Home > 2017年 丹沢1回お休み > 名木・大樹めぐりを楽しむ

名木・大樹めぐりを楽しむ

 
 
1月18日

イガイガ さんが名木・大樹めぐりをされるというので
便乗させていただくことにした。

訪れたのは、こちらの9か所。
① 熱海市    來宮神社の大楠(国指定天然記念物)
② 湯河原町  城願寺のビャクシン(国指定天然記念物) 
③ 湯河原町  産土(ウブスナ)八幡神社のクスノキ           
④ 湯河原町  明神のクスノキ      
⑤ 湯河原町  五所神社のクスノキとナギ
           ・・・イチョウも有名らしいけれどパスした  
⑥ 小田原市  早川のビランジュ(国指定天然記念物)   
⑦ 小田原市  長興山紹太寺のシダレザクラ
⑧ 小田原市  山田家(やまだけ)のカゴノキ
⑨ 小田原市  上輩寺の乳イチョウ

これらの中から、印象的だったものを紹介したい。



まずは、圧倒的存在感だった來宮神社の大楠から。
さすが人気のあるパワースポット、参拝者がひっきりなしに訪れる。








こんな大樹は初めてだったので目が点!




真摯な気持ちで お参りした。




木っていうより、岩のよう。




左端の枝もあったら、もっと迫力があっただろうなぁ




次は、湯河原の萬年山城願寺のビャクシンで、こちらも国指定天然記念物。
表参道の途中にある仁王門の奥に、頭をニョッキリ出しているのがビャクシンだった。




まるで“木の炎”のよう。のぞきこんでいるのは下記の説明文。








ビャクシンといえば、建長寺のそれもすごかったけれど・・・・
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-564.html



こちらの方が、ビャクシンの特徴である捻じれが一段と素晴らしい。
豪胆な野武士のような趣がある。




この躍動感!!
パワーもらうより、こちらのパワーが吸い取られそうだ(笑)




ビャクシンの猛々しさから解放され、清楚な白梅に ほっと和んだ。




このあと、産土(ウブスナ)八幡神社のクスノキ(樹齢 600年)、
五所神社のクスノキ(850年)、明神のクスノキ(800年)と、クスノキ見物が続いた。
それぞれ個性があり、見ごたえがあったけれど、やはり2000年の風格には及ばない。
ということで省略。



五所神社で有名なのは、大楠と大イチョウらしいけれど・・・・




イガイガさんのお勧めはナギ。
ナギって、聞いたことがないので 帰ってから調べてみた。

【 熊野信仰と結びつきの深い木。
針葉樹とは思えない葉の形で、葉をお守りにする。
神社や墓所などによく植えられている。
寒さに弱いので、関東地方では若いうちは寒さよけが必要。
種子からとった油は、神社の灯火用に使われた 】
(「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」より抜粋)


 
熊野速玉大社には樹齢1000年の御神木のナギがあるそうだ。
この木は何年くらいかな?




リョウブやヒメシャラのように、樹皮が所どころはがれ落ちる。




はい、次は小田原エリアのこちらへ。




木肌は遠くからでも目立つ特殊な色だった。樹齢は300年以上とか。




今回の名木・大樹めぐりで、一番感動をもらった出あいだった。




こんな崖地の急斜面という 厳しい環境の中で生きてきたのだ。
左奥に見える一本の他、近くに数本若い木があった。




スゴイ!!って言葉しか出てこない。





ここで気分転換。
去年の2月2日に、小田原城総構を歩いた際、
「小田原城跡 三の丸外郭新堀土塁 歴史公園」から、
一夜城で有名な石垣山が意外に近い所に見えたので、
機会があったら行ってみたいと思った。



その想いが叶った。








ズズズーッと引いていくと、先に小田原城が見えた!人まで見えた!!




丹沢も。 大山の山容はいつも美しいな~♪




ここも、一度は来たいな~と思いながら、なかなか来られなかった長興山紹太寺の
シダレザクラ。樹齢ざっと320年。樹高約13メートル。花の時季には華やぐのだろうなぁ

・・・・長興山紹太寺って名刹だったのね!シダレザクラより、そっちに驚いた。



山田家(やまだけ)のカゴノキは、小田原市の天然記念物。
「天然記念物」には、国・県(都)・市などの種類があるって今まで知らなかった。




名前の由来は、樹皮がまだらに はがれ落ち、その跡が白い
鹿の子模様になるところから「鹿子の木」となったとか。




上輩寺の乳イチョウは ぜひ見たかった!




こんなふうに、「乳柱」というのが垂れ下がっている樹形のイチョウは初めて。
どうして こうなるのか不思議だなぁ。 胸高周囲 5m、高さ 15m、樹齢約600年。




下に向かって成長しているの!? 市の情報によれば、大小
合わせて100本以上、そのうち1m以上のものが20本以上とか。

・・・・記事を書くので調べていて、五所神社の大イチョウにも
大きな乳柱が垂れ下がっていると知った。パスしたのチョット残念。




もっと簡単UPにしようと思いつつ、毎度のことながら ついつい(笑)

それにしても、一日で こんなに多くの名木・大樹訪問ができたのは
ひとえにイガイガさんのおかげと感謝している。

同行させていただき、ありがとうございました。








スポンサーサイト

Comments: 2

還太郎+4 URL 2017-01-29 Sun 09:24:00

どの巨樹も素晴らしいですね。中でも来宮神社の大楠は圧巻。樹齢2千年とは!
一緒に写っている人達との対比で、この世のものとは思えない存在感・重量感がよく分かります。
樹勢ますます盛んの様子も大変結構。「天晴れ!」。

はっぴー URL 2017-01-29 Sun 21:14:49

還太郎+4 さん

人は長寿といっても、せいぜいが100年。
それを思うと『樹』はスゴイですね!

丹沢でも中川に推定樹齢2000年という箒杉がありますが、
楠と杉では樹形が違うので、大楠の迫力勝ちです。
大楠にいただいたパワーで、何とか一年乗りきりたいものです。

って、風邪っぴきで引きこもりの 1週間余、
もしかして パワー授かるやり方が悪かったかな(涙)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2017年 丹沢1回お休み > 名木・大樹めぐりを楽しむ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top