Home > 2015年 夏の丹沢 > 台風11号の通過後 花の安否が気になって西丹沢へ

台風11号の通過後 花の安否が気になって西丹沢へ

 
 

玄倉川橋の上から丹沢湖を眺めると、人が居た。いつもと違ってカラフルできれいだった。



7月20日

今年も ぜひ会いたかった花の開花時期と、
数年に一度という西丹沢エリアの記録的な大雨が重なって
気持ちがソワソワ、ジッとしていられない。

それでも少し状況が落ち着くまでと我慢を重ね、
西丹沢に向かったのは連休の最終日。

今日は、行きだけイガイガ車に、
西丹沢自然教室まで同乗させていただいた。
暑い中の数回の乗り換えののちに、
ようやく着く公共機関に比べ、ナント快適なことか!
おしゃべりに興じていると、あっという間に到着してしまった。
イガイガさん、大感謝です。ありがとうございました。

で、ここからは単独行動で、
カメラを手に数ヶ所をふらふら探索し、
玄倉14:26のバスで早めの帰着となった。

以下、訪問順ではないけれど、当日の様子を写真で。



いつもと違う湖水の色をパチリ。左はじに永歳橋、正面やや右に大仏大橋。
左の世附権現山(1018.4m)がカッコイイ。奥は屏風岩山方面かな。




玄倉川にいたアオサギ。日本最大のサギで、ジッとたたずんで獲物を狙うそう。




アブラチャンかと思ったのだけど、チョット違うような・・・・何の実かな?




仲ノ沢林道は7月1日から9月30日まで車は入れない。
ゲート手前に1台駐車していた。小川谷かな。右の玄倉林道へ進む。




林道沿いのイワタバコがこれからのよう。




最初の落石防止用シェルター(ロックシェッド)の上に土砂と水がたまって、
上と下でショベルカーが作業中だった(振り返って撮影)




二番目のシェルターはきれいだった。既に作業が終わったのかもしれない(振り返って撮影)




登山者はいないと勝手に思い込んでいたのだけど、
意外にも単独者4人とカップル1組に出あった。
声をかけてみた方は、
畦ヶ丸の予定だったけれど、西沢の橋が使えなくなったので
ユーシンまでの往復に変更したと言っていた。
おそらく、みなさんがそういう方たちだったのでは。

私はというと、シッカリ情報を確認して来なかったので
目的の探し物は無理と判断、途中で引き返すことにした。



大雨後だから、この流れ?なかなかイイ感じだ。




いつもは車やバスで通る「新箒沢隧道」には箒杉のレリーフが描かれている。
そういえば、箒杉をジックリ見学したことはなかったっけ。行ってみようかな。




斜面に鮮やかに夏の色。何だろうと思ったらヤブカンゾウだった。




「箒杉茶屋」は、まだ開いていない。昔の山仲間と、バス待ちで2回 利用したことがあった。




茶屋と道路を挟んで、堂々たる姿の箒杉。左下の杉が細く見える。




新しい説明板によると、
中川のほうき杉は、県下を代表する古木・巨木として知られ、
樹形も整った堂々たる名木。
昭和59年12月に「かながわの名木100選」に選定され、
国の天然記念物にも指定されているそうだ。

樹高:45メートル   胸囲周囲:12メートル
樹齢:約2000年(推定)



階段を登って振り返ると「箒杉茶屋」が見えた。この景色いいなぁ




奥に、古い説明板があって、こちらの方が詳しくて興味深い。




左奥は何だろう?




そばに行ってみると、まだ新しそうな神社だった。きれいに掃除されていた。




どの方向から見ても、弁天杉より若そうだ。




説明板の最後にあった「樹下の小祠」らしきものが右下にチラッと見えたので




少し回り込んでズームで撮ってみた。頭の上に何か乗っている?馬頭観音様かな?
さっきの説明板には「樹下の小祠大室社・熊野社の合祀、地区の守護神であり、
この杉も昔は社木であった。」と書かれていた。




反対側に続く階段を下りると、石垣の間に白いものが見えた。




近づいてみると、「馬頭観世音」と彫られていた。
樹下の小祠と相呼応しているのだろうと一人納得した。








さて、肝心の“気になる花”だ。
探し歩いた結果、ラッキーにも数株 見つけることができた。 

このうっすらとした やさしい紅色、ほれぼれする。
しかもグラデーションになっていたり
透きとおるような繊細な箇所もあったりで奥が深い。

花の構造など難しいことは分からないけれど、
花も葉もユニークで、ずーっと見ていても少しも飽きない。

去年は咲き始めの、上向きの花もあったけれど、
今年はちょうど良い時季だったのかもしれない。
心配していた台風被害にあっていなくて何よりだった♪



































スポンサーサイト

Comments: 6

kantarou+2 URL 2015-07-25 Sat 06:18:05

こんにちは!「気になる花」の名は?

はっぴー URL 2015-07-25 Sat 09:40:20

すみません。あえて伏せさせていただいています。
こちらでご確認ください。
http://hanapapa.world.coocan.jp/Fukushima/benishusuran.html

Tsubaki URL 2015-07-25 Sat 09:53:00

気になる花🌸
今年も見られて良かったですね(^^♪
1枚目の写真凄いです。こんな丹沢湖見たことありません(*´▽`*)

西丹沢自然教室周辺は規制(お願い)されているようですね
ま、木橋の流出などがあり、事が起こると責任転嫁する時代ですから仕方ないですね。
「独り言」それにしても管理人の常駐する山域は、過保護ですね。
累積雨量400mm超 と言われても、及ぼす影響までは、察知出来ないのが現状ですね。
2週間経過して、地盤も落ち着き、流れも穏やかになった頃かなと・・・・
ソワソワしています。
それでもあちら方面は、今暫く我慢します。

はっぴー URL 2015-07-25 Sat 11:40:20

Tsubakiさん

お花に会えてホッとしました。
写真ほめていただけるなんて、とっても嬉しいです(^^♪
複数の色合いで、きれいでした。

私も「独り言」
まぁ、あの辺に行くのは初心者の方が多いので、
事故らないようにと けっこうキツメのお達しなんでしょうけれど・・・・
装備(メット持ってなかったり)やルートが、“枠”からはみ出すと
何となく“極悪人”(笑)みたいにされちゃうのは、どうもね~(^^;

結局、技術も体力も経験も好みも 人さまざまなので
最後は自己責任での判断でしょう。
でも、確実に危険度は大、「君子危うきに近寄らず」が賢明かなと(^^;

明日から、ちょいと夏バテ回復してきます。
「行くぜ!東北!!」(^^)

レガー URL 2015-07-28 Tue 20:58:22

何とも言えない独特の美しさですね。
今年も写真にて拝見させていただき、
大変嬉しく思います(^^)

丹沢湖の降り方は、直撃よりもすごかったようです。

串刺しからあっという間に一か月以上・・・
どこにも出向けずに悶々と過ごしておりますよ。
あと数日で、ようやくそれも解消出来るかなと。

はっぴー URL 2015-07-29 Wed 20:46:19

レガーさん

ホント!色といい形といい、独特ですね。
実物は小さいので、写真の方が細かな部分が
よく分かります。

私が行った時は、大量の流木は隅に残っている程度でした。
7月19日の「カヌーマラソン大会」中止になったそうですね。

レガーさんは、これからドシドシ夏を楽しんでください(^^)
私は、まだ暑い8月がまるまる残っているかと思うと
乗り切れるか自信ナシです。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 夏の丹沢 > 台風11号の通過後 花の安否が気になって西丹沢へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top