Home > 2015 秋の丹沢 > 大界木山南面を下降し 戸沢右俣で巨木探索

大界木山南面を下降し 戸沢右俣で巨木探索

 


戸沢と その支尾根を登り下りしながら、畦ヶ丸―モロクボ沢ノ頭 間の
登山道に向かう途中の1120m地点で。(この写真、好きなアングル)


 
10月18日

15日の夜、M氏と急きょ戸沢の右をやることになったのでと、
イガイガさんからのお声掛けがあり、
まぁ、お二人の足手まといになるかもしれないけれど
ここは面白そうな所なのでズーズーしく ご一緒させていただくことにした。

待ち合わせは、道の駅道志、
ここからM氏の車に同乗させていただき水晶橋のゲートに駐車し、
東沢林道を てくてく歩いて浦安峠に向かった。



大界木山から戸沢




コ ー ス : 水晶橋にP―浦安峠―大界木山登山口―甲相国境尾根―大界木山―
         大界木山南尾根から戸沢へ―巨樹探索でウロウロ―モロクボ沢ノ頭―
         大界木山―浦安峠―水晶橋

        ※ コースは上図参照。
          歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。





東沢林道を歩いて行くと浦安峠だった。
そういえば、ここは以前、来たことがあったのを思い出した。

2011年の2月のことで、
道志の湯-検見ヶ丸-越路峠-鳥ノ胸山-浦安峠-道志の湯 
と歩いたのだった。
ああ、メチャクチャ懐かしいなぁ

そして今日は ここから甲相国境尾根への続きを歩けるのが嬉しいね♪



浦安峠へは正面の奥から出てきた。右は 鳥ノ胸山へと続く尾根、今日は左の尾根へ
(振り返って撮影)




取り付きは急斜面のザレなので、M氏がお助けヒモを出してくれた。




でも、その後は危険箇所もなく歩きやすい尾根だった。出てきた所にはトオセン棒
(振り返って撮影)


そして甲相国境尾根には この看板があった。



朝陽の中をルンルンで大界木山(1246m)に向かう。




大界木山からは まず南尾根を下降し、
1140m付近から進路を南東に取り、戸沢に降り立つ予定のところを
なぜか気分良く南尾根を下り続けてしまい
途中から修正して行き着いたのが、あろうことか
かの有名(迷?)な奥野歩道の「水昌沢」の道標の所だった。



ヤブ対策をして突入するも、ほどなく穏やかになってしまい拍子抜けした。




快晴にコミネカエデの赤が映えて美しい。




そして、大ブナは空を黄金色で染めている。




トラバースした尾根で素直に育った大ハリモミと出あった。ラッキー♪
幹周りは510センチ。


下に実を発見。



地形図では等高線が密な急斜面で、おまけに下がズルズル~
キャーッ!っていう悲鳴があがったとかいう話も(笑)




既に目新しい話題ではないけど・・・・ここは戸沢なのにさ。字も違っているし。
この“不名誉な?道標”を早く何とかしてあげてほしいな。奥で何やら密談中?




戸沢の渓畔林はチドリノキが多かった。葉の付き方が何とも可愛らしい。




本日の目的である巨樹を求めて戸沢を遡る。




ケヤキっぽくない木肌のケヤキは葉っぱで判明。360センチ。




これは あまり見かけない こぶこぶブナだ。




さらに出あいを求めて居そうな雰囲気の方へ。




おっ、少し高い場所にサワグルミ発見。


スラッとした柳腰のような?美人さんだった。



コケが素敵な雰囲気の所を入って、奥で右岸へ取り付いた。




上と下に分かれても




結局、同じ場所で次なる目的地を偵察(笑)
ここは写真では伝わらないけれど、かなりの急斜面。




上の写真の場所から下ったのがトップの写真。
で、今度は また枯れササの中を登って、畦ヶ丸―モロクボ沢ノ頭 間の登山道へ。





ハウチワカエデとブナの黄葉・紅葉が混ざり合ってカラフル~♪




登山道に出た。




モロクボ沢ノ頭に来ると、ハウチワカエデの見事な紅葉が。黄葉はミズナラだね。




少し先での寄り道は、前回発見の巨木ハリモミの再訪。
最近、出あった巨木の中では一番!この根の迫力にノックダウンされた。




甲相国境尾根 大界木山までの秋景色 (4枚)








なかなか見られない角度から。正面が大室山。左の凹が破風口、
さらに左の高いピークが加入道山。大室山の手前は水晶沢ノ頭。(イガイガさんよりご教示)








イガイガさん、 M氏
同行させていただき、ありがとうございました。
本日のコースにより、図らずも大界木山までの未踏部分がつながりました。



≪ 本日の出あい ≫

リュウノウギクが可憐。




クチベニタケかな。




イタヤカエデの黄が鮮やかで、思わずパチリ。




コケも魅力的だ。




行きに蕾だったリンドウは


帰りには元気にパッチリ開いていた。







スポンサーサイト

Comments: 2

Tubaki URL 2015-10-29 Thu 10:12:44

ご無沙汰でした。
自分のブログ、掲載が追いつきました(^^;)

巨木探し・藪こぎにすっかりはまってしまいましたね(^^♪
今日はいずこへ・・・って興味深々です。

「水昌沢」見た記憶があります
その時は戸沢なのに「すいしょう」と普通に読みました(^^♪
流石のチ〇○クです(笑)

はっぴー URL 2015-10-29 Thu 14:01:17

Tubakiさん

ブログ、良かったです♪
私は、あちらで拝見するより、
ご自身のブログのお写真の方が
雰囲気が伝わって好きです。

巨木探しは花探しと同じですが、
季節を問わずの所と、見つけやすいのがいいです。
ただ、木は複雑で鑑定が難しいです。

「水昌沢」、たぶん2回目です。
流石のチ〇○クは、
私ではなく“Vの達人”たちの賜物です(^^)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015 秋の丹沢 > 大界木山南面を下降し 戸沢右俣で巨木探索

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top