Home > 2017年 夏の丹沢 > 三国峠から一ノ沢・二ノ沢界尾根下降で四ノ沢へ

三国峠から一ノ沢・二ノ沢界尾根下降で四ノ沢へ




四ノ沢左俣右沢の910m付近にあった、中が抜け落ちた土留工。



6月4日

もう6月!早くも「夏の丹沢」になってしまった。

今日はワイワイにぎやかに5人コラボ。
メンバーはshiroさん、レガーさん、AYさん、MASAHIKOさん、はっぴー で、
AYさん以外の方とは久々だった。
始まりは ネコノメ探索だったのだけど、いつの間にか“変化形”(笑)、
花探索メンバー+トンチンカン となった。

shiroさんが挙げてくれた3つの中から、全員一致で今回はココ。
交通の便が悪く、なかなか行かれないエリアを歩け、貴重な山遊びだった。
みなさん ありがとうございました。



≪ 本日のコース ≫

三国峠P―三国林道―一ノ沢・二ノ沢界尾根下降―土沢下降―四ノ沢出合―
(790m二俣)左俣―丸尾山ピストン―火燃峠―大岩―鉄砲木ノ頭―三国峠P

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。沢装備。



四ノ沢



shiroさん、AYさん、はっぴーの3人は、
新松田駅でレガー車に同乗させていただき、
明神峠でMASAHIKOさんと合流、三国峠へ向かった。



このゲートは久しぶり~。下りからのスタートは良いね~♪なんて言いながらの林道歩き。

木枠の土留めは初めて見た。草が伸びて木枠が隠れ、年月がたつと枠は朽ちる?



ネットの中に何か発見!?でも、そこは秘密ね。

枝打ちされた植林は気持ちが良い。



「この界尾根、イガイガさんと下ったことがあるでしょ?」とshiroさん。
「ここはないと思うけど・・・」と言っても、
「あるでしょ!昨日、記録見たもん」と強気のお言葉。
周りも、いつもの如く、私の方を“健忘症”扱い(涙)。

そのうち、だんだん歩いた気になってくるから、不思議なものだ。
「あっ、この辺、何となく覚えてる~」なんて言っちゃってさ(笑)

でもね、帰宅して記事を確認したら、やっぱりここは歩いてなかったのだ。
まったくものだ!!!
・・・・こういうふうにして、“冤罪?”ってできるんじゃあるまいか (ボソリ)・・・・

で、歩いたのはコチラ
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-508.html

それから、ミックスナッツさんと3人ではコチラ
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-393.html

つっちーさんと一ノ沢を歩いたのは2010年9月だった。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-31.html

記事はないけれど、M-Kさんたちと入道滝を観たのは、もっと前で、
その帰りに、AYさんにブログ開始を勧められたのだった。

思い出は、近くて遠い。



途中で見事な丹沢山塊が見えた。レガーさんの山座同定が尊敬レベル!




山の神さまがあったので、自然に道形を辿ったけれど、ホントはこっちに入らず、
山の神さまの後ろをそのまま左に進むべきだった。ここから しばし迷走となった。 
(振り返って撮影)

左:「平成元年度 水ノ木林道 新設工事起点 東京営林局」の碑 
右:碑の所から、再び違う方向へと進んで、P844mの北側を巻く形で、



予定の尾根に乗った。ここは地図にない林道や仕事道などあって、
油断してはいけない所だ。AYさんは花撮影(振り返って撮影)

一ノ沢と二ノ沢の合流地点に下降。



左:ひと休みのおやつはコレ。あとはお楽しみ~♪
右:一ノ沢と二ノ沢の合流地点から下流は土沢。堰堤は左岸から下降した。

降りた堰堤を振り返って。



左:ほどなく四ノ沢出合。 
右:入ってすぐに この滝が!右岸から、その奥の滝も一緒に巻くと、

なぁーんだ!ってほどの距離で林道登場。この四ノ沢橋を右に見て



左:「四ノ沢歩道」に入った。 右:これは四ノ沢の二つ目の堰堤だったかな?

右岸と左岸を行ったり来たりしながら歩くも、高度が一向に上がらない。



左:790mの右俣は、この滝で始まる。イガイガさんは、こちらへ行ったらしい。
右:我われは左俣へ。気持ち良く登って行くと、

右下: 先には この倒木の滝。倒木の奥も登れないので、左岸から巻いた。



今回、この巻きが一番大変だった。右上にレガーさん、真ん中やや左上にM氏のお尻。
左のルンゼ状をまたいで左上へ。AYさんは別ルートで。shiroさん、倒木の奥を検分中。




巻き降りたあとは気分よく遡行。

820m付近に大堰堤出現。レガーさんがマッチ棒に。ここは左岸から巻いて、
上でランチ休憩。レガーさんからコーヒーとラスク。AYさんから、いつものフルーツを
いただいた。優雅だぁ(^^)



820mの二俣は右沢へ。だんだん大石が出てきた。

900mは左へ。



すぐに、トップ写真の真ん中が抜けた土留工。地形図910m辺りの見慣れない記号は
コレのこと?

くぐった所からは、延々と変化のない急斜面の登り。飽きた==!!



ようやくトチノ丸―火燃峠の林道に乗り、丸尾山へ。レガーさん、初登頂で記念写真!

それじゃ、“丸尾山”だからと 「いい部屋ネット」のイメージで お付き合い(笑) 
【レガーさんご提供】



火燃峠で、南側と北側(下の写真)の展望を楽しむ。左はじが鉄砲木ノ頭。まだ遠い。

西丸から東丸の稜線がいい!御正体山も存在感あるなぁ



大岩通過。この辺りになってくると、バイケイソウばっかり。トリカブトも多かった。

やぁやぁ、鉄砲木ノ頭は15年ぶりだー、嬉しいね♪



出て来た方を振り返って。

山頂には、山中諏訪神社奥社がある。ここで冷した牛乳プリンのおやつ。



眼下には山中湖。ここでもレガーさんが山座同定 。丹沢だけじゃないのね!




イッチニサンシ!と鉄砲木ノ頭から三国峠までの未踏区間を下る。
ここで一気に靴が泥だらけ~【レガーさんご提供】




途中で、レガーさんが 暴れ馬の如くハネハネ ジャンプしたので、素早くパシャッ!

この自然を眺めながら歩けるって、ホント幸せ!


みなさん、次回もよろしくお願いします♪


≪ 本日の出あい ≫

ツリバナ                      コナスビ
pageあ
シロバナノヘビイチゴ              タムラソウかと思ったのだけど・・・
                           トミーさんより、キツネアザミ とのご教示



ミゾホウズキ                    ニシキウツギ? ハコネウツギ?
                            トミーさんより、ニシキウツギとのご教示
pageい
トキワハゼ                     ツルシロカネソウ



サカネラン                     クルマムグラ
pageう
ツクバネソウ                    ハンショウヅル



マイヅルソウは終わりかけ           クワガタソウは白花が多かった
pageえ
おっ、これは!!花はコチラ         アオフタバラン     


別の日、別の場所での出あい。







スポンサーサイト

Comments: 10

shiro URL 2017-06-10 Sat 16:50:19

はっぴーさん
僕の勘違いで冤罪にしてしまい、申し訳ない・・・。
でも、ワイワイと楽しい山歩きでした。
きび団子を頂いた恩がありますので、これからもお供したしますから。

はっぴー URL 2017-06-10 Sat 22:39:09

shiroさん

「Thanks!」と「Sorry」が素直に言える人は素敵です(^^)

【きび団子を頂いた恩がありますので、これからもお供したしますから。】
 ↑ここは永久保存ですね。

また、ワイワイガヤガヤの山遊び、楽しみにしています。

レガー URL 2017-06-13 Tue 11:40:08

ありがとうございました。

下山スタートのお気楽なイメージでしたが、
ゴルジュ巻き・倒木地獄・崩壊地直登と、どれも丹沢らしい内容となりましたね。

稜線上の林道、美しくて好きな場所となりました。
お花探しと旬の食材探しに、とても良い場所と思いますね。

私もきび団子をいただいた一人です(^^;)
お声掛けいただけましたら、お供いたしますので、宜しくお願い致します。

はっぴー URL 2017-06-13 Tue 16:28:53

レガーさん

こちらこそ、ありがとうございました。

もっとスンナリかと思いましたが、
けっこう変化があって面白かったですね♪

確かに、あそこはイイですね。
旬の食材、無駄にしては勿体ないと思います (^^)

おおっ、きび団子効果、バッチリでビックリ!!
またの同行、ぜひよろしくお願いいたしまする。

utayan URL 2017-06-20 Tue 21:45:36

山頂のポーズ、やらされ感全くなし。自らすすんでの被写体でしょう?ナイスです!

はっぴー URL 2017-06-20 Tue 22:39:33

utayan

ご推察どおり、山頂ポーズはレガーさんに触発されての新企画!楽しみました~(^^♪

トミー URL 2017-06-21 Wed 05:01:37

花探索の楽しさ伝わってきます。サカネラン、クマガイソウなど珍しいものを見せて頂きました。
なお、タムラソウではなくキツネアザミ、ウツギはニシキウツギのように見えます。

Haru URL 2017-06-21 Wed 07:48:54

結構きついコース、いつも感心します。
さすが高尾山と違って、あまり人が歩いていませんね。高尾山では、終わってしまった
花も咲いていますね。クマガイソウ、素敵ですね。友人が一昨日谷川岳へ行きましたが、
咲いている花は、色々あって特に鉱山植物は素晴らしかったようです。

はっぴー URL 2017-06-21 Wed 10:46:58

トミーさん

キツネアザミ、ニシキウツギ、ご教示 ありがとうございます。

キツネアザミ、今までも見かけているかもしれませんが、
この花名は知りませんでしたので嬉しいです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

はっぴー URL 2017-06-21 Wed 11:10:35

Haruさん

クマガイソウは情報をいただき、初見できました。
「リボンの髪飾り、スカートの広がった踊り子」のように
感じました。不思議な形の花です。

山野草、高山植物、まだ見ぬ花がたくさんありますが、
だんだんお尻が重くなって・・・・
でも、一年に一度の出あい、大切にしたいですね。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 夏の丹沢 > 三国峠から一ノ沢・二ノ沢界尾根下降で四ノ沢へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top