Home > 2017年 丹沢1回お休み > “花爛漫”の奥高尾を行く

“花爛漫”の奥高尾を行く

 
 

一丁平に向かう途中では、ヤマザクラとミツバツツジの見事なる饗宴。



勢いのあるのは、ちょうど満開のミツバツツジの方かな。




4月17日

高尾山に花いっぱい!
とAYさんから伺い、5日遅れの後追いとなった。

今の時季、どこにどんな花があるのか分からないので
コース選びに悩むところだ。
蛇滝を行こうか、日影にしようか、それとも6号路?
迷った挙句に、あまり歩かない稲荷山コースで登った。

今日は、お天気も良く暑いくらいの陽気。
開花も一段と進むことだろう。



≪ 本日のコース ≫

高尾山



新緑で木々が霞んでいるこの時季が一番魅力的だと思う。




山頂は小学生の遠足が いくつか重なって、とても賑やかだった。
少し下って人の少ないベンチでランチタイムを取りながら、
下山ルートを考えた。

ここから のんびり戻ろうかとも思ったけれど、
やっぱり、静かな奥高尾にそそられて、
つい、長~い階段を下ってしまった。

一丁平付近のサクラは まだ咲いているだろうか・・・・



こんなお知らせが目についた。ゴールデンウィークは混雑期ってことね。




一丁平展望デッキからは丹沢山塊がズズーッと望める。右のトンガリが大室山、
左のトンガリは大山。




下山路に入って すぐ華やかに咲いているサクラの木が見えた。ズームで。




尾根の途中に こんな枯れ木が。ちょっと竜に見えない?




この時季、高尾山では、花探索の情報交換も大らかだ。
偶然、すれ違ったSodeyamaさんも、そんなお一人で
話しているうちにサイトの情報交換にまでなったのだった。




≪ 本日の出あい ≫


まずは、タチツボスミレから(3枚)。それぞれの表情に誘われて つい足が止まる。










花は似ているけれど、葉の形が長いナガバノスミレサイシン。



こちらは白花。




葉には毛がなく、花の中央部にだけあるのでオカスミレかな。




ツボスミレ(ニョイスミレ)は小さな白い花。




エイザンスミレが たくさん咲いていたけれど、み~んな違う顔。花も人と同じ(5枚)
















ケマルバスミレ(2枚)は、花も葉も丸っこい。穢れなき白(2枚)







残念ながらヒナスミレは もう終盤だった。この淡いピンク色が好き(2枚)







エイザンスミレに劣らない華やかなヒカゲスミレに出あった♪




次はスミレ以外の花。


チゴユリが もう咲いていたので 嬉しくなった。




残念な写真になってしまったミヤマキケマン。




ミヤマシキミ。実と違って花は地味系。




シダの仲間だろうか?楽器のようで面白い。




下向きに咲くモミジイチゴの花。清楚な感じが好き。




今日も美しいホタルカズラに出あった。




センボンヤリは前回のリベンジ。見つけると嬉しくなる花。




今年はキブシの花は諦めていたけれど・・・・




クロモジの花は目だたない色だけど、爽やかだ。




今日もシュンランとバッタリ!!今年はツイテいるなぁ




ミヤマハコベの花は1.5センチだけど、存在感がある。




遅ればせだけどヨゴレネコノメも撮れた。




マルバコンロンソウは毛深いね。




まさかイカリソウと出あえるとは思っていなかった!ズームで。




同じ場所から、二輪の花のニリンソウが撮れて嬉しい♪







スポンサーサイト

Comments: 9

Haru URL 2017-04-25 Tue 07:38:20

綺麗な写真が沢山撮れましたね!ピントもいいし・・・

AY URL 2017-04-25 Tue 10:17:44

イカリソウまでも!色々逢えて良かったですね~(^^)v
箱根も高尾山に劣らず色んなスミレが咲いてましたよ(^^)

はっぴー URL 2017-04-27 Thu 22:43:26

Haruさん

うれしいコメントありがとうございます。
25日から、白馬に出張撮影でした♪

はっぴー URL 2017-04-27 Thu 22:48:39

AYさん

イカリソウ、シュンランは想定外で嬉しかったです。
箱根も花が多いので後追いしたいところです♪

Haru URL 2017-04-28 Fri 09:22:21

白馬へ行かれたのですね!羨ましい。
今頃の白馬は行った事がないので、良く知りませんが、栂池自然園とか、
八方池辺りは、まだ雪だらけなのでしょうね・・・若い時には、スキーに
良く出かけました。会社のロッジが有ったので・・・白馬3山、又行けたらと
思いますが、かなわぬ望みですね・・・

はっぴー URL 2017-04-28 Fri 15:28:47

Haruさん

2014年から毎年春に白馬か安曇野に行っています。
去年は雪が少なく、八方池まで行かれましたが、
今年は例年並みなので、そんな気はおきませんでした。

白馬でスキーをされていたのですか・・・
若いころ、大雪渓を二回登りました。
いずれも白馬大池の方に下山、三山は行っていませんので、
行ってみたいなぁとは思いますが、
下で花撮影の方がふさわしい歳になってしまいました(^^;

トミー URL 2017-05-17 Wed 13:03:15

豊かな自然に感服しました。写真も見事ですね。
このところスミレを特訓中ですので勉強になりました。
エイザンスミレに出会うと変化が多く嬉しくなります。
タチツボスミレの3枚目はニオイタチツボスミレに似ていますが、
どこに注目したらよいでしょうか?
綿毛のシダはゼンマイです。

はっぴー URL 2017-05-17 Wed 23:27:22

トミーさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

植物や鳥などに関して、まったくの素人なので
「花のおもしろフィールド図鑑」、「かながわの山に咲く花」、
「高尾山 花と木の図鑑」、「丹沢の自然図鑑」
「葉で見わける樹木」、「山渓ポケット図鑑」etc.
と、ネット検索で同定しています。

この中で、「花のおもしろフィールド図鑑」は
似ている植物の違う点を分かりやすく解説しているので
重宝しています。
それによりますと、【ニオイタチツボスミレは
タチツボスミレより花びらが丸く、また、花の紫色が濃く、
白い部分との違いがはっきりしている】とあります。
そして、良い香りもしますね。
こちら↓に2枚のニオイタチツボスミレの写真があります。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-694.html

ゼンマイ、ご教示ありがとうございます。
花に興味のある方、嬉しいです。
今後とも どうぞよろしくお願いいたします。

トミー URL 2017-05-18 Thu 19:06:52

はっぴーさま

タチツボスミレとニオイタチツボスミレの違い、早速ご教示いただき有難うございました。
私は原色日本植物図鑑(3巻、検索表が充実)とネット情報を頼りにしています。
ネット情報では2者の違いとして、後者が花は丸く、中心が白く抜けて見え、花時は無茎種に見える。
とあるため3枚目の写真がそのように見えたのでお尋ねした次第です。
この程度の濃色度ではタチツボスミレなんでしょうかね。

ご指示の記事は見ていましたが、改めて拝見して、
ニオイタチツボスミレ2枚の前がタチツボスミレとされているのに気付きました。
原色日本植物図鑑では、2者の違いとして、色調差、香りの有無に加えて、花柄の短毛について述べています。
ニオイタチツボスミレは短毛が密生するが、タチツボスミレには見られないとのことです。
このタチツボスミレ写真には短毛が活写されていますし、花は丸く、中心が抜けて見えます。
これもニオイタチツボスミレに見えてきました。いかがでしょうか?
有香株が多いが絶対ではなさそうです。
ネット情報では、花後に出る細い葉は決め手、ともあります。

やはりスミレは難しい。もっと多く実物を見て目を肥やしてゆきます。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 丹沢1回お休み > “花爛漫”の奥高尾を行く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top