Home > 2017年 春の丹沢 > ヤマフジ目あての 宮ヶ瀬湖 散歩

ヤマフジ目あての 宮ヶ瀬湖 散歩

 

正面に高取山の展望台が見えた。Kさんは何を撮っているのかな。



5月8日

「ヤマフジが大好き」というKさん。
4日の行き帰りに、宮ヶ瀬湖で咲いているのを見たので
誘って行ってみた。

フジもあちこちで咲いていたけれど、
いつの間にか他の木々も花盛り。
今年も季節の移ろいに置いて行かれそうだなぁ・・・




花もいいけど、やっぱり女子会はランチも大事(笑)
で、少しブラブラしてから、去年の秋に
「清川村の自然観察日記」で紹介されていた「Cafe Deear」へ。
ここ、一度 来てみたかったのだ。
http://www.cafedeear.com/

それぞれ好きなオープンサンドとケーキセットを頼んで至福のランチタイム♪




「美味しかったね!」「くるし~!」を繰り返しながら、大つり橋を渡って湖畔園地へ。




振り返ると、渡ってきた大つり橋のバックに高取山。




離れた所に、良い色あいの木があったのでズームで。ケヤキかな?




園地には藤棚がいくつもあって、みんな満開だった。


ピンク色はチョット珍しいかな。



園地でチョットのんびりしてから、早戸川林道へ。
ヤマフジはありそうだけれど、この日中の暑さでは
鳥はダメそうかな。葉も茂って見通し悪いし。

新緑?を楽しみながらブラブラ行こう。



う~ん、この さまざまな緑に癒される~




ヤマフジはダイナミックで野生的だなぁ。
蔓は上から見ると左回りで、フジとは逆なんだとか。










金沢橋へ向かう途中で。ここは紅葉も綺麗な所だ。




はい、今日の折り返し地点の金沢橋。

金沢林道は全面通行止。すれ違った鳥見の方によると、今日からだそう。



下から見上げたので分かりにくいけれど、アカメガシワ?透かし見る緑の濃淡が美しい。




カエデの仲間のチドリノキはプロペラ状の実を付けていた。




この時季、木では白い花が多い中で、ヤマツツジの朱色は稀有だ。




満開の花を付けていたのはヤブデマリかな(2枚)







こみいった枝の奥にミツバアケビの残り花。




コゴメウツギは小さくて可愛い。




対照的なのがホオノキ。この花にして、あの実ありだ。




ウワミズザクラは、このブラシの花が咲かないと分からないなぁ
→ トミーさんより「イヌザクラ」とご教示いただきました。




ツボスミレ(ニョイスミレ)は日本のスミレの中で一番小さいスミレ。




クサノオウの黄色が鮮やか。ケシの仲間だそう。そう言われれば・・・・




カワウが大きな舞いを見せていたので何枚も撮ったけれど、みんなピント合わず残念。




ハクセキレイやセグロセキレイは見かけるけれど、キセキレイには なかなか出あわない。
ラッキー♪ バードカービングで作った鳥なので親近感がある。




金沢橋から引き返す時に、途中で林道をショートカット。
以前から、どこかで出来るだろうと思っていたものの
時間的に、試す余裕がなくセッセとゲートまで歩いていた。
今回、予想どおりの短縮になったので嬉しい。
使う機会があるかな(笑)

Kさん、ありがとう。楽しかったね♪♪






スポンサーサイト

Comments: 2

トミー URL 2017-05-17 Wed 13:19:21

ウワミズザクラではなくイヌザクラに見えます。

はっぴー URL 2017-05-18 Thu 00:00:29

トミーさん

こちらイヌザクラで確認しました。

イヌザクラの葉の方が細いことと、
花が昨年枝につくのですね。

ウワミズザクラは今年枝の先につき、
花が密ですね。

いろいろご指摘いただき勉強になりました。
また、よろしくお願いいたします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 春の丹沢 > ヤマフジ目あての 宮ヶ瀬湖 散歩

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top