Home > 2017年 春の丹沢 > 地蔵平&屛風岩山西辺の若緑の中へ

地蔵平&屛風岩山西辺の若緑の中へ

 
 

久しぶりの地蔵平は緑と陽に輝いていた。正面は大界木山。



5月11日

ちょっと所用があって、AYさんに同行をお願いして“奥地”探索へ。
ホントは、もちっと北の方まで行きたかったのだけどね~

気持ちの良い地蔵平で、ついのんびりしてしまったものだから
帰路は、屏風岩山へ最短ルートで登って
ずいぶんと久しぶりの笹子沢左岸尾根での下りとなった。



丹沢ホテル時之栖入口バス停―笹子沢左岸林道―岳山堰堤―径路―
笹子沢二俣界尾根―古道探索―毛出シ峠―日影歩道―地蔵平(ランチ)
―屏風岩山西辺の尾根―屏風岩山―笹子沢左岸尾根―途中で古道横切る
―丹沢ホテル時之栖入口バス停

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。



地蔵平クマガイソウ




スリット型「岳山堰堤」。以前は、右手に階段があり左岸側から巻いたらしいけれど、
今はスリットの間を通り抜ける。

林道と径路歩きなので、思ったより早く笹子沢二俣界尾根に取り付いた。



植林の急登に いささか飽きるが、5月の陽光に輝く緑に救われる。

330mほど登った標高830m付近で、AYさんの言われたとおり、古道が現れた。



このまま尾根を登って行くか、古道を辿るか問われれば、当然、古道でしょ!
そして、突然、ひらめいたのだ。

もう5,6年前になるだろうか、水質調査の採水で地蔵平を訪れた帰り、
屏風岩山~毛出シ峠の東側に古道があったらしいと、
探したことがあったのだった。

その時は、まさか150mも下った辺りを通っていたなんて
思ってもいなかったので、結局、見つけられなかった。

今日は、その古道を歩ける。
まぁ、なんてラッキーなんだろう。ワクワクする。
でも、トラバースには沢部分の崩落はつきものなので、ドキドキもありだ。



ここは軽い崩れ(振り返って撮影)

植林の中に道は続く。



ここは中くらいの崩れ(振り返って撮影)

この先には石積みが出てきた。



歩いた中で一番の難所は屏風岩沢の横断箇所。
AYさんの2010年7月の記述「ボロボロの8m涸棚」のすぐ手前部分かな?
こんな所に木橋があって!この先が難所。
胸に大きなカメラをぶら下げているので、慎重に歩いた。



橋の上を慎重に歩く。この奥に8mの涸棚があった。




振り返ると、樹間から真ん中やや左寄りに木橋が見えた。
「この橋が腐ったら もう通過は無理だろう」とAYさん。
それより足を滑らせて落ちたらアウト!
我ながら恐ろしい所を歩いているものだ。



こういう所はどこを歩いて来たのか、振り返ってみても分からないことが多い。




この先も古道が続くが、次の尾根(2015年3月にイガイガさんと歩いた尾根)で
毛出シ峠にピッタリ上がった。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-468.html





毛出シ峠から登山道を少し西へ進み、尾根どおしで日影歩道に合流、
さらに下って道志歩道とも合流し、ほどなく大又沢林道に出た。

お地蔵様にご挨拶して、トップ写真の地蔵平へ。
まばゆいばかりの緑の洪水の中で、のんびりランチしながら帰り道の相談。



地蔵沢林道へと向かいながら、振り返って地蔵平方面を撮影。
こちら側からの写真って、あまりない。




「林道」にこだわるAYさんが、上を行ってみようと言うので、あとに続くが
すぐに道がたがなくなっていた。

セギノ沢の渓畔林。



一つ南側の尾根は2回登ったけれど、ここは初めて。ブナとイヌブナが多い美尾根だった。




この大木は何だろう?樹皮が黒くて(この掲載では明るくした)、葉は上の方。
ズームで葉を撮ってみたら、ミズナラと判明。スッキリした。




最近は むやみやたらに、というか、
見境なく!スズランテープやビニールテープが付けられている。
登山道ならともかく、バリエーションにベタベタは止めてほしい。



こんな尾根上に、何で結束バンド付けるかなぁ。。。。




まだ、変わらずにスッキリしたままの屏風岩山にホッとした。ここから東峰へ向かう。

AYさんの言う3つの選択肢のうち、今日は笹子沢左岸尾根で。以前、つっちーさんと
歩いた時よりミツマタが増えた気がする。花の時季が終わっているのが残念だった。
(振り返って撮影)



「この尾根も古道が横切っているはず」というAYさんの言葉どおり、750m付近で
出あった。ここは当然、偵察へ。まずは笹子沢方面から。

ハッキリした道がたになったのでチョット興奮。この先へ行くほどの時間はないので、
ここで引き返す。



反対側も。こっちはイデイリ沢だ。AYさんがヘンな気を起こさないうちに?引き返した(笑)

「笹子沢左岸尾根って、こんなに長かっただろうか!?」ってボヤキながら
セッセと朝、下車した「丹沢ホテル時之栖入口バス停」を目ざした。

AYさん、のんびり歩きにお付き合いいただき、ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫

ガクウツギ

もうクワガタソウの時季なんだとビックリした。ピンクも白も可愛い。



ギンリョウソウも今年初。もちろんギンランも。ピント合っていなくてもいいやね~

左側の中と下、それぞれ気になる葉だったけれど分からない。
→ 下の葉は写真で見たことがある気がした。シソ科キランソウ属の「オウギカズラ」だ。
http://www.yam1.thyme.jp/folder2/ougikazura.html
と思ったのだけど、柏木林道でオウギカズラが咲いていたのを見ると、違っていた。
再度???



上からアカメガシワ、ツクバネウツギ、ミツバカエデ。







スポンサーサイト

Comments: 4

AY URL 2017-05-19 Fri 20:09:41

のんびりコラボ、ありがとうございました。
もちっと北の方まで・・・、また行ってみましょうね(^^;

気になる葉、なんでしょうか?
山渓カラー名鑑で調べてみましたが??でした。

はっぴー URL 2017-05-19 Fri 21:21:52

AYさんのように健脚ではないので、
北の方まではあやしいですね(^^;

下の方の葉は分かりました。
分からないとモヤモヤしますが、
調べて同定できると、やったぁ!!
と嬉しくなりますね♪

レガー URL 2017-05-20 Sat 10:30:52

「AYさんが変な気を起こさない内に・・・」(^^)
とっても大事な見切りと思います。
果てしない経路歩き・・・楽しいのですが、これだけ歩かれた後では
しんどそうですね。

ここの左岸尾根、私も登りにとって「こんなにも長いものか?」と
印象を受けましたよ。

さて、今年のツヅジはいかがでしょうね。
昨年大当たり年だったからなぁ~。

はっぴー URL 2017-05-20 Sat 21:38:43

レガーさん

行きの探検はOKですが、帰りはリスクを考えるとね(^^)

軌跡の他に、ちょっと寄り道しましたので
奥まで行かれませんでした。

左岸尾根、初めての時は登りでした。
ホント!長いですよね。登りは もうゴメンです(^^;

自分の目では見ていませんが、
話によると今年のツツジはパッとしないみたいですね。
だいたい、2、3年に一度なんて言われていますから
期待しない方が良いかもしれません。
去年の檜洞北尾根は素晴らしかったです♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 春の丹沢 > 地蔵平&屛風岩山西辺の若緑の中へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top