Home > 2017年 春の丹沢 > 蓑毛スタートで鍋嵐へ ゴールは清川村役場前

蓑毛スタートで鍋嵐へ ゴールは清川村役場前




大山北尾根を、一ノ沢峠へ近づいてくると、モミの大木が多くなる(振り返って撮影)



5月24日

今日も、花を探しながらのハイキングで、
またもAYさんにお付き合いいただいた。

当初の計画から、出発時間とルートが
ややAYさんカラーになったけれど
そこは まぁ想定内(?)、覚悟はしていた(笑)

ということで、花探索にもかかわらず、大きなカメラは止めて
小さなカメラで出かけたのだった。



≪ 本日のコース ≫

蓑毛バス停―柏木林道―イタツミ尾根―大山―大山北尾根―
一ノ沢峠(ランチ)―黒岩―鍋嵐―物見峠―清川村役場前バス停

※ コースは下図参照。Geographica が不調のため、軌跡はAYさんより拝借。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。




20170524 AYさんとエビネ



当初は、秦野駅からヤビツ峠行きバスとの予定だったけれど、
平日は8時18分が一番バス。
それだとスタートが遅くなってしまうということで、
蓑毛行き、朝二番のバス(笑)ということで折り合いがつき、
蓑毛バス停から柏木林道で出発。

途中、「イタツミ尾根へのショートカット尾根があるので
そこを行きませんか?」との提案に、
「今後、使うことがあるかもしれないなぁ」と思い、話にのった。



左:その尾根上には小学生の卒業記念植樹があった。 
右上:すぐ上には「金目川水害予防組合植樹(平成18年)」
右下:こちらは成長してネットの服が窮屈そうなものも。外してあげたいな~




出た所は、見覚えのあるベンチと道標のあるココ。なるほどね。

マルバアオダモの花が咲いていた。     トウゴクミツバツツジが色鮮やか。



先日、テレビを観ていたら「新緑の秘境グルメを探せ」というコーナーで
「大山山頂茶屋」名物として豚汁(500円)が紹介されていた。

何回も登っているのに記憶にないので、最近、始めたのかと思ったら、
15年も前から やっているとのこと。
10:00~14:00 不定休で1日400杯。雨天休業。
たぶん、この時間に行っていないか、もしくは関心がなかったか・・・・



いつもシャッターが下りていて不思議だったけれど、謎が解けた。

休憩後、いざ北尾根へ。今や入口は明確で登山道並み。



だけど、歩く人は極めて少ない。どうか この静けさが いつまでも保たれますように。

若緑の中にヤマツツジが鮮やかで・・・・好きだなぁ この季節、この色あい。



北尾根に入った頃からガスがかかり始め、主脈は見えない。かろうじて正面に丹沢三峰。

16号鉄塔から15号、14号を望む。



次なる目標は一ノ沢峠。




あらまっ、一ノ沢峠のベンチのはじが壊れていた!奥の古木が倒れたせいだった。
ここでランチタイムしてから林道へ下った。




黒岩へ向かう前に、ヒル対策を入念に。今日は ここからが本番!
イヤラシイ箇所もあるので気を引き締めて。




植林の平坦地のP710mを通過。この先、二ヵ所の急登を経て鍋嵐へ到着。




鍋嵐の山頂に立った時、
いつも気になっていたのが南東に延びる尾根だった。
今回、逆ルートだけれど、歩けてうれしい♪



登って来た尾根を振り返る。

山頂から御殿森ノ頭、高畑山方面。ミズキの白い花が清々しい。



さて、下山ルート。
バスは1時間に1本だ。
AYさんにとっては、どうってことのない距離だと思うけれど、
私には十分ロングコース。

オマケに、スタート時から右足の小指に嫌な予感。
途中から靴擦れが だんだんひどくなり
バンドエイドを重ね貼りしても、痛みが取れない。

つい、「楽なルートで」という言葉が口に出る。
相談の結果、土山峠ではなく煤ヶ谷へ向かうことに決定。
ほっ!



物見峠からトラバースの登山道へ。



先を歩いていたAYさんがバンビちゃんを見つけた。
とても正視できないほど可哀そうな状態で、斜面からずり落ちそうになっていた。
AYさんがそ~っとそばを通り抜けると、力を振り絞って道にあがり、
ヨロヨロと数歩あとをついて歩いたけれど、
体にハエがたかって、死期が近いことを想わせた。
どうしてあげることもできなかった。悲しい遭遇だった。



以前は歩きにくい所もあったけれど、整備されていた。
そういえば、去年、一人で歩いたことを思い出した(振り返って撮影)。

広々した草地に出ると、解放感で気持ちがゆるんだ。



AYさん 今回も花コラボ、ありがとうございました。

【 AYさんの記事はこちら 】
http://ayayay.at.webry.info/201705/article_10.html



≪ 本日の出あい ≫  今回、植物名は省略

あpage



いpage



うpage



えpage



おpage







スポンサーサイト

Comments: 4

AY URL 2017-05-30 Tue 11:09:52

お疲れさまでした~。
可哀そうなバンビちゃんだったけど、どうしょうもなかったですね(;_;)
ホウチャクソウの咲き始めは上向きって、勉強になりました!

下から2番目、ニガナの右隣の蕾画像が?です(ギボウシ?)

はっぴー URL 2017-05-30 Tue 16:13:00

AYさん ありがとうございました。

逃げる力もなく・・・本当に辛い出あいでした。

ホウチャクソウ、
あの時は、すっかり未確認植物かと思ってしまいましたが、
いつか見たような気がします。結びつきませんでした(^^;

ニガナの右隣、ギボウシでいろいろ検索しましたが
葉の出方が違うようです。
いったい何でしょうね?

Haru URL 2017-05-31 Wed 10:34:23

本当に長くてキツそうなコースですね。花の写真が素敵!レンズ・カメラは何ですか?

はっぴー URL 2017-05-31 Wed 18:54:17

Haruさん

ご覧になっていただき、ありがとうございます。
カメラは、目的と場所によって二台を使い分けています。

① 沢・Vルートは、小さくて防水のRICOH WG-4
② 花・鳥撮影の旅行やハイキングは、接写1センチ、
  超解像ズーム100倍のFINEPIX S1 を使っています。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 春の丹沢 > 蓑毛スタートで鍋嵐へ ゴールは清川村役場前

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top