Home > 2016年 秋の丹沢 > 行ってみたかった 大ゴリョウ沢と 不思議な神社探し

行ってみたかった 大ゴリョウ沢と 不思議な神社探し

  
 

分かれる前の雷平にて記念撮影。皆さまのご協力に感謝♪ 2:2:1が面白いな。



10月23日

レガーさんからの情報によれば、
「あの界隈の麓では白馬尾根の白馬の雪型の事を
【大ゴリョウ(おごりょう)】と呼ぶのだそうです。」とのことだ。

今年の夏前に、kamogさんの沢の記事を拝見していて
面白そうなので行ってみたいと思い、“営業”したのだけど(笑)
あいにく早戸川林道が工事中で、“待った”をかけられていたのだった。
それが めでたく開通となって、ようやく実現の運びとなった♪

今回、レガーさんは仕事で参加できず残念だったが、
魚止橋でAさんとNさんにバッタリ会って、楽しいスタートとなった。




≪ 本日のコース ≫

魚止橋駐車―伝道―雷平―大ゴリョウ沢―右岸径路で白馬尾根
―雷平―謎の祠探索―早戸大滝―落口(ランチ)―瀬戸沢左岸尾根
―瀬戸の押出―伝道―魚止橋

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。
  沢装備必携


   
オゴリョウ沢
 


 
雷平までは一緒、三々五々まずは伝道へ向かう。山で仲間とバッタリは とても嬉しい。 




アッという間に雷平。トップの記念写真撮影後、ボッチ沢から蛭ヶ岳に向かう
お二人を見送った。




我らは早戸大滝方面へ。
歩きながら、M氏がコソッと囁いた“謎の神社”探索をしながら。
でも、まだ木々に葉が残っている この時季、なかなか見つからず苦戦。

目的の大ゴリョウ沢の先、
大滝に近い本谷沢近くまで行っても発見できず、
諦めて引き返し、沢遡行に切り替えた。



大ゴリョウ沢の入口。この左岸尾根を過去に下ったというM氏から、
最後をどう降りたのか聞いた。よく分からんかったので、コチラで。
http://lucita.blog.so-net.ne.jp/2016-10-26





入渓地点は標高860m。910mまでの間の滝風景を4枚。




トップはM氏。今日はさすがに愛用の長靴ではなく沢靴。








振り返って見ると沢幅が狭い。




ここで二俣。右の急斜面から大きな滝が落ちている。
左俣はガレ状態でつまらなそうなので、右俣の大滝を左から巻いた。




落ち口に立つM氏をイガイガさんがパチリ。




その先の沢風景6枚。こんな感じでズーット滝が続いた。








所どころ ぬめってい、てタワシを持参しようと思いながら忘れたことを悔やんだ。




振り返ってみると、長いお滑り台のようじゃん♪




同じ滝を私と



イガイガさんの撮影で。




1040m付近で、つい4日前のゴーラ沢を思い出すような(笑)この状態。
相談の結果、1000m付近にあった仕事道を辿ってみることにして、40m沢下降。




ということで、左岸尾根に付いている仕事道へ。
右岸の方にもあったけれど、すぐ先で崩落。こちらは辿るの無理そうだった。




最初はハッキリしていたけれど、途中からあいまいになったので、
適当に植林内を白馬尾根にトラバースし、雷平に戻った。




このシカ柵扉のフレーム、懐かしいなぁ と思わずパチリ(振り返って撮影)




初めて白馬尾根を登ったのが13年前。
単調な植林内の登りに ぼやきながら出た笹原も
結構な急斜面で脚にきたっけ。

その時の感想に、一番楽しかったこととして、
「市原新道の下り、蛭ヶ岳山頂直下の広いブナ林を駆け下りた。
落葉の積もる中、自由に、まるで動物になった気分で駆け下りた。
最高だった。」
と書いたのだった。

そうだ、あの頃、よく滑ってシリモチついたけれど
駆け下りるのが楽しくて しかたなかったなぁ・・・・
と、回想はここまで(笑)

さて、ここから どうするか?
雷平で相談した結果、「謎の神社探索」のリベンジで全員一致。
再び早戸大滝方面へ。

左岸上部を念入りに探したM氏がめでたく発見した。



それは下山路の瀬戸ノ沢左岸尾根のP1056m西尾根の末端に位置していた。
それにしても、崖の上だー!




謎の神社はオール ステンレス製という 現代的なものだったのでビックリ!
お賽銭が上がっていたので またビックリ!!




これでスッキリして、早戸大滝見物へ(2枚)








滝?を撮るM氏。今回、一番 気に入った写真。




大滝の落ち口から眺めていたのは、




はい、この景色。正面は榛ノ木丸。少し色づいてパッチワークのよう。




沢 終了後は白馬尾根から鬼ヶ岩かな?
と覚悟していたのだけど、
謎の神社のおかげで回避できてラッキー(笑)

ゴーラ沢から 間、3日しかなかったので、
今日はこの軽さが 嬉し楽しだった。

イガイガさん M氏 ありがとうございました。




≪ 本日の出あい ≫花が少なくてチョット淋しかった。

顔(?)の長いイワシャジン。          咲き終わったウメガサソウ。




ミヤマシキミは有毒植物。




ヤクシソウ。花びらはギザギザだけど、やさしげな表情できれい。








スポンサーサイト

Comments: 4

イガイガ URL 2016-11-10 Thu 17:19:36

たまった宿題の追い上げ、お疲れさまです。
でも、まだもう一つ、いや二つなのかな?

早く開放されることを願っております♪~( ̄ε ̄)ヨユー

はっぴー URL 2016-11-10 Thu 18:08:26

ブログ記事で肩こりにありました(^^;
もうヤダ!!! (; ;)

M氏 URL 2016-11-10 Thu 19:26:49

お気に入りの写真では
M氏のカッコよさが伝わりませんね~
誰だか分んないほうが良いって事ですか?・・・

残った宿題頑張ってください!!

はっぴー URL 2016-11-10 Thu 19:54:30

M氏

あら、ご名答!
この ほ~んわかシルエットがいいのであって、
要は誰でもいいのです(^^)

エール、ありがとうござんす。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 秋の丹沢 > 行ってみたかった 大ゴリョウ沢と 不思議な神社探し

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top