Home > 2016年 夏の丹沢 > サンショウバラを観に プラス湯船林道の視察

サンショウバラを観に プラス湯船林道の視察



山をバックにサンショウバラを撮ってみた。



6月1日

の~んびりAYさんとサンショウバラ見物へ。

棚沢キャンプ場から不老山へのルートは、
10年くらい前に下ったことがあるけれど、
何も覚えていないので初ルートのようなものだ。

帰路は、2013年6月6日に、
つっちーさんと登りで使った湯船林道。
あれから3年、あの多くの崩壊地が
どのように復旧したのか確かめてきたい。



≪ 本日のコース ≫

向河原(旧棚沢キャンプ場)バス停―不老山ハイキングコース―番ヶ平―不老山―
世附峠―樹下の二人(蘇峰台、サンショウバラの丘)でランチタイム―峰坂峠―
湯船林道―不老ノ滝―山口橋―駿河小山駅



バスは、そこそこ混んでいたけれど、降りたのは我われだけだった。まずは吊橋を渡る。

さっそくAYさんがイチヤクソウを発見。ここは少し遅いようで、まだ花が咲いていた。


倒木がひどい所は新しいルートが付けられていた。

ロープが張られているのは間違いやすい箇所か。ルートは左側に進む(振り返って撮影)


番ヶ平では見ごろを過ぎていたけれど、不老山では ちょうど良かった。
サンショウバラの花は一日しか咲いていないそうだ。

あっちも こっちも綺麗どころがイッパイで嬉しいね。


世附峠にはトイレが設置されたとの案内があった。どんなものか見てみたいな。
場所は500m湯船林道方向に行った所らしい。



「樹下の二人」に向かう道が好きだ。

「樹下の二人」は、新しい道標では「サンショウバラの丘」という名前になっていた。


3年前にはあったマユミの枯れ木が、
すっかり なくなっていたのが チョットさびしい。
危険ということで片づけられたのかも。

10年前の8月に、明神峠―不老山―不老の活路を歩いた時、
ここで草刈り中のNPOの方々に、マユミの木だと教えていただいた。

片側の枝が、大きくひさしのように張り出した
ユニークな形の木が何の木か、ずっと気になっていたので、
分かってスッキリしたのを覚えている。

ここは甲相国境尾根方面の良い展望地なんだけれど、
今日は暑いので 霞んでいるのが残念。

ランチのあと、稜線上を峰坂峠まで歩いて、そこから湯船林道に下り
トイレ見学をすることにした。


この石のテーブルとベンチの所から、湯船林道(左側)に向かって下った。

出てきた所はここ(振り返って撮影)


林道を世附峠方向に戻る。ちょうど さっき歩いた稜線の下(南側)になる。
林道は1000m先で修復中のようだ(振り返って撮影)。

造林小屋の所の山抜けは 相変わらず。この上あたりの上の方が悪沢峠らしい。


あった!簡易トイレだった。
場所は ちょうど世附峠(正面右方向)と、不老の滝方向との分岐点だ。
せっかくなので使わせていただいたが、けっこう綺麗だった。

で、ここからは3年前の様子を思い出しながら辿った。
以前は登り、今日は下りなのでチョット分かりにくいかな。

3年前の記事はこちら ↓ 
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-321.html


今、我われは左から歩いてきた。世附峠は正面の右方向(振り返って撮影)

「これなら、もう車も走れるね」と言った時、ちょうど工事の車が追い越して行った。
ここは、たぶん前回の記事の崩壊地⑥だと思う。


上と同じ場所を少し進んで撮影。



崩壊地⑤の所だと思う。



この林道、よく覚えている(崩壊地④)。AYさんは入ったことがあるそうだ。



ここは見覚えがあった。
前回(崩壊地③)も、まったく同じアングルで撮っていた。



たぶん崩壊地②だった所。



ここが つっちーさんと どうクリアーするか相談した①「丸太の崩壊地」。

①を振り返って撮影。あまりの変化に戸惑ってしまったほど、綺麗に修復されていた。


今回も「不老の滝」へ寄り道♪



工事は、一応?今年12月までらしい。

懐かしい山口橋。ここから駿河小山駅までの道のりが長いのだ~!


でも、小山の町中は久しぶりなので嬉しかった。。




今日は、お花見ハイキングということで、
大きなカメラにしようかと思ったけれど、あっ、逆、逆。

AYさんからお誘いいただいた際に、
大きなカメラで行かれるコースならば、という条件にしたのだった(笑)

だけど、経験上?
いつ良い子から悪い子に、道を踏み外すか分からないので(笑)
一応、備えあれば何とやらで、コンデジにして、
簡易ハーネスと短ロープも持参したのだった。

今回は杞憂に終わって残念!ほっ~!どっち?(笑)
AYさん、ありがとうございました♪



≪ 本日の出あい ≫

今回の主役は、やっぱりサンショウバラなので、蕾から開花までを。美しい色だなぁ



この感じ、何とも艶めかしい。



花びらの濃淡と、雌しべ・雄しべの黄色のバランスがいいね。



さらに、虫のグリーンがワンポイント加わって絶妙。こんなの見られてラッキー♪



はい、開花完了!でも、色も形も何だか味気ない。やっぱり、開きかけが好きだな。


ラッキーな出あいはサイハイラン。うん、紛れもなくランだ。



いつも萎んで茶色っぽくなった時にみていたので、こんなに綺麗だとは思っていなかった。



イチヤクソウは まだ綺麗に咲いていた。二ヵ所で確認。



これはタダモノじゃない気がした葉。クマガイソウに似ているけれど、今ごろおかしいし・・・



ウツギも満開で、まるでコデマリの木のよう。アップと全体。



サワギク。今年は あまり見る機会がなかった。

色も形も、ノバラのあっさり感が好き。


モミジイチゴの実が、もうなっている!撮影後、いただきま~す。

ツクバネウツギ。


ベニちゃんも発見。



寄沢で見たばかりだったのに、ヤブデマリの名前が なかなか出てこなかった。
小山の町へ向かう途中でAYさんが突然 思い出した。









スポンサーサイト

Comments: 4

2016-06-15 Wed 10:02:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はっぴー URL 2016-06-15 Wed 10:34:25

2週間後のUPになってしまい、
かなり とうがたった記事に・・・(^^;
(今後、言えなくなっちゃいました~)

そうですね!
花との出あいも、無意識の選択とタイミング、
そして見逃さない“眼”によるところが大きいですね(^^)
こちらこそ ありがとうございました。

den URL 2016-06-17 Fri 13:44:45

はっぴーさん
ご無沙汰してます。サンショウバラ素晴らしいですね。昨年と今年はまぼろしの滝にかこつけて、参上してませんが、やはり行きたいですね。来年は6月1日辺りに。

はっぴー URL 2016-06-17 Fri 19:00:34

denさん

お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

サンショウバラ、見ごろに間に合いました(^^)
開花時期の予想は難しいですが、
たぶん来年も6月1日なら大丈夫でしょう。
ぜひ、ご鑑賞にいらしゃってください。

・・・まぼろしの滝、拝見しなくちゃ。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 夏の丹沢 > サンショウバラを観に プラス湯船林道の視察

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top