Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > ヒル休眠中に丸渕 初訪問

ヒル休眠中に丸渕 初訪問


▲ 丹沢山からこちらに天王寺尾根が延びてくる 鉄塔は20号かな?(桶嵐沢右岸尾根より)



ニカニカの皆さんが水遊びに興じられるという丸渕に
かねてから一度 行ってみたいと思っていた。

ミックスナッツさんから『丸渕は赤軍休戦中の今がチャンスですよ~(笑)』
というアドバイスもいただいたしね。ぜひ行かなくちゃ!

ということで
Vルート好きな東京の友人Yさんを誘って、“聖地巡礼”に出かけることにした。




1丸渕


2011年1月8日 晴れ
メ ン バー: Yさん、ハッピー
コ ー ス : 煤ヶ谷バス停―辺室沢・水の尻沢界尾根―物見峠―鍋嵐分岐―730m
        ―P654―丸渕―唐沢林道―桶嵐沢右岸尾根―八丁径路下り口(P760)
        ―八丁径路―水の尻橋―煤ヶ谷バス停(行動時間:およそ7時間)

        ※ コースは上図軌跡参照(一部省略):地形図が読めコンパスが使えることが最低条件





▲ 冬晴れの日のハイキングは どこを歩いても気持ちがいい

今日も快晴。
こういう日は稜線歩きが気持ちいいだろうなぁ・・・
なんて思いながら7時50分発 宮ヶ瀬行きのバスに駆け込む。
ヤビツ峠行きほどではないけど、立っている人も多い。

煤ヶ谷で降りたのは私たちを入れて3組だった。
「こんな日の日溜まりハイクがいいねぇ~」
「冬がいいねー!」と言いあいながら、
一般登山道をゆるいペースで物見峠に向かう。




▲ 物見峠に向かう途中の荒涼とした景色 土留め工事がされていないと怖い



▲ 以前はなかった案内図が加わっていた

物見峠には道標や看板など、たくさん立っているが
今回、迂回のための分かりやすい案内図が貼ってあった。
以前のでは初めての人には分かりにくいな~と思っていたので良かった。
でも、あんまり長持ちはしそうにないかな。




▲ 熊ノ爪から見た宮ヶ瀬湖はプールみたいだ

鍋嵐分岐を過ぎ、宮ヶ瀬尾根分岐(熊ノ爪)を更に奥へ
丸渕へ下る尾根を探しながら進む。
ここはお楽しみのところなので、これから歩く人のために
詳細はカットしておこう。




▲ 一ノ宮沢左岸尾根に入る

上部は問題ない下り、下部がややRFが必要だけど
ピッタリ丸渕に出たのでスカッとした。
だけど・・・




▲ 水が少なく“渕”というより“水たまり”のようだ

丸渕は昨年12月26日にM-Kさん、kaz さん、ミックスナッツさんが行かれた時の写真より
さらに水が少なくなっていた(気がする)。

どなたかさんが飛び込んでいられる写真を見たことがあるので、
とても同じ場所とは思えない。何だか寂しくて長居できない。

季節もあるかもしれないけど、こんなにシンと奥深い所だったのかと意外だった。
ここは多人数でワイワイガヤガヤが楽しいかな~




▲ 桶嵐沢右岸尾根の取り付きは植林内のジグザグ道、振り返るとトップ写真の眺め

物見峠から黒岩の方に続く沢沿いの道の上にある唐沢林道に乗り、
桶嵐沢を渡った所で昼食にする。ポカポカ陽が当たって気持ちが良い。

ここからP700を通って、物見峠―大山三峰間の稜線に出て、
あとは何度か歩いたことのある八丁径路で下山の予定。




▲ モミの木が多い尾根だった 

急登が終わり660mの平坦地に乗ると、太いモミの木が4本あった。




▲ 自然林の尾根は気持ちがいい

一部、細い所もあるけど、歩きやすく良い尾根だった。
一般登山道の稜線を横切る形で八丁径路の下り口がある。
すぐに下山開始。

何しろ帰りのバスの時間が気になる。一時間に一本しかないのだ。
煤ヶ谷バス停、毎時41分発と思っていたので、
15時41分に乗りたいと急速下降したら毎時01分発だった。
寒い所で30分も待つことになってしまった。




▲ 尾根通しに下って ここに出た~

八丁径路は、いつも途中から自然に仕事道に引き込まれてしまうので、
今日は気をつけて最後まで尾根通しに下ったのが嬉しい。
お墓の裏にある鹿柵入口に辿り着いた。

せっかく行くのだから面白くなくちゃね!
と地形図とニラメッコした結果、鍋嵐とP719の中間から直で丸渕に下りる
一ノ宮沢左岸尾根での初訪問、無事に終わって、ほっ~

今度、もしまた行く機会があったら違うコースを行きたいな。









スポンサーサイト

Comments: 8

シチミ URL 2011-01-15 Sat 22:14:53

聖地?巡礼お疲れさまです~(^^)

長靴山行みたいですね。
履く心地は如何ですか~??

丸渕、水量少ないと書いてありましたけど、それなりに綺麗ですね。
でも、、、今飛び込んだら・・・

遅ればせながら
本年もヨロシクお願いします~。



AY URL 2011-01-15 Sat 22:43:48

730mから丸渕への尾根沿いに以前まき散らかしたゴミがまだいくつかそのままだったような気がします。
回収していただいてたら有難いんですが。

shiro URL 2011-01-15 Sat 22:59:58

一宮沢左岸尾根は、分岐が複雑でかなり混乱した記憶があります。
丸渕へピッタリ下降、サスガです!!
 
ところで、『熊ノ爪』の事ですが。ついこないだまで皆「能ノ爪」と言っていたのに、ここ最近「熊の爪」になってしまった事が妙にひっかかってるんです。
Fu社のOさんから「昔のエアリアには『能ノ爪』と表記してあった。(現在のエアリアにはありませんが)それが誤植だったのかもしれないけどね。」というお話を伺いました。
まあ・・・どっちでもいい事なんですが・・・。

M-K URL 2011-01-16 Sun 01:50:47

聖地巡礼お疲れ様です~2

730mからピッタリ丸渕下降・・、流石です2!(笑)
世の中には“何て無駄なことを・・”はいっぱいありますよね。
それがオロカであったり、微笑ましい事であったり、ロマンみたいな
ことであったり・・いろいろだと思います。

一時的であれ、丸渕が少し甦ったとき、私は本当に嬉しかったです。
その後、2度、3度「無駄じゃ~!」といわんばかりのむごい仕打ち・・。
私は打たれ強く、へこたれないのも特技?なんです。
今年もきっとポチャポチャやっている気がいたします。

一ヶ所ポイントがあり、そこに何度と無く足を運ぶことがある場合、
人は只同じルートは取りませんね。この丸渕詣では私にはそれもあったのです。
いろんな方が同行してくれました。となると人それぞれの好みでいろんなルートを
歩いてもらったのです。私には本当に楽しくうれしいことでした。

嗚呼、たのしきかな山あそび、沢あそび・・。

しかし、ヒルとは遊びたくないナァ~! 今年もいろんな作戦を考えながら
格闘していくのです。今日は新調長靴をはき、遊びに布切れを差し込んで
歩きまわったりして作戦を練っていたところでした。(^^)v

ちしろ URL 2011-01-16 Sun 17:55:39

シチミさん

昨年のハイウェイ・パトロールは楽しかったですね。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年3月に訪問した白滝もそうでしたが、皆さんがかる~く行かれているので
そのつもりでイメージしてると、これが思ってたより奥地だったりして・・・(笑)
今回、「ここにヒルがいるの図」は想像できませんでしたが、知らない方が幸せかも。

長靴、工夫と慣れで快調!最近はずっとこれですよ~


ちしろ URL 2011-01-16 Sun 18:03:28

AY さん

そういえばあった気がしますが、ほとんど気にならなかったので
手を出しませんでした(笑)
・・・マルガヤ尾根はひどかったです。

ちしろ URL 2011-01-16 Sun 18:51:12

shiro さん

おほめにあずかり、うれしいです (^‐^)
shiro さんと同じく未知尾根下降は好きなんですよ。

「昔のエアリア」って、そうとう昔でしょうか?
私の持っている一番古いのは1990年版ですが、
これには書いてありませんね。
当然、宮ヶ瀬湖もありませんが・・・

私も最近は開き直って?or 素直に?「熊ノ爪」と書いております。
確かあれ、思い違いかもしれませんが、
「能ノ爪 のうのつめ」ではなく「能の瓜 のうのうり」ってあったような・・・

漢字にものすご~く弱い人が書いたのか、面白がってわざと似た字を書いたのか
どちらかだと思っていたのですが、Oさんのおっしゃるように
誤植という可能性もありですね~


ちしろ URL 2011-01-16 Sun 19:02:47

M-K さん

丸渕、写真の通りで水がきれいでした。
大ミミズが岩陰でひっそりと眠っていました ので、
起こさないで帰りました (笑)

はい、私もひそかに次なるルートを考えておりまーす。

『今日は新調長靴をはき、遊びに布切れを差し込んで
歩きまわったりして作戦を練っていたところでした。(^^)v』

これ、山でですよね!?
じらさないで、詳細を早く教えてくださいな~

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/60-429b7f57
Listed below are links to weblogs that reference
ヒル休眠中に丸渕 初訪問 from 新たに一歩

Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > ヒル休眠中に丸渕 初訪問

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top