Home > 2016年 秋の丹沢 > 西棚ノ沢スタートで 鳥ノ胸山 北尾根を楽しむ♪

西棚ノ沢スタートで 鳥ノ胸山 北尾根を楽しむ♪




今日もスタートは沢歩きだった。ただし西棚ノ沢は省エネモードの癒し系。



11月20日

紅葉・黄葉する木々は あまたあれど、
カエデ属はひときわ鮮やかで美しく山野を彩る。

残念ながら、今年の色あいは例年に比べて茶が目だち
美しいとは言い難いのだけれど、秋も一年に一度。

落葉の学習に熱心なイガイガさんに同行させていただき、
チドリノキ、サワシバ、クマシデをはじめ、カエデ属の勉強をしてきた。

毎年、秋の山遊びで せっかくイイところまで覚えても、
シッカリ定着していないので、1年たつと同定に自信がなくなってしまう。
っていうか、花と違って、向き合う熱意の問題かな~(笑)



≪ 本日のコース ≫

加入道山登山口駐車場―西棚ノ沢出合―西棚ノ沢―越路林道―
平指山(ひらざすやま)北東尾根―平指山―雑木ノ頭(ぞうきのあたま)―
鳥ノ胸山(とんのむねやま)ランチ―北尾根―秋葉山(あきはさん)―越路林道ゲート
―旧径路から名知らず林道―検見ヶ丸北東尾根(途中から東)下降―駐車地


※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。沢靴。




鳥ノ胸山




駐車地から室久保林道を少し南に歩いて、
古い別荘地のような建物が並んでいる一画から室久保川に降りると
すぐに西棚ノ沢との出合。沢の右岸には遊歩道があり、
最初の滝のそばには古い立派な東屋もあった。



出合から すぐに滝が続いていたけれど、どれも癒し系(滝3つを4枚で撮影)










靴をなるべく濡らさないように、右岸から左岸、左岸から右岸と歩きやすい方を
辿って行くと、恋路林道を横切った先で地図にない林道登場。




ふと足を止めたもの。
ツガの先っぽが噛み切られてた。やったのはだぁれ? ツルの葉裏に付いた露。

コシアブラの葉。          コミネカエデの紅葉がうれしい。



途中から平指山(ひらざすやま)北東尾根に乗って、
植林帯の中をP1146mの平指山へ向かう。
鳥ノ胸山周辺を歩くのは3回め。

1回めの時は「道志の湯」付近から取り付いて、
P831mへ出、検見が丸―P910m―恋路峠(越路峠)―鳥ノ胸山南峰―鳥ノ胸山
―秋葉山―道志観光農園―車道歩き―道志の湯 というコース(ブログ記事なし)

2回めはコチラ ↓
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-73.html

ということで、鳥ノ胸山の南北山稜は歩いているのだけど、
北尾根を歩いたのは10年以上前なので ほとんど覚えていない。



平指山北東尾根、この尾根も かつてはササヤブだったようだ。




平指山の山頂標識。ここから先、鳥ノ胸山までは2011年2月に逆コースで歩いている。
(ああ、もう5年半も前になるのか!)




雑木ノ頭を通過し、

ブナとミズナラの尾根を ルンルンで鳥ノ胸山へ向かう。
今日は早朝はガスがたちこめていたけれど、
昼間は穏やかな登山日和となって、尾根歩きが気持良い。



ただし、鳥ノ胸山南峰への登りは、かなりの急登でロープなんかも付いている。
この辺りで二組のグループとすれ違った。

山頂到着。写真には写さなかったけれど、ボーイスカウトの登頂記念板が多いのは、
ここの特徴か。こういうの、大人がやらせるんだよね。



誰も居ない山頂で、この景色を眺めながら のんびりランチ。静かでいいけれど、
歩いている途中では見えていた富士山が、見えなくなっちゃった。中央が御正体山。




食後は北尾根へ。以前、歩いた記憶はもちろん全部 吹っ飛んでいるし、
読図もしなかった。だから まっさらな未知尾根♪




あるいは こうも言えるかな。
あのころは、樹にも興味・関心がなかったので、
「樹」という対象を意識して歩くと、そこは未知尾根。
同じルートでも、自分の意識の持ち方次第で、
全く違う面を見せてくれるのが楽しい。

“時による変化”は、自然にだけ起こるのではなく、
自分自身にも起こる。
もちろん内面だけでなく体力面にもね。
それらと向き合って、受け入れて、
これからも自分なりの山遊びを楽しめれば嬉しい。



いろいろな樹が居たけれど

特に印象的だったのが、このアサダ。一定の高度までは ひじょうに多くて、
「アサダ尾根」と言ってもいいくらいだった。
※ アサダは天王寺尾根付近を歩いた時、AYさんから教えていただいた。
  木肌に特徴があるので分かりやすい。



こんな大岩もあったのでビックリ!! 




やさしげな色あいの紅葉もあった。




秋葉山は樹が切られており、道志側の展望がバッチリだった。
以前は ここから西へ下って観光農園の方に出たはずだけれど、
今日は北東尾根を恋路林道へ下った。




越路沢を渡って、奥の越路林道にあがると左にゲートが見えた。
林道から向山の南西側を通る旧径路を辿り、またも地図に記載のない林道に出た。

途中に大きな「里山林案内図」があったけれど、具体的な情報ナシ。
イガイガさんが林道から駐車地にドンピシャで降りたいというので、
急斜面の検見ヶ丸(けみがまる)北東尾根を下って、無事に周回完了となった。



フィニッシュは ここ。




今日は、鳥ノ胸山からの地図読みと樹木同定が楽しかった♪
イガイガさん、ありがとうございました。



≪ 本日のオマケ ≫イガイガさん作成、ウルトラマン?をやらされた~(笑)







スポンサーサイト

Comments: 2

レガー URL 2016-11-25 Fri 08:57:28

この界隈、はっぴーさんに教わった検見ヶ丸に行った事を思い出します。
(加入道山を一つの山として写真におさめたかった時期)

静かで穏やかな山々ですね。
その分黒い方々が居そうな雰囲気。
栂はかじられたのではなく、クローでバリッとしたのでは(^^)?

ウルトラマン、普段のヘルメット用の結わき方であれば、
「ウルトラの母」になったと思うのですが・・・残念♪

はっぴー URL 2016-11-25 Fri 10:53:47

レガーさん

加入道山、そういう時期もおありでしたね(^^)
そういえば、的様も近いんですよね。

歩く人の少ない静かな山域は、冬の陽だまりハイクに良さそうですが、
確かに黒ちゃんたちが けっこう居そうです。
栂はかじられたと思いたいですね(^^;

あはは、その発想はなかった~!
でも、「ウルトラの母」の方がピッタリきますね♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 秋の丹沢 > 西棚ノ沢スタートで 鳥ノ胸山 北尾根を楽しむ♪

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top