Home > 2015年 丹沢一回お休み > いつもの散歩道で季節を味わう

いつもの散歩道で季節を味わう

 
 



左はじにパラグライダーが入っていた! 富士山を眼前にして気持ち良いだろうなぁ




12月19日

今日もお天気が良いので富士山が見えるのが うれしいね。
そして、なんだか得した気分になるから不思議。
だからかな~ いつも遠・中・近と3枚セットで載せたくなってしまう(笑)



またまた うれしい出あいが♪
黒い実と同じ目、葉と同じ緑の洋服で、ヒサカキの中に隠れているのはアオバトくん。




クロガネモチ、トウネズミモチは見たことあるけど、カナメモチは初めてかもしれない。
コノ手の葉っぱは同じようで覚えられない。今回、下に名札ありで分かったけど。




イヌザンショウは まだ葉を付け、自分がイヌザンショウだと主張していた。




ツバキは 一重のピンクや白が いい。花びらのシワが初々しい。




闇の中にポッと浮かぶ清らかな気品。




ロウバイを初めて見たのはシダンゴ山の帰りだった。5番目に好きな香り。




タイアザミのドライフラワーは、陽に輝くと意外にきれいだね。




これは頭高山でたくさん見かけたオケラ。ドライフラワーになるんだー!




ススキの穂もドライ ドライ ドライになって陽に輝く。




こんなロケーションのススキが好み。




この景色に出あえてラッキー♪ この尾根を歩いて良かった。




途中で気づいた、ここは子どもが小さいころに ママ友と歩いたことがあったと。
そのころ4歳だったひと。




冬の黄昏時が好きだなぁ




かつて村の人々の信仰の道だった。道が整備され、所どころ照明があるのも うなずける。




今日は、12月1日に、弘法山の山頂から途中まで下った、
南南東方向の尾根を最後まで見届けて、東海大学前駅に出ることにした。
前回、トラバースした地点を通過して下って行くと、
う~ん、何だか懐かしいような気持ちになってきた。

弘法山は、ご近所のママ友とよく遊びにきて、いろいろな道を歩いた。
ここも そのうちの一つだったようだ。

山道には ぼんやり記憶があるものの、下におりると様変わり、
新興住宅地の中は地図の表記と違っていて、分かりにくかった。

で、突然、現れた黄色のジャンパーを着た3人の男性方と
途中まで同行させていただくことに。
地元の見回りの方々で、年に2回程度 当番があるそうだ。
何かお話が伺えるかと思ったのだけど、
弘法山には あまりご縁がないようで収穫なし。
チョット残念だった。








スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 丹沢一回お休み > いつもの散歩道で季節を味わう

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top