Home > 2016年 丹沢1回お休み > 春の白馬探索 ― その2 ―  3日めが最高だった!

春の白馬探索 ― その2 ―  3日めが最高だった!

 


八方池に続く階段には途中から雪が積もっていたので、戻って尾根を辿った。
正面鋭角のピークは、左から唐松岳、不帰ノ嶮Ⅲ峰、Ⅱ峰南峰、Ⅱ峰北峰、Ⅰ峰。
その右は不帰キレットと天狗ノ大下り。

≪ 2014年の秋に行った時の八方池 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-433.html



4月26日

今日は昨日、おとといと違って黄砂が少ない。
まぁ、何ていいお天気なんでしょ♪
白馬三山もスッキリ美しく見える。

「雲が出ないうちに、上に行って写真を撮りたいな」
と気持ちが はやる反面、
「いやいや、先にシークレット・ミッションでしょ。
それ、やっておかないと落ち着かないっしょ!」
と、自分に言い聞かせ、目的地へ向かった。

結果は、今まで以上にうまく事が運んで大満足。
カモシカくんの姿まで見られ、今年はツイテルナ~と・・・・
(ウソウソ、その時はイノシシかと血の気が引いたのだった(笑))

シークレットなので、詳しいことが書けないのが残念。



春の白馬村を、ゴンドラとリフトの八方駅に向かう。すでに昼を回っている。急げ急げ!




八方駅(770m)から八方池山荘(1830m)までの料金は、往復2900円。
この快晴下、山々を近くで眺められるなら安いものだ。
どこまで行かれるかは雪の状況で判断しよう。

チケット売場で、「写真を撮りに、行かれる所まで行きたい」と説明すると、
「無料貸出長靴があるので、八方池山荘まで行かれたらどうですか」とのこと。
まあ、何てラッキーな! 自分の靴では雪の上は歩けなかっただろう。



ゴンドラリフト「アダム」で兎平へ向かう(振り返って撮影)




ゴンドラからリフトへ乗り継ぐ所も雪。このスキー場はスノボーの人は見かけなかった。




リフトからズームで撮影。右が五竜岳で中央の双耳峰が鹿島槍ヶ岳。
2月のスノーシューでは鹿島槍と爺ヶ岳が眼の前だった。




リフトを2本乗り継いで、赤い屋根の八方池山荘からスタート。
まずは石ゴロの急登(振り返って撮影)




帰りのリフトは4時10分で終了だ。
けっこうセッセと登るが、後ろから人が追いついてきた。
「速いなぁ!」
てっきり男性かと思ったら、女性だった。
この時は「どこまで行くのですか?」「八方池まで」
という会話だけで道を譲った。
・・・・私も八方池まで頑張ろうかな。



つい立ち止まっては景色を撮ってしまう。女性の姿はみるみる小さくなった。
登山道では第二ケルン(2005m)から雪があった。長ぐつ大正解。




気持ちが清々するなぁ。白馬三山(右)と、のっぺりしているのは天狗尾根。




こちらは五竜側。足を滑らせたら一気に下まで行きそうだ。




ズームで不帰ノ嶮のⅢ峰(左)とⅡ峰の南峰、北峰も迫力満点!




白馬三山もズームで。右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。カッコイイ!




前回は看板で眺めた景色、今日はバッチリ見られてバンザーイ!!!




ということで、この写真を撮ってくれたのは先ほどの女性だった。
帰りは途中まで ご一緒させていただいた。

北丹沢の山岳マラソンにも何回か参加されたことがあるそうで
(どうりで健脚なわけだわ!)ヒルやダニの話でも盛り上がった(笑)
「塩の道」やスノーシューなど、共通の話題が多く、おしゃべりが楽しかった。

ビックリしたのは その行動力。まさにスーパーレディ♪ 
そのわけはコチラ ↓
http://www.homesinn.net/

≪ 当日のブログはコチラ ≫
http://ameblo.jp/homesinn/entry-12154275749.html#cbox



今年の春の白馬行は、お天気に恵まれ、
予定していたことも全てスムーズにいった。
目いっぱい遊んで満足満足、充実した4日間を過ごせたことに感謝。



≪ 本日の出あい ≫


おお、もしや これは!?
数十年前、苗場山で初見して以来のシラネアオイかと胸が高鳴ったけれど・・・・
こんな林の中に?信じられない!開花したものを見つけなくちゃ!!




ジッと目をこらしてウロウロしていると、あったー!!!(角度を変えて3枚)








そして、艶やかで大きい この葉!真ん中にチョコンと白い蕾が顔を出している。
図鑑でしか見たことがないけれど、もしやツバメオモトでは?咲いている株を探すと



あったー!!!何とも言えない穢れなき白、何て可憐なんだろう。
天にも昇る想いでシャッターを切った(2枚)






ふと、足元に目をやると、ムムム、これはミヤマウズラではないかい!数株発見。




リンドウの花びらは、どなたのエサになっているのかな?やさしい色あいに癒されるね。




たぶん、コミヤマカタバミかな。葉が丸っこいから。




カタクリは色と言い、形と言い、特別な気持ちにさせる花(2枚)






もう少し早ければ、セリバオウレンの群生と出あえた。




少し傷みがあっても美しいキクザキイチゲ。




八方尾根で唯一出あったのがショウジョウバカマだった。一番早く咲くんだ!




色も似ているし羽もボロボロ。てっきりヒオドシチョウかと思ったら、羽に目玉があった。
クジャクチョウだね。このチョウも冬を成虫で越すそうだ。頑張ったんだね、お疲れさま。




ああ、きれいだなぁ。蕾がまだあるね。




終わりかけた梅の花色が隠れ蓑?でも可愛いお顔が見えてるわよ(笑)




今年も細野諏訪神社の大スギを見に行った。
推定樹齢1000年で、樹高41m、周囲10m余。この太さに畏敬の念がわく。




― ナイショ話は小声で ね―

プロローグはあったけど、エピローグはカット。

もう一つ かかえている「シチミさんとの熊尾根コラボ」の記事は
明日のニカニカ集会が終わってからってことで・・・・(涙)
 





スポンサーサイト

Comments: 6

ホームズインさおり URL 2016-05-08 Sun 00:59:05

白馬八方尾根で一瞬ご一緒させて頂きました、一眼レフを持っていらしたから、写真が上手なんだろうと思ってましたが、ブログ拝見させて頂き、「やっぱり〜!」と思いました(笑)あの時に一緒に見た北アルプスもショウジョウバカマもステキに撮れてますね!

shimasaan URL 2016-05-08 Sun 05:07:16

いや~、久しぶりにブログを覗かせていただきましたが
残雪の後立山山麓を、目一杯楽しまれていますね~

しかも、ハッピーさんが歩くと、どーしてこんなにたくさんの
華麗な花たちに出会えるのか……

貸し長靴で歩いた八方尾根の、山の写真の解説も
もうバッチリで、でも、それ以上無謀に上に登らないところも
身をわきまえたハッピーさんらしい。 

Tsubaki URL 2016-05-08 Sun 17:44:17

なんて美しいシラネアオイに撮れていますね~✿
さすがにミヤマウズラはまだでしたか?
発見・さすがです🌼

はっぴー URL 2016-05-08 Sun 19:38:09

さおりさん

一瞬でも楽しいご縁にハッピー♪になりました。
あの雄大な景色の感動を共有できて嬉しかったです。

カメラはネオデジで高性能ではありませんが、
レンズ交換なしでズームと接写ができるので
重宝しています。

ブログ、時々訪問させていただきますね(^^)

はっぴー URL 2016-05-08 Sun 19:57:07

shimasaanさん

少し訪問がズレると、新顔の花たちに出あえるんですね。
針葉樹林内の宝探しは楽しかったです。

八方尾根から見える山々の解説はツケヤキバです(^^;
でも、不帰ノ嶮を歩かれた方の詳細な記事を見つけ、
つい手に汗握って夢中で読みふけりました。

こんな軽装での写真は 誠にお恥ずかしい限りです。

はっぴー URL 2016-05-08 Sun 20:07:29

Tsubakiさん

想定外の所での出あいに目を疑いました。
お花の発見一つで、ハッピーな気持ちになりますね♪
ミヤマウズラまでは欲張りませんよ~(^^)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 丹沢1回お休み > 春の白馬探索 ― その2 ―  3日めが最高だった!

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top