Home > 2015 秋の丹沢 > 畦ヶ丸西エリアのVルートで 巨木に遇う

畦ヶ丸西エリアのVルートで 巨木に遇う




現地では分からなかったけど、この巨木はハリモミだった。



10月8日

なんと素晴らしい秋晴れだろう!
こんな日に山遊びができるなんて、最高にハッピーだ。

今日は、イガイガさんにお願いして、
一度 歩いてみたかった横浜市道志青少年野外活動センターキャンプ場、
バン木ノ頭、モロクボ沢ノ頭、忘路峠(犬峠)を結ぶ逆台形のようなコースに
プラス畦ヶ丸山頂とチョッピリのVルートを楽しんだ。

基本の逆台形コースは以前 知人が「巨木が多くて良い雰囲気だ」
と言っていたので、ずっと気になっていた。

このコース、昭文社のエアリアの2011年までは
赤破線で記載されていたけれど、12年から消えているのは、
この野外活動センターが廃止になったからだろう。
キャンプ場内はじめ登山道には、
センターが設置した道標や赤テが残っていた。




バン木ノ頭



コ ー ス : 室久保林道にP―野外活動センター(廃止)―
         ひのきノ頭―バン木ノ頭―モロクボ沢ノ頭―
         畦ヶ丸―モロクボ沢ノ頭への登山道1240mから
         戸沢源頭に下降―甲相国境尾根―忘路峠(犬峠)
         ―野外活動センター―室久保林道P
        
※ コースは上図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。





前を通ったことは何回もあるけど、中に入るのは初めて。どうなっているのか興味シンシン。




これが道標。忘路峠からは道が分かりやすいらしいので、まずバン木ノ頭に登ることにした。




キャンプ場内、最初はチョット戸惑ったけれど、ほどなく植林内の登山道に乗った。




赤テも豊富に付いていた。この辺はモミが多かった。




これもモミだ。細かく分かれた枝がニョキニョキ四方に延びている。夜だと怖いかも。




ウラジロノキの葉が陽に透けて きれい!




おお、これは!!あいたくない方の爪痕じゃん。




これも野外活動センター作成の道標のようだね。




この細長~い実を今日歩いたコース中の数ヶ所で見かけた。さて、何だろうか?




ヒャッホーイ!これは丹沢で一番見たかったコシアブラの葉だわ。




キョロキョロ 辺りを見回すと、あったあった!間違いない!!でも、残念ながら高木だった。




途中で富士山発見、ラッキー。でも、木々がジャマで 中腰撮影でこれがやっとだった。




はい、あっけなく?登山道に合流。ベンチがあって、ここでひと休み。
イガイガさんは以前ここを通った際に、この「活動センター」への道標が気になったそうだ。




ヤマボウシの紅葉が始まっていた。グラデーションが いいね~




あっ、またあった!!コシアブラの黄葉が大好きだ。これも高木だった。




ハウチワカエデは まだグリーン。却って緑が新鮮に感じた。




畦ヶ丸の山頂に向かう途中で、渋い秋色に変わっていく丹沢を。




足元ではアキノキリンソウが陽に輝いて




イワシャジンはポツンと淋しげに うなだれていた。




ブナが多くなってきた静かな尾根を のんびり歩けるのがうれしい。




ブナの黄葉は早いんだね。


葉を見るとイヌブナのようだ。



ヤマボウシもイイ色出してるから、つい撮ってしまう。


ここ、早いね~!!陽に透かしてみるからスッキリしている。



稜線に出ると、思いのほか風が強くて冷たかった。




AYさんによれば、畦ヶ丸の山頂にはミズメがあるそうだ。
今まで思いもしなかったけれど、今日はぜひ探して、観たい。
実は、山頂の手前でも、数本、それらしい木があったのだけどね。
木肌がダケカンバに似ていた。

山頂でランチしてウロウロ探してみると、数本あった。
他に、幹回り115センチのヤマボウシもイガイガさんが見つけた。
ヤマボウシにしては太いかな。



ミズメなんて木は知らなかった。確かにダケカンバの樹皮に似ているね。


葉はチョット ブナに似ているかな。



ふと目に留まった小さな苔が面白かった。




今回のコースでは、葉の付き方に特徴があるヤマグルマも多かった。




山頂を後にし、来た道を戻り途中の尾根から沢に下ることになった。まずは枯れ笹のヤブ。




下って行くと、途中にミズメが数本あった。分かり始めると目に付くのが面白い。




沢床が見えて来た。




降り立った上流側は細かい枝沢に分かれていた。




甲相国境尾根に登り返すため、沢を横切って対岸に取り付いた(振り返って撮影)




少し登ると、このミズナラの大木が立っていた。幹回りは370センチだった。




さらに、登って行くと、トップ写真の巨樹が出現!これには興奮した。




幹回りは460センチだったけれど、斜面に立っているので測定が難しい。
もっと太いのではないかという気がした。さて、何の木だろう?




双眼鏡で葉を見ても、カヤかモミか・・・・ということになったけれど
何の木かはハッキリ断定できなかった。
帰宅後、イガイガさんから この木がハリモミだと教えていただいた。

へぇ~、ハリモミっていう木があるんだ~
しかも丹沢に!
ミズメにしろ、ハリモミにしろ、木の世界も限りなく奥が深いような気がする。



木のそばに、さっき見たのと同じ実が落ちていた。そうか、この木の実だったのか。




秋は陽が短いので、甲相国境尾根に出て、ほっとした。




モロクボ沢ノ頭から大界木山は未踏なのだった。
残念ながら、今日は一気にはクリアーできない。
でも、少し未踏区間が埋まったのが嬉しい♪



当然、ここ 忘路峠も初めて。この道標は野外活動センターから登って来た人用だ。




沢沿いに行くと、ほどなく尾根に乗る。アチコチに赤テがついているので迷うことはなかった。




キャンプ場に入る手前にこの道標が出てきた。
これがないと、登りの場合、「ひのき前頭コース」に進んでしまいそうだ(振り返って撮影)




林道沿いのススキが陽に輝いていて美しかった。秋らんまん?




今日のワクワクは、やっぱりチョッピリのVルートだった。
この辺は沢や尾根を上り下りしてウロウロするのが面白そうだ。
未知の巨木が人知れず居そうな気がする。

ということで、
イガイガさん、またよろしくお願いします。









スポンサーサイト

Comments: 4

イガイガ URL 2015-10-14 Wed 20:39:42

知識がないぶん、毎回の山歩きで吸収するものが多いです。
今回も、あの短いルートながらずいぶん勉強できました。

おがげで課題もいっぱい残しましたが、それもまた楽しです。

はっぴー URL 2015-10-14 Wed 22:27:25

新知識が入りますが、古いのは忘れています。
記憶容量はふえていないような・・・(^^;

私は今回、丹沢でコシアブラが確認できて
メチャクチャうれしかったです。

den URL 2015-10-18 Sun 12:52:35

はっぴーさん、お久しぶりです。
ご無沙汰しておりまして申し訳ありませんでした。

樹木へのチャレンジが続いているように拝見しましたが、
ハリモミ、ミズメってのは、初めて知りました。
その実を発見して、かつ知らない実をみて、これ何?がつながるなんてすごいですね。

ミズメも、ハリモミと同じように、実が球果という、私の拙い言い方では
パイナップルの外側みたいになっているんですね。
勉強になりました。

私ももう少ししたら、丹沢をいくつか歩きたいと思います。

はっぴー URL 2015-10-18 Sun 19:28:50

denさん

コメントありがとうございます。
先日、denさんのブログを訪問し、
相変わらず精力的に活動されていらっしゃるので
またビックリしました。
私には夜行バスの利用は、もう無理かな~と思います。

尾瀬の記事を拝見して、
若いころ歩いた会津駒から中門岳、尾瀬までの縦走をしてみたいと思いましたが、
今でも桧枝岐までのアプローチに時間がかかり、
チョット無理だと諦めました。

そうですか。丹沢も忘れないでくださいね♪
あっ、今日もハリモミの大木に遇うことができましたよ (^^)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015 秋の丹沢 > 畦ヶ丸西エリアのVルートで 巨木に遇う

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top