかもしれない。




カワラナデシコ




イケマ




キンミズヒキ




ウツボグサ




ヤマアジサイ




ニッコウキスゲは、これからだった。




オオバギボウシ




ノアザミ? タムラソウ?




カラマツソウ




道ばたに咲いていた面白い花、何だろう?




大きなイモムシをくわえて下りて来たのは だれ? ヒタキ類かな?(2枚)
→ NikoスカG山さんより「オオルリの雌」とご教示いただきました。










スポンサーサイト

Comments: 2

NikoスカG山 URL 2017-08-04 Fri 08:06:44

 最後の二枚はオオルリの雌だと思います。
雄は頭から背は瑠璃色にお腹が純白で、日本三鳴鳥(ウグイス・コマドリ・オオルリ)です。
雌は地味ですね。
コマドリやコルリやセンダイムシクイにミソサザイと、吐竜の滝も探鳥には良い所なんですよ。

はっぴー URL 2017-08-04 Fri 10:13:56

NikoスカG山さん

ありがとうございます。
オオルリの雌でしたか!
オスと違って、ずいぶん地味なんですね。
今まで、あっていても分からなかったかもしれません。

吐竜の滝、そうと分かっていれば・・・
なーんて思っても、木々が葉をつけたこの時期は
私には無理です。
でも、ミソサザイの声は確かに聞こえました♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 丹沢1回お休み > 八ヶ岳高原ハイキングは飯盛山(めしもりやま)と吐竜(どりゅう)の滝へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top