Home > 2016年 秋の丹沢 > 「第17回ニカニカ集会」は 女郎小屋ノ頭で

「第17回ニカニカ集会」は 女郎小屋ノ頭で

  


モミの大木がある鞍部に立ち、何やら検証中?のイガイガさんとM氏。


11月3日

恒例の 「秋のニカニカ集会」に参加すべく、
イガイガさん、花立小僧さん、M氏と4人で
女郎小屋沢左岸作業道の探索をしながら樅ノ木鞍部(仮称)へ出、
女郎小屋ノ頭南尾根で会場へ向かった。



≪ 本日のコース ≫

駐車地―玄倉林道―女郎小屋沢出合―左岸作業道探索
―樅ノ木鞍部―女郎小屋沢南尾根―女郎小屋ノ頭(ニカニカ集会)
―女郎小屋乗越―大タル丸西北西尾根下降―小川谷半壊堰堤先の河原
―欅平―仲ノ沢径路―中ノ沢林道―立間大橋で全員集合―玄倉林道
―玄倉川橋で散会

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。



女郎小屋沢ノ頭



秋色の景色を楽しみながら、テクテクと玄倉林道を行く。ガスが上がって青空も見えた。




女郎小屋沢出合で玄倉川の徒渉。ここで、M-K隊の皆さん(AYさん、shiroさん、
EAさん、ardbegさん、レガーさん、nenetaさん、ゼフィルスさん、utayanさん)に
追いつかれた。それぞれ好きな形で徒渉するのを対岸から見物。




かくして、途中までは13名の集団行動だったが、ほどなく沢グループと別れ
左岸に取り付いた。皆さん、お気をつけて~会場で会いましょう♪

我らはM氏を先頭に、イガイガさんが途中から分からなくなったという作業道を
追ったところ、折り返して斜上する箇所を発見、スムーズに課題をクリアーしたが、
シカ柵扉の障害物に苦戦したのだった(笑)



途中で好展望地に出あう。会場は右の奥で まだ見えない。




こういうのは、身体の大きい方は大変ね。 身体のお硬い方もね。

何だか怪しい探検隊(笑)           ♪♪這いつくばって~這いつくばって~ 
                             樅ノ木の鞍部に到着したのだった。



早過ぎたかな?と諦めていた紅葉も、上の方では数ヶ所で鮮やかだった。




女郎小屋沢の途中から樅ノ木の鞍部に上がった沢グループと途中で一緒になり、
全員そろっての到着となった。
さっそくshiroさんご持参のブルーシート(いつもありがとうございます!)で会場設営。
楽しい1時間半の団らんが始まった。
今回はutayanさんが初参加、嬉しいニカニカとなった。
(温かいシューマイ、ごちそうさまでした♪)




花立小僧さんによる記念撮影で締めくくり(いつもありがとうございます!)、下山開始。
・・・・ふふっ、顔をボカスとみんな美男美女だわ。



女郎小屋乗越へ下降し、大タル丸までは全員一緒。
その後は大タギリに向かう6人と別れ、7人で大タル丸西北西尾根を下った。

久しぶりに そろったトンチンカン♪♪ この尾根、良い尾根だったけれど・・・・



クマさんの落し物が多かった。

無事に小川谷半壊堰堤先の河原に下って、ワサビ田跡を経て仲ノ沢径路へ。



仲ノ沢径路の ここには、ロープにスズランテープが付いていた。
前の人がロープで下降すると、向う側に行ってしまうので、
手繰り寄せるためのものだった。なるほどね~!とアイディアに感心した(振り返って撮影)




仲ノ沢径路から林道に上がってすぐに別グループ(A)の3人が追いついて、
立間大橋では別グループ(B)の3人と無事合流、玄倉川橋での解散となった。

M-Kさん、今回もありがとうございました。
参加されたみなさま、お疲れさまでした。
また、行き帰りをご一緒していただいたみなさま、感謝です。


このエリアを集中して歩いていたのは2011年だったので、
久しぶりに女郎小屋ノ頭 訪問は、とても懐かしかった♪
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-182.html



≪ 本日の出あい ≫ 花も少ないうえに撮影禁止のお達しで、隠れてコソコソ(笑)

ダイモンジソウの開きかけが可愛い。楚々とした風情のイワシャジン。葉も入ってイイ感じ。

リュウノウギクは華やか&可愛い。     リンドウは蕾だった。



樅ノ木の鞍部に向かう時、目に入った紫ピンクの花は何だろう?
葉は見たことありそうだけど分からない。→ Sさんからご教示いただき、
【花冠の特徴からナギナタコウジュの発育不良株】で確認しました。

思いもしなかった場所でのナギナタコウジュとの出あい、驚きです♪







スポンサーサイト

Comments: 7

レガー URL 2016-11-15 Tue 09:19:22

集会ではありがとうございました。
また沢山ご馳走様でした。

楽しかったですね。
下りのルートも大いに使えそうですが、いつかバッタリがあるかもしれませんね。
仰るように、久しぶりのトンチンカンでの山行が嬉しく思いました。
またどこか遊びに行きましょうね。
宜しくお願い致します。

はっぴー URL 2016-11-15 Tue 11:37:59

レガーさん

久しぶりのオールタイム ニカニカ参加、
嬉し楽しでしたよ(^^♪

下りのルート、知っていると役に立つときがあるかもですね。
バッタリは怖いけど(^^;

トンチンカンのユニークな味?また味わいたいです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

・・・12日、テンニン平(カバの原)に行ってきました。
懐かしかったぁ♪

utayan URL 2016-11-15 Tue 21:37:11

はっぴーさん、先日はありがとうございました。

皆さんと楽しい一日を共有させていただきました。イガイガさんとのコラボいつも楽しく拝見させていただいてます。引き続き樹木探偵団、花コラボ、中井まったりハイキングシリーズ継続お願いします。とんちんかん?誰と誰か?推測するのも楽しいです。

はっぴー URL 2016-11-15 Tue 22:49:39

utayan(私も“さん”は省略でいきます)

こちらこそ、ありがとうございました。
下山路、ご一緒できて楽しかったです♪
今後とも、よろしくお願いいたします。

白水沢の初出あいの時の差し入れも感激でしたが、
今回も会場で焼売を温めるという心遣い、ニクイデスネ~ m(_ _)m

「イガイガワールド」は、だんだん「弥次喜多珍道中」に
変化しているような (^^;

トンチンカンは、トン吉、チン平、カン子で、
言いだしっぺはM氏(MASAHIKOさん)です。
記事をおひとつ ↓
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-333.html

M-K URL 2016-11-16 Wed 01:49:59

はっぴーさん
毎度お世話になりまして誠にありがとうございます。(__);
T師流に言いますれば、「は大姐あってのニカニカ」でございます♪

落ち着いてみんなとじっくり話しが交わせる時間もないのに、
なぜかみんなで行動して車座になっての一時がうれしいですね。

年毎に「幕引き」を考えてもしまいますが、皆さんのお顔をみると
楽しくなって「もうちょっと、頑張るか~!」になってしまいます。

はっぴー URL 2016-11-16 Wed 10:11:38

M-Kさん

こちらこそ、ありがとうございます m(_ _)m
いつも皆さまとお会いすると、
楽しくて ついハシャイデしまいます(^^;
お許しください。

山中でのニカニカ、今回は特に一体感があり、
充実していた気がしました。
最近は、以前のような遠足コラボがなくなってしまったので、
みんなで一緒に歩くというのが楽しかったです♪

春のニカニカも楽しみにしていますので
「もうちょっと、頑張るか~!」で、
よろしくお願いいたします(^^)

2016-11-18 Fri 18:23:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 秋の丹沢 > 「第17回ニカニカ集会」は 女郎小屋ノ頭で

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top