Home > 2016年 丹沢1回お休み > 念願の「ろくざん亭」で 二人女子会♪

念願の「ろくざん亭」で 二人女子会♪




これは3月3日に車道から撮影した写真。



セツブンソウを見たくて 高尾山に行ったのが3月3日。
その帰り金毘羅台コースを下りてくると
「ろくざん亭」という写真のような食事処があり、
外にあったパンフレットをいただいてきた。

ネットで検索すると

【ろくざん亭は150年〜200年前の古民家や農家の古材5軒分を
長野や富士東京近県より集め1本1本の個性ある古材を
新たに生かすようにデザインされ五年以上の歳月をかけて建築されました。
作られた音のない非日常的な空間の中での癒しのひとときをお楽しみ頂けます。

ろくざん亭では化学調味料は一切使わず、素材やダシ、お水(井戸水を引いています)
などにこだわった、身体に優しいお食事をお召し上がり頂けます。】


う~ん、これは建物もお料理も 一度味わってみたい。
ということで、4月20日に学生時代の友人と訪問してきた。



まずは建物の外観から。トップ写真の向かって左側はこんな感じに続く。




そして、右側にはこんな趣のある出窓があった。




我われの今日の会場は「彩雲」という個室だった。扉を開けると




落ち着いた空間が広がっていた。その広さにビックリ!(実はこれは宴の跡の写真)




最初はこんなお料理がセットされていた。そのあと、次々に出てきたお料理の写真撮影を
すっかり忘れてしまった。とにかく夢中で味わい、おしゃべりを楽しんだ♪




出窓の奥には庭の新緑が眩しく輝いている。癒されるなぁ♪




写真撮影OKなので、トップ写真右側の建物内の様子を
見える範囲で撮らせていただいた。雰囲気、伝わるかな(8枚)




































なぜか、古民家は落ち着く。
たぶん、太い古木が醸し出す“何か”があるのだろう。
死して なお・・・・木ってすごいなぁ 

お料理も、丁寧に作られたもので
気持ちが豊かになった。
食通の友人も満足してくれたようだ。
瞬く間に過ぎた癒しの時間は
二人を ひととき過去に戻し、少し若返らせてくれたようだ。

ごちそうさまでした。



≪ 本日の出あい ≫

川沿いの遊歩道に、ニリンソウが可愛く咲いていた。清純そう。




それに比べるとイチリンソウは華やかで大人っぽいかな。両花の葉の形にも注目。




ジロボウエンゴサクは少しボケてた方がいいね、って負け惜しみ?(笑)




ホウチャクソウは毒草ですって!




フデリンドウはやさしい色だ。




つぶれたようなツボスミレは花が小さいので、葉が大きく見える。ハッとするような白だ。




チゴユリは花びらが とんがっているので攻撃的に思えるけど小さくて可愛い花。




ラショウモンカズラ。不思議な色と形だけど、まじまじは見たくないかな(笑)




最後は葉っぱのドレスのイチリンソウの姉妹で。




24日から27日まで、今年も春の白馬へ行ってきます。
どんな自然と出あえるか楽しみ~
お目当てには、あの山菜も (^^)v








スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2016年 丹沢1回お休み > 念願の「ろくざん亭」で 二人女子会♪

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top