Home > 2015年 夏の丹沢 > 山伏歩道&樅ノ木林道から西沢再訪へ

山伏歩道&樅ノ木林道から西沢再訪へ

 



水量が少ないけれど、大滝手前の滝は上まで
登れるので面白かった。



8月15日

せっかく今季の初沢歩きをしたので、
間が空かないうちにと第2弾ををお願いしたところ、
「行き先は?また丸投げ?」と返ってきたのでシメタ♪
再訪したかった西沢か樅ノ木沢をリクエスト、
結局、西沢に決定した。

初訪問は、M-Kさん、shiroさん、堰堤博士、ardbegさんたちと
2011年6月だった。

当初、帰りの混雑が予想されるお盆を避けて、
13日の予定だったのだけど、あいにくの悪天で延期となった。
やっぱり、沢を気持ち良く歩くには、お天気の優先順位は高い!

ついでに、私的 “判断基準”については下記のとおり。
カナヅチゆえに、一番避けたいのはゴルジュのある沢。
両側岩壁で、脚が立たない深さは
怖いのとウス気味悪いの両方で絶対ヤダ。
それに比べたら、ヒルもヤブコギも許容範囲だ。

でもでも~
やっぱりフリーで登れる小滝と、ナメの綺麗な沢が楽しいかな。




山伏峠 西沢



コ ー ス : 山伏峠付近にP―要所小屋ノ頭―山伏歩道―水ノ木林道―樅ノ木林 道
         ―西沢入渓―遡行―1306Pの西側稜線―1297.3P(石保土山)―
         要所小屋ノ頭―P地

 ※ コースは上図参照:沢装備。
   歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。





最初の鉄塔では、ガスが湧き上がり展望なし。ススキが目だって秋を感じた。




資材が置かれていて補修工事中だった。大棚ノ頭へ向かう。




要所小屋ノ頭を巻いて南の尾根に入る。ここはヤブが切れているけれど、




数分歩くとこの通り。ヤブ中は雨のしずくで濡れるので、防露装備のいでたちで突破。




おお、懐かしい~!M-Kさんたちと歩いた山伏歩道だ。




この地形は しっかり見覚えがあるぞ。イガイガさんは熱心に木の鑑定ね。




私はこの時季、あちこちで見られるマツカゼソウをアップで撮ってみた。




何となく付いている踏み跡を辿り、金山沢に降り立った。
徒渉後、左岸の水ノ木林道に上がって、途中から樅ノ木林道に入った。
ここは歩いていないのでキョロキョロしながら行くが、いたってフツーの林道だった。



ただ、このプリンス自動車製のマイクロバスの後ろ姿が見えた時は興奮した。




車に疎いのでイガイガさんにご教示いただいた。前から見ると顔っぽいかな。




樅ノ木橋の階段状の滝が好きなんだけど、ショートカットしたので今日はここから。




イイ感じのナメが先まで続いていてルンルンだ♪




最近、飛沫が面白くてマイブーム。




階段状は楽でいいわ。




渓畔林も癒し系。




倒木に乗って何を撮っているの?




はい、こちらをパチリ。木の模様がとても美しかった!




ここは以前、右のザレザレを巻いた倒木の滝。今回もアッチコッチ試して




結局、イガイガさん先行、ロープを出していただき
倒木を利用しながら左壁を登った。




少し上に炭焼窯が出てきてビックリした。こんな所に!?




その先は楽しい小滝が続いて




ズンズン行くと




4年前と変わらないヒョロヒョロの大棚が現れた。迫力ないね~




でも、イガイガさんが2011年4月に撮影した写真はとてもカッコイイ!
まさにこれぞ大棚って感じなので、ぜひこちらもどうぞ。

http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201104/article_7.html



大棚は下部を少し登って途中のバンドから右に上がる、これはM-Kさんと考えた。




上に登ると木の計測、これは今までになかったお仕事だ。




水が涸れて岩ゴロの急斜面に。登りやすいのでドンドン行くと




壁登場で左岸の尾根に逃げた。でも、これ、前のと同じかな?違うような気もするんだけど。




細尾根、急登でも何とか登れる。




この辺りはスゴイ大岩が、けっこうあるみたいだね~




最後はヤブの急登を詰めて




1306Pの西側稜線に出た。あとは登山道を楽しみながら戻るだけ。




空はドンヨリだけど、朝よりガスが取れて、スッキリとした展望が目の前に広がっていた。




期待はしていなかったのでガッカリはしていないけれど、今日も花が少なかったなぁ
本日、貴重なコボタンヅル。




そして、露が似合っているメマツヨイグサ。




ナメの沢は歩くのは楽しいけれど、
みな同じ感じの写真になってしまいメリハリに乏しい。
前回も今回も、トップの写真に困ったのだった。
でも、写真撮るために歩いているんじゃないから
まっ、いいか。

イガイガさん
再訪できてスッキリしました。
お盆の一日、お付き合いいただき、ありがとうございました。


・・・・帰宅後、どうも苦しいと思ったら、あらっ大変!
一瞬、体重計が壊れたのかと思ったほど、増量していたのだった。
ということで、慌てて3キロのダイエットにチャレンジ。
結果は?
それは次回のお楽しみ~











スポンサーサイト

Comments: 4

イガイガ URL 2015-08-24 Mon 20:09:37

おやおや、沢の判断基準ヒルは許容範囲?
ホントかな~?

じゃ、次回の沢遊びは鳥屋待沢か鍋嵐あたりの沢にしましょうか?
飢えたヤマビルたちが待っているので、
たっぷり血を吸ってもらえばダイエットにも役立つと思いますよ(^_-)-☆

はっぴー URL 2015-08-24 Mon 20:28:22

イガイガさん

ホントですが、
ヒルは、もちろん居ない方が落ち着いて歩けますね。

おほほ、ダイエットは速攻で完了!
ヒルは不要です(^^)

Tsubaki URL 2015-08-24 Mon 20:56:55

今日はここから・・・の小滝
透き通った流れ、美し過ぎます👏

朽ちたバス、まだ所在をアピール🚘
地蔵平のバスは宿泊(^^♪
ここは流石に泊まれませんでした。

床柱のような木目の倒木
綺麗ですね。
流石~目の付け所が違います(*´▽`*)

はっぴー URL 2015-08-24 Mon 22:39:13

Tsubakiさん

最初の小滝、小さいながら形がいいですね!
水も綺麗で、下流では魚影を三度見ました(^^)

このバスは一度見たかったのです。
地蔵平のバスは知りません。と思います。
廃バスに泊まるなんて怖すぎます。
う~ん、一人じゃなければ楽しいかな・・・・(^^;

木目、お持ち帰りしたいくらい芸術的でした♪♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 夏の丹沢 > 山伏歩道&樅ノ木林道から西沢再訪へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top