Home > 2015年~2016年 冬の丹沢 > 道志側から大室山周回の Vルート♪ 霧氷に歓声

道志側から大室山周回の Vルート♪ 霧氷に歓声


  

“冬の華”の黒と白の世界に、何度もシャッターを切った。 大室山方面はガスの中。



12月26日

早いもので、今年も今日が納めの山遊びになってしまった。
どこがいいかな~と考える。
今、気になっている、というか、
ずーっと再訪したいと思っていた茅ノ尾根に行きたいな。

10年以上前に、吊橋を渡って この尾根から大室山に登ったけれど、
ほとんど記憶に残っていないんだよなぁ・・・・
上部のブナ林が良いとのことなので、イガイガさんに同行OKをいただき、
道志側からの周回ルートを計画した。

お天気は良いとの予報だったんだけどね~
現地は怪しい雲行き、ナンジャこれ!ってテンション下がったけど
甲相国境尾根では別世界に遭遇し、感激したのだった。




コース: 大室指(おおむろざす)に駐車―林道椿・大室指線―
     林道終点からヤケハギ尾根の枝尾根に取り付くーヤケハギ尾根合流
     ―前権現―前大室(甲相国境尾根に乗る)―破風口―大室山―茅ノ尾根
     ―1131mから北へ―大岩―大室沢横断―駐車地       


 ※ コースは下図参照。
   歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。




大室山




林道椿・大室指線の途中で、ガスのかかる道志山塊を見る。長尾のあたりかな。
 



林道終点は地図の位置より少し奥だった。




地図で見ると、ちょうど林道終点のそばから
登れそうなヤケハギ尾根の枝尾根が出ていたので取り付いた。
思ったより急登が続いて、ヤケハギ尾根に合流するまでが長く感じた。



登れそうな所から取り付いたけど、ズルズルで登りにくい。




サクラの大木以外は、目だつ木がなかった。




ヤケハギ尾根に合流する少し手前の1060mくらいから元気のないヤブが出てきた。




田代沢からのルートが1350mで合流する。右に赤テがついている。




すぐそばにトタンの屋根があった。前権現の祠の名残りかな?
この辺のことはイガイガさんにお任せしようっと。




この付近で出あったもの。左上は何かの糞。この時季 木の実が目だつね。
右上はきれいな赤のミヤマシキミの実。有毒木。

少し標高が上がった所ではコメツガ(左)もミヤマシキミ(右)もレース?の縁どり。



ゆるやかな登りになって前大室に近付くにつれ、霧氷が多くなった。思わず歓声♪
大室山までの甲相国境尾根プロムナードの、冬ならではの風景を10枚続けて どうぞ。































途中で単独の登山者3人とスレ違ったが、うち一人は若い女性のランナーだった。
また、以前は見かけなかったいくつかのオブジェ?があって楽しかった。



そのうちの一部を紹介。右下は富士山のようだ。登山道整備の方の作品かな?




西ノ肩のベンチをスルーして大室山でランチ、こんな日だし すでに1時、貸切だった。




今日は山頂から、「大室指」の道標方向の茅ノ尾根を辿る。うれしい~な♪




霧氷が華やかだったのも山頂付近までで、50メートルも下ると かなりウッスラとしてきた。
ずっとドンヨリしていた空がパッと青空になったので、あわててパチリ。




この辺りはブナの美林帯と表記されている所だけど、季節のせいか あまりパッとしない。




1311メートルまでの尾根上で目立ったのはクリだった。
一見、コナラかな?と迷う木肌だけど、
確たる証拠(笑)のイガイガが たっくさん落ちていた。

まさか、山中に こんなにクリが多いとは思っていないので、
これがなければ、コナラと判断してたかもしれないね~
とイガイガさんと話したのだった。



何本も見ていたら、何となくクリの木肌の特徴が分かったような・・・・
でも、後日、他で見たら、また悩むかもしれないな。




1131メートルから茅ノ尾根を離れた。
ここからはマジで地図読みに専念した。
途中で、ちょっとキワドイ所もあったけど、
後続の“司令塔”(笑)のおかげで軌道修正、
最後はイガイガさんによるアドリブ下山?で、駐車地にピッタリ着地となった。
はい、メデタシメデタシ。



登りなら迷うことはないだろうが、下りでは1050メートル付近の
だだっ広い所で北西の細尾根に乗るのが難しい。でも、ワクワク感に生き返る~(笑)





トラバースで軌道修正した先に、突如 大岩出現でビックリ!




フジキの大木も ゆったり立っていた。




ずっと心に引っかかっていた茅ノ尾根のブナ林再訪が実現したうえ、
こんなに豪華な霧氷が見られるとは夢にも思っていなかったので
とてもラッキーな山納めとなった。
やっぱり高い所には別の世界があるんだな~
1000メートル登って良かったわ♪

イガイガさん、今年も一年間 ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。



これにて、2015年の宿題から解放され、やっと新しい年へ レッツゴー!








スポンサーサイト

Comments: 8

レガー URL 2016-01-08 Fri 20:38:12

今季はまだ2回程しか霧氷になっていないのでは。
そのタイミングに行かれたのは最高ですね。

白黒だけの世界も美しいですね。
霧氷を見上げる先が蒼空でしたら、それこそ
言う事無しです(^^♪

私も観られたら嬉しいな。

サクラスミレ URL 2016-01-08 Fri 21:02:06

ようやく完全復活ですね。
本年もよろしくお願いします。

ようやく少し冷え込んで冬らしくなりましたね。
丹沢の根雪がない笹原や崖地のヤシオに付く霧氷が
一番美しいと思っています。
私も見たくなりました。

はっぴー URL 2016-01-08 Fri 21:47:33

サクラスミレさん

コメント、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
今年も独特のスタイルの
真似のできない花探索を楽しみにしています。

丹沢の霧氷を見に、ぜひ足をお運びください。

はっぴー URL 2016-01-08 Fri 22:10:20

レガーさん

晴天を信じて行ったのですが、
思いがけない方に転んでくれてラッキーでした(^^)
今回の霧氷は、道志側より丹沢側に より多く付いていました。

寒くて日の短い時季、丹沢でも高い所には行きませんが
違う世界を見るには、耐寒や早起きにめげない気丈さが必要なんですね~
いろいろご多忙のようですが、
今シーズン蒼空の下で霧氷が見られるといいですね(^^♪

Tsubaki URL 2016-01-09 Sat 15:41:38

明けましておめでとうございます。
白と黒の世界(^^♪
お見事です。
随分と霧氷が発達していましたね。

今年は暖か・ポカポカ陽気
身体には良いです(^^♪

今日は春の花、スミレ・ヒメウズ・イヌノフグリ等に挑戦しに里山へ
花の開花は早いですが、まだまだこちらの修行不足でした📷
今年も山野草楽しみましょう✿

登山道整備のため、すぐ脇に咲いた珍しい花が犠牲となりました(≧◇≦)

はっぴー URL 2016-01-09 Sat 16:27:35

Tsubakiさん
今年も花のお写真を楽しみにしています(^^♪

Tsubakiさんの青空をバックにした霧氷も素敵でした。
私は、これが最初で最後かもしれませんのでラッキーでした。

もうスミレやヒメウズですか!?
早すぎて戸惑いますね。
山中で咲く楽しみにしている花たちの開花も
予想が難しいかもしれませんね。

犠牲になってしまった珍しい花は何でしょう??
後ほど拝見させて、あっ、なくなってしまったんですね!
残念ですね(;;)

還太郎+3 URL 2016-01-10 Sun 08:03:36

はっぴー先輩殿

霧氷の世界を堪能させていただきました。
特に1枚目と「大室指」の案内板の次の、
青空の下で花を咲かせているかのような
樹木の写真には見入ってしまいました。
お見事‼︎

当方、3週連続で週末を田舎で過ごし、
野菜作りに目覚めた妻の指導を受けて作男的日常を
送っております。

本年も「新たに一歩」を楽しみにしています。
先輩の健脚、健写、健筆を祈念致します。

はっぴー URL 2016-01-10 Sun 18:22:26

還太郎さん+3さん
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は山用のカメラで撮ったものですが、
霧氷が豪華だったので思ったより良い絵になりました。
青空は、一瞬のことでしたのでラッキーでした(^^)

年末で更新が途絶えていましたので、
お忙しいのかなと思っていました。
ふるさとでの野菜作り、新たな楽しみですね。
美味しい結果が伴うなんて 羨ましい!
今年は野菜のお写真も楽しみにしています♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年~2016年 冬の丹沢 > 道志側から大室山周回の Vルート♪ 霧氷に歓声

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top