Home > 2016年 春の丹沢  > ヒョンなことからアカチガ沢右岸尾根(仮称:熊尾根)へ

ヒョンなことからアカチガ沢右岸尾根(仮称:熊尾根)へ

 
 

アカチガ沢の滝見後、目的の尾根に取り付くと、四つん這い登りの急斜面が続く。
kazさんとナナちゃんと。(イガイガさん撮影)



5月1日

4月28日の臨時支部会の時に、私が“早退”したあと
飲んだ勢いで?「8周年記念コラボ」の話がまとまったらしい。

連休中にイガイガさんとのコラボの予定があったので、
「それの代わりということで参加させて欲しい」とお願いしたところ、
「ヒル地獄だけど、悲鳴をあげない約束でなら」
という厳しい条件付きでOKをいただいた。

まぁ、ヒルはダニより始末がいいけれど、
今季初なので“ゼーッタイ!!”という自信はない。
なので、2回までは許容ということでイガイガさんとの交渉成立。

あとから、kazさんとナナちゃんも参加ということを知り、うれしさ倍増♪


【 本日のコース 】

クマ尾根



土山峠―堤川林道―林道終点から左岸作業径路―宮ヶ瀬尾根―ハタチガ沢
―アカチガ沢出合―熊尾根(アカチガ沢右岸尾根)―ゴジラの背尾根―
J ピーク(俗称)―鍋嵐(ランチ)―堤川山(能ノ爪)―堤川林道―土山峠

※ 記事作成にあたり、イガイガさん撮影の写真を6枚 拝借しました。



トップがナナちゃんで堤川林道へ。続いてイガイガさん、kazさん、シチミさん。 




シチミさんとナナちゃんのツーショットをねらうも、
写真嫌いのナナちゃんに外された(笑)
そんな様子を愛おしそうに見ているシチミさん。 
                 

右上と下:林道終点から植林地を登って、宮ヶ瀬尾根に乗った。ここは通過点。



乗っ越してハタチガ沢に下降し、対岸に登り返す。
J ピーク ・ ナベワラシ ・ 堤川山(能ノ爪) 、う~ん 久しぶりだなぁ

沢に下降して、水をみると



ナナちゃん、大喜び。シチミさんが投げた棒を素早く拾ってくる。さすが、猟犬!




アカチガ沢出合の少し奥にかかる滝を撮影。木々がジャマでうまく撮れない。




左:沢を左岸から右岸に渡って、いよいよ熊尾根に取り付く。トップの写真も、このあたり。

右:ナナちゃん、こんな所でもヘッチャラで登っちゃう。四輪が羨ましい!(振り返って撮影)



細尾根、ガレの急登。面白いけれど、久々で気持ちが引き締まる。
最初は違っていたお二人の服装が、脱いでいくと似てきた(笑)違いは頭とザックの色だけ。

右:シチミさん 左:kazさん



ここがシチミさんが転げ落ちた斜面。実際は写真より急。




kazさんが立っているチョット下の木に熊が居たとのこと。

その時の熊の様子をシチミさん自らが再現。何だか、とてもリアルでゾクゾクしてきた。
特に、あとで単身でカメラの回収に行ったのがスゴイと思った。



落ちた場所から這い上がり、尾根を登ってきてみると、ここに2頭の小熊が眠っていたそう。
突然の人間の出現に、母熊は子どもを守るのに必死だったんだろうね。気持ち分かるわ。




“検証”を終えて、尾根上を鍋嵐に向かう。それにしても、このピンクテープは!?

鍋嵐の山頂でランチ。食を通じて、ナナちゃんと少しだけお近づきになれた(笑)



新緑の尾根歩きは実に気持ちいい。一人じゃない安心感もあるしね。

例の木でのナナちゃんのポーズ、決まってるね。



さぁ、最短ルートで帰りましょ!

おっ、この奥ゆかしき赤テは、もしや? さっきの、ピンクひらひらとエライ違いだね。



この細尾根の右側のバラ線に、ナナちゃんは服、私は髪の毛が引っかかった。
身動き取れず助けて~!!

無事、林道に下りて、ヒルとダニのチェックをするシチミさん。



宮ヶ瀬湖の奥に丹沢主脈のはじが見えた。




一匹だけ手に付いたけれど、
悲鳴はあげずに余裕の対応ができたので
今後もヒルは大丈夫だろう・・・・か?

なーんて思っていたら、
土山峠の着替えた所では、大3匹がアッという間に取り付いてきた。
いや~素早いのなんのって!!

武器の塩が手元になく、一瞬、どーしよう!と焦ったけれど、
悩んでる時間などないので、手で剥がして捨てた。
うん、これなら今後もヒルに勝てるかもしれないな。

シチミさん、イガイガさん、kazさん
貴重な体験ツァーに同行させていただき、ありがとうございました。
10周年される時は、またご一緒させてください(笑)
・・・・でも、さすがに それはないでしょうか

シチミさんの記事 もどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/wbxxn864/71185409.html


≪ 本日の出あい ≫

マルミヤマゴボウ。

コバノガマズミかな。



今、あちこちで咲いているヒメレンゲ。

ギンリョウソウもいくつか見られた。



この時季、黄緑の葉に紅い花が目だつカジカエデ。

林道沿いに白く浮き出るガクウツギを見ると、梅雨も近いかな~と思う。










スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 春の丹沢  > ヒョンなことからアカチガ沢右岸尾根(仮称:熊尾根)へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top