Home > 2016年 春の丹沢  > 今年の初沢はヤタ沢で・・・シャワークライムでシャキ!

今年の初沢はヤタ沢で・・・シャワークライムでシャキ!




モロに水をかぶったけれど、登れてうれしかった。シャワーは意外に好きなのだ♪
                ※ 記事中、私が写っているのはイガイガさん撮影写真



5月19日

いつか、岳舟さんとブナ情報の やり取りをした際に、
「夫婦ブナ」のことを伺ったのだった。
http://www.geocities.jp/thansunjiti/ikoispot/ikoispot2.html

以前、見ているかもしれないけれど、覚えていないので
キッチリ意識して、もう一度 会っておきたかった。

花では釣れないイガイガさんも、大木でなら かかりそう(笑)
ということで、矢駄沢(ヤタ沢)をからめてお願いしたのだったけど、
3月の寒さに中井に逃避行。
今回、シロヤシオの季節に計画が再浮上し、
急きょ AYさんも同行されることになった。



≪ 本日のコース ≫

矢駄沢から檜洞丸



矢駄沢橋―矢駄沢(ヤタ沢)―神ノ川林道下通過―
ヤタ尾根―熊笹ノ峰―檜洞丸(ランチ)―檜洞丸北尾根
―神ノ川林道―矢駄沢橋



なるほどね、「やだざわ」ではなく「やた沢」なんだ。

今年 初めての沢遊びなのでワクドキだ。



最初の水流で、イガイガさんから滝撮影のレクチャーを受ける。




ご覧のとおり、何となくレベルアップした気がする。

ロープをつかんでヨイショ!AYさんを追いかける。



左と中:大きな堰堤を巻く。  右:最初の10m滝。




その上にも似た感じの10m滝。こっちの方が風情あるロケーションだ。




左の岩を登って落ち口に立った所を下からイガイガさんがパチリ。




日陰の沢中を歩いていると暗くなるので、たま~に振り返ってみる。緑がまぶしいよ♪




左の写真の滝を左岸で巻いて沢に戻ると、飽きさせない程度に滝が出現して楽しい。






今回一番楽しんだ トップ写真の滝ね♪
先陣を切って取り付いたけれど、足かけた途端にドバッーとシャワー。
「カッパ着なきゃダメだ~」と、いったん戻ったら、
イガイガさんの「なんだよ~せっかく写真撮ろうと思ったのに~」の声。





で、ユニクロの撥水ジャンパーを着こんで再チャレンジした
(ズル~!とか言ってる人あり・笑)
途中の一歩がなかなか出ずに、かなりシャワーを浴びたけど
登り切って気持ちスッキリ爽快。





(この写真はAYさん撮影)


次、AYさん来まーす♪ アッという間にクリア。




はい、イガイガさんも。ねっ、シャワー気持ちいいでしょ!




さらに、お楽しみが続いたあと、神之川林道が見えてきたら、その手前に数基の堰堤登場。
幸い、鉤型?垂直階段があって楽にクリアできた。




橋をくぐって、振り返り見る景色は新鮮!




しかし、行く手には心 萎えるような倒木の山。テンション下がって尾根を登ることに。




でも ねぇ~これがまたAYさん好みの(笑)いつもの気が許せない急斜面。
ストックをドライバー代わりにして一歩一歩慎重に登った。




先に行ったAYさんに追いつくと、なんとドッカと腰を下ろして“おやつタイム中”。
風景に違和感なく溶け込んでいるのが楽しくて、思わず笑ってしまった。
(この座り方、いいでしょ!)




登山道に出ると木を見る余裕ができて、同定を楽しんだ。
下の写真はハリギリの大木で、幹周りが3m70cmもあった。
大木になるとこんな木肌になるとAYさん。葉が落ちていないと分からないな。






主稜線が近づくとブナ林が広がる。ササが息を吹き返してきた感じがするとイガイガさん。

これが“夫婦ブナ”。けっこう老木でワチガイソウなど着生していた。


角度を変えて、もう一枚。




すぐに主稜線。人とポチポチすれ違うので挨拶係を仰せつかる(笑)




以下、檜洞丸までの「スカッと丹沢♪♪」を一挙16枚。アナグマも登場でラッキーだった。


















はい、檜洞丸に到着!
団体さんがいて賑やかだったけれど、間もなくツツジ新道へ向かったので、
あとは個人の登山客だけでホッ。
それにしても、今度の土・日はスゴイ人出だろうね。と三人の意見一致。





のんびりランチを済ませて、北尾根に入る。

10年くらい前に2回、登ったことがあるけれど、残念ながら最盛期は過ぎていた。
紅白の花びらのじゅうたんがガスの中で綺麗だったっけ。
洞北尾根のシロヤシオ、いつか最高の時季に見たいと思っていたので
ワクワク ワクワク。

下り始めると、シロヤシオのトンネルが切れ目なく続いている。
う~ん、素晴らしい! しかも花が開きたてで清らかだ!!
当たり年の当たり日に恵まれ、
「今後、これを超える鑑賞はないだろうな~まさに、ラッキー&ハッピー♪♪」
と思いながら、一歩一歩 大切に歩いた。





















キャプション抜きの写真のみが多くなってしまったけれど、
花や景色の素晴らしさを伝えるのに、言葉は不要。
(決して、手抜きでは なぁい・笑)

イガイガさん、AYさん、楽しさ満杯の山遊び、
ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫

イイ色だなぁ、ハンショウヅル。

カラマツソウとバッタリは思いがけなかったので嬉しい♪



オトシブミ。今日の布団は起毛であったかそう。

エンレイソウは葉っぱだけ。



つっやつやで きれいだな、ウリハダカエデの新芽。

ガクウツギって、よく見ると面白い顔だ。



ユキザサにも会えた♪

ミツバツチグリかな。



タニギキョウは小さくて可愛いけれど、キッパリ自分を持っている感じがするよ(2枚)




これって、どう見ても菜の花だよね、何で今ごろ こんな所に? 何か所かで見た(2枚)
→ shiroさんより「ハルザキヤマガラシ」とご教示いただきました。




左:ツクバネソウ。赤いのは雌しべの先端だそう。  右:ギンランはAYさんが発見。




左:ワチガイソウがたくさん咲いていた。  右:ぷくっとふくれっつらのマイヅルソウ。







スポンサーサイト

Comments: 4

Tsubaki URL 2016-05-26 Thu 10:51:18

シャワークライミング気持ち良さそう(^^♪
今は決して真似をしませんけど。
気持ち良さそうと感じる季節になりました☀

珍しく(強調)(^O^)
のびのびとした解放感たっぷりの沢&山でしたね(*´▽`*)

はっぴー URL 2016-05-26 Thu 17:14:44

Tsubakiさん

シャワー浴びても暖かい日だと すぐ乾きます。
ファイントラックは優れものです。

はい、稜線漫歩、この時季は気持ちがいいですね♪
ヒルうじゃうじゃ,暗~い植林の中とは大違いです(^^)

shiro URL 2016-05-26 Thu 17:17:53

シャワーの楽しさが伝わってきます。
僕はシャワークライミングが嫌いですから、羨ましいとは思いませんが、シャワーで滝を登る写真は絵になるなぁ・・・と。
はっぴーさんのblogは写真が綺麗なので、見ていて気持ちが良いです。
菜の花っぽいのはハルザキヤマガラシだと思います。

はっぴー URL 2016-05-26 Thu 18:46:48

shiroさん

ご教示、ありがとうございます。
ハルザキヤマガラシ、「花のおもしろフィールド図鑑」で
確認しました。
この花、ちっとも知りませんでした~!

blogの写真のこと、ありがとうございます。
“お水”関係(笑)の写真は さすがイガイガさんですね(^^)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 春の丹沢  > 今年の初沢はヤタ沢で・・・シャワークライムでシャキ!

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top