Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 早戸大滝で蒼の氷結を見る

早戸大滝で蒼の氷結を見る

1.大滝

冬の寒い中で氷瀑を見たいなと思うようになったのは昨年からだ。
流れる滝は優美だけれど、流れず形を留める滝は違った魅力がある。
自然の作る“氷の芸術”だ。

早戸大滝は今まで二回行っているが、いずれも冬ではなかった。
さすがに「名瀑100選」に入っている大滝の氷結は迫力があって素晴らしい。
モコモコと雲がわくような形の下は、つららがスダレのようになっていて、
白いドレスを着た貴婦人のようだった。


▼ 早戸大滝の氷結は迫力満点



▼ 「この迫力どうやったら写せるかな~」とそれぞれの恰好で。カメラがないと〇〇みたい(笑)/ kazさん撮影



▼ これが滝全景



▼ あのkazさんが動くセミになったのだ!?まさにシャッターチャーンスいただき~!
 (ただしこんなとこを登ろうとするのは、このお方だけ)




2.稜線

氷瀑見物のあとは大滝沢右岸尾根に乗って、
P1375の瀬戸沢ノ頭を左から巻いて稜線登山道へ。
いつも大滝新道を上がっていたので、このルートは初めて。
さらに、今日は下山路も初めてなので楽しみだ。


▼ 葉を落としてスッキリ美しいブナ



▼ 穴から覗くと中はほとんど空洞だった!木は中が空洞でも生きられるのか・・・



▼ まだ新しい階段はちょうど良い休憩ベンチ、ボートみたい? / kazさん撮影




3.補修工事

稜線の周辺で工事が行われているらしく、資材が置かれていたが今日はお休みのようだ。
人に出会うこともなく、円山木ノ頭まで静かな尾根歩きを堪能する。


▼ 初めて見るけど新手の土止めかな?



▼ 皆さんの話では柵が増えたそうだ



▼ 資材が置かれている 左のモミには鹿の皮剥ぎを防ぐ青いネットが巻かれている



▼ 階段も架けかえられている 




4.下降

さあ、楽しみな下降。
地図を確認して下り口を探すと、目立つビニールテープが!
その後も、何でこんな場所に?と意味不明の幅広赤テープが、やたらベタベタ
美尾根の楽しい下りが台無しでガッカリ!

kazさん情報によると、
以前はひどく急で大変な下りだったという下部に仕事道ができ、
円山木沢左岸尾根につながっているとのこと。
その言葉どおり、最後はつい3日前に見たF2の氷結見物のオマケ?で
締めくくることになった。


▼ 一応、山頂まできてから地図で確認し下降尾根に入る



▼ ルンルンの美尾根だけど赤テープが やたらと付いていて興ざめだった



▼ 奥より順に市原新道,白馬尾根,大滝新道の尾根がハッキリ見える



▼ 1000m付近で仕事道が始まる スッキリとして歩きやすい



▼ 途中から石混じりになって 道は3日前に歩いた・・・



▼ ここに続く・・・また来てしまった~(笑)



3日前に延々と歩いた林道をM-Kさんの車でスイスイが、
身にしみてありがたく感じられたのは言うまでもないこと。
みなさん、楽しいコラボありがとうございました。



早戸川大滝氷結


2011年1月23日 曇り
メ ン バー: M-Kさん、ミックスナッツさん、kazさん、はっぴー
コ ー ス : 魚止橋―早戸大滝―大滝沢右岸尾根―P1375のやや北東―円山木ノ頭―
        円山木沢左岸尾根―魚止橋 (行動時間:6時間20分)

 ※ コースは上図参照:歩く場合は、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件
   徒渉が何度かあり。また条件によってはアイゼンが必要。

  今回、長靴で歩いたので沢の徒渉がとても気楽だった。
  また、滝見物でも氷の上で滑らずに歩くことができたので快適だった。
  何より、徒渉のたびにkazさんが「それ、すごいね~」というのが快感だった(笑)

  下記 kazさんのブログです。

http://tanzawa-walk.at.webry.info/201101/article_7.html








スポンサーサイト

Comments: 6

よ~かん URL 2011-01-24 Mon 23:34:31

こんばんは~♪
私は氷瀑にはそんなに関心がある方ではないのですが、この滝の氷瀑は
見てみたいです。一枚目の写真、本当に素晴らしいですね~ そして全景
も素晴らしいです。まさに白いドレスの貴婦人♪
今まで氷が付いている滝を見たことあるのは、西沢の本棚と下棚だけです。

今の時期は車で魚止橋まで行けるんでしょうか、そして途中の道路は凍っ
てますか? 行けるのなら見に行ってみようかなあ・・・

ちしろ URL 2011-01-25 Tue 00:18:14

よ~かん さん

こんばんは~☆
よ~かん さんに写真をほめていただけるなんて最高に嬉しいです。
素材の良さかもですが(笑)、素直にニカニカいたします。

早戸大滝は円山木F2とではスケールが違いますね!
メンバーのkazさんの話では先週が一番見ごろだったかもということでしたが、
でも素晴らしかったです。

行かれる場合、道路状況が一番気になるところだと思いますが、
晴天が続いていれば大丈夫と、これはM-Kさんの言葉です。
何日も前からお天気を気にかけておられました。

昨朝は晴天が続いたあとだったのでOKでしたが、昨夜、雪が降ったそうで
今朝は宮が瀬湖あたりから雪道で、林道は積雪5センチほどだったそうです。
もし、今日だったら雪と氷の区別がつかずに、良い写真が撮れなかったかもしれません。
ですから、お天気は重要ポイントですね。

それから途中、国際マス釣場の所に「進入禁止」の看板がありますが、
自己責任ということで入れば・・・。ムニャムニャムニャだと思います。
あっ、それから徒渉ですが、行きより帰りの方が水量が多くなっているかもしれません。

よろしかったら同行メンバーの「俺の山紀行」、「ミックスナッツの散歩道」
の記事もご覧になってください。

http://www.geocities.jp/mk20030130/289-2011-01-23-hayatoootaki-ennzanngino.html

http://70314064.at.webry.info/201101/article_4.html



ミックスナッツ URL 2011-01-25 Tue 12:57:28

苦労の甲斐があり?滝壺からの写真ははっぴーさんの方が高度間を感じます。
しゃがみこんだ差かな~。(笑)

20日と今回の円山木沢F2を見比べますと、暖かでしたので凍り具合がイマイチですね。
また、楽しいコラボをしましょう。

ちしろ URL 2011-01-25 Tue 19:24:33

ふふっ、「もうひと声!」で氷の上に寝そべって撮れば、
さらに高度感がUPしたかもですね~(笑)
kazさんのこの写真、にくいですね!どう見ても笑えます。

F2は先週と今週の差が、ひと目で分かりました。
大滝もそうだったかもしれませんね。

そういえば、円山木ノ頭南東尾根は何年か前、弁天杉を見に行った時、
登っていました。機会があれば今度は下ってみたいです。

また、どうぞよろしくお願いします。

よ~かん URL 2011-01-28 Fri 18:48:12

ちしろさん、ありがとうございました♪
情報とても参考になりました。そしてリンクの記事も見させていただきました。
軽アイゼン買って今日自己責任で・・・。ムニャムニャムニャしてきましたよ(笑)
今回のこの記事、リンクの記事がなかったら、きっと行ってなかったです。

林道は、三日月橋から先が特に道路が真っ白で所々凍ってたりしてましたが、
魚止橋まで行けました♪
そして道中は半分以上積雪していて、アイゼンを使うと下の岩に当たる、使わ
ないとよく滑るという、中途半端な感じでかなり疲れました。

そして大滝! 本当に素晴らしかったです。
ちしろさんの全景と較べると下部の氷が少々剥げていましたが、大滝の初めての
氷瀑。すごかった・・・(><) でも見た目の素晴らしさは全然写真で表せないん
ですよね・・・ ちなみに写真のUPはもう少し後です。すいません(><)

ちしろ URL 2011-01-28 Fri 20:04:30

よ~かん さん

いらっしゃったんですか~!!
魚止橋まで入れたんですか!?良かったですね~

確か以前、大滝まで行かれていますけど冬のこの時期、しかも雪が降ったので
私たちが行った時より大変だったでしょう。お疲れ様でした m(_ _)m

そうなんです、私の記事は事実より感想メインなのでガイドにはなりませんが、
メンバーの方々の記事は知りたいところに手が届いていて お役に立ちますです(笑)

よ~かんさんが大滝をどう表現されたのか、写真とても楽しみです♪

私も昨日もう一つの“氷の芸術”を探しに行ったのですが・・・
ただ今 記事制作中です(^-^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/69-7bf75898
Listed below are links to weblogs that reference
早戸大滝で蒼の氷結を見る from 新たに一歩

Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 早戸大滝で蒼の氷結を見る

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top