Home > 2015 秋の丹沢 > 1ヶ月なんて待てない~ ヨモギ平の大ブナに あいに♪

1ヶ月なんて待てない~ ヨモギ平の大ブナに あいに♪

 
 

雲と影のおかげで、スケール感ある晩秋のヨモギ平となった お気に入りの写真。



11月21日

肋骨にヒビが入って3週間が過ぎた。
お医者さんからは全治1ヶ月と言われたけれど、
そろそろ脚と気持ちがムズムズしてきた。(笑)

ちょっと不安もないわけではないけど、
コルセットしていけば何とかなるだろうと、
イガイガさんにリハビリの同行をお願いした。

さて、どこに行こうか?
こちらは1ヶ月も間があいているし、
イガイガさんも以前 骨折した足首の調子が良くないとのこと。
そういうわけで、「ショート&安全」コースがいいね・・・・

頭に浮かんだのはヨモギ平の大ブナのこと。
あちこち歩いていられるAYさんが「丹沢一かも!?」と太鼓判を押す大ブナだ。
今日は のんびり表敬訪問といってみよう。




ヨモギ平大ブナ


コ ー ス : 地獄沢橋に駐車―下熊谷ノ沢右岸尾根―ヨモギ尾根―ヨモギ平(ランチ)
         ―熊谷ノ沢右岸尾根―清滝橋―地獄沢橋

         ※ コースは上図参照。
          歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。





車道から藤熊川へ下りるまでに、小砂利に足をとられて二度滑った。
ケガ以来、家の近辺をなるべく歩いていたのだけど、
やっぱり傾斜のない舗装された上品な道だからねぇ
山は厳しいのだよ、との戒めだと思って
以後、ダブルストック使用、用心用心で進んだ。



下熊谷ノ沢右岸尾根に取り付いてすぐ樹間ごしに藤熊川の堰堤が。




久しぶりの山は何でも新鮮。かえでの落葉にさす影がいい。




こちらはスポットライトのような光。主役はイタヤカエデ。




少し遅かったけれど、名残りの紅葉には間に合ったかな。




青空に濃淡のある紅葉が映える。




下熊谷ノ沢右岸尾根はハリギリが多かった。中でも立派な幹周り3メートルのもの。




ヨモギ尾根に乗って、植林の中をゆるやかに登って行くと
反対側に周りと比べてひときわ目だつ大木が見えた。
あれだ!!



近づいてみると、やっぱり思ったとおり目的の大ブナだった。



言葉は いらない。
ただ、この興奮と感動を共有し、受けとめてくれる他者がいれば・・・・



さらに近づいて反対側から撮影。




斜面の下側からもパチリ。




すぐ下から見上げると いっそう迫力アップ。




この小枝?は どうなるのかな。




私が今まで見た中で一番太かったのは、本間ノ頭南東尾根のブナ。
今回のヨモギ平のブナは、それ以上かもしれない。
これはまさしく一見の価値ありだった。AYさんに感謝。



植林を抜けるとテンニンソウの枯れ原が広がっている。正に天国と地獄?(振り返って撮影)




ケヤキとテンニンソウのヨモギ平を進んで行くと




右手に若くて姿の美しいブナ発見!得した気分~♪




この木も、さっきのブナのように大きくなってほしいなぁ




のんびり昼食をとっていると、
ボスコの方から男性2人と女性1人のパーティが現れ、
三ノ塔へ向かって行った。

我われも途中までボスコへの道を辿り、その先は
760メートルから北東に延びる熊谷ノ沢右岸尾根を下ることにした。



車道歩きより熊谷ノ沢右岸尾根の方が楽しいよ。




まぁ、豪華! オレンジ色の花を咲かせたようなオオモミジ。




最後の方はミツマタ混じりの植林だった。




再び藤熊川を徒渉して車道へ上がり、駐車地まで戻った。

さて、本日の目的は もう一つあった。
スマホの地形図で現在地を知ること、
今回スマホに変えたのはそれが一番の目的だった。

とはいっても、この手のことは説明を読んでもチンプンカンプン。
ということで、イガイガさんに ご教示をお願いしたのだったが、
「山旅ロガー」と「地図ロイド」がゴチャゴチャになって、
前途多難って感じかな。
まぁ、これから気長に取り組んでいこう。

イガイガさん
リハビリお付き合いとスマホレクチャー、ありがとうございました。
二回めからも無料講習で、よろしくお願いします。








スポンサーサイト

Comments: 2

還太郎+2 URL 2015-12-06 Sun 09:36:54

復帰戦にしてはハードでは?と思いましたが、完走おめでとうございます。巨木に惹かれます。
どうぞお気をつけて‼︎。5161

URL 2015-12-06 Sun 15:08:29

還太郎+2さん

ケガはしたくないですね~ (^^;
腹筋と背筋の衰えが予想以上でした(涙)

巨木・・・・今春、日経の夕刊の「あすへの話題」に
村田喜代子さんのエッセイが掲載されていましたが、
3月27日の中に以下の一文あり。
「巨樹とはまさに地球上で最大、最長齢の生物であることを実感した。」

どの回も共感する部分が多く、 とても楽しみでした。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015 秋の丹沢 > 1ヶ月なんて待てない~ ヨモギ平の大ブナに あいに♪

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top