Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 地図を見ながら仲ノ沢径路を まったり歩く

地図を見ながら仲ノ沢径路を まったり歩く


▲ 落葉の積もった仲ノ沢径路を行く


かつて、この小川谷源流ルートは、檜洞丸へ至る最短コースとして
登山者に歩かれていたそうですし、また地元の人々も、ケヤキ平のわさび田や
植林のために行き来していたのでしょう。

しかし、今は所どころクモの巣が張り、静ひつな深山の趣を呈する一方で、
自然の中に刻印された「人の気配」は、いつまでも消えることなく、
懐かしいような切ないような、独特な雰囲気を感じさせます。

山深い、この魅力的な古道は、季節を違えて、何度でも歩いてみたい気がします。
 
                        【2004年9月の記述より】



2010.12.2仲ノ沢径路


2010年12月2日 曇り
メ ン バー: Sさん、ハッピー
コ ー ス : 西丹沢県民の森(駐車)―仲ノ沢径路入口―欅平―周辺探索後、往路を戻る
       (行動時間:およそ5時間)

        ※ コースは上図GPSロガーの軌跡参照
          径路は細く、欅平少し手前にシロザレ崩壊地あり




▲ 森林整備業務が行われている


2004年に初歩きしてからは、仲ノ沢乗越へ行く時や
小川谷廊下遡行後の下山路として数回歩いている。

昨年(2009年)11月に東沢に行く際、久しぶりで来たら、
径路への入り口が綺麗に整備されていたので驚いたが、
この森林整備のためだったのだろう。



▲ ここの他にも数ヶ所に資材が置かれていた



▲ スッキリきれい!落ちている枝葉が、まだ新しい



▲ 名残りの紅葉がちらほらと・・・



▲ 「日本大学生物資源科学部森林環境保全研究室」が土砂量の調査中らしい



▲ 木橋もある(振り返って撮影)



▲ 雰囲気の良い径路を行く



▲ この色あい、しぶくていいな~



▲ 欅平直前のシロザレの斜面


2004年の時、すでに沢筋のトラバース道がぬけていた。
手前の小尾根まで引き返して直登し、回り込んで崩れた箇所の上に出た。

その後はつけられているロープで沢筋を登ったこともある。
ロープはもっと長かったような記憶があるのだけれど・・・



▲ 上部にはロープがあるが、落葉も滑るので慎重に登る



▲ 欅平のわさび田跡そば、きれいに土どめ工事がされていた



▲ 欅平はいつ来てもいいな~


ここでゆっくりランチにしようと座り込んだら
なんと ここにもダニちゃんが、ちゃーんといた。
見たくなかったけれど見えてしまった以上、もうのんびりなんて出来なくなり、
優雅なランチは あっけなく終わりを告げたのだった。



▲ AYさんの「ひるね石」を見つけたよ~!


そのあと堰堤の下へ下りて、次回のため東沢への入り口を確認し、
小川谷の河原で「ひるね石」を探す。



▲ 石ゴロの広い河原が続く小川谷



▲ 862Pの西の沢を少し奥に入ると滝があった(復路に探検)



▲ 二人での初記念撮影


短いルートを、これでもかというくらい のんびり歩いた。
地図と地形も二人で納得して帰ってきた。

ところがである。
ロガーの軌跡を見て愕然とする。1ヶ所判断がまったく狂っていたのだ。
これは日が伸びたら、解明に行かなくちゃならないかなぁ。



♪♪ 今回、出会ったもの ――――――――



▲ この季節に欅平で、なんでネジバナが咲いてるの!?


▲ shiro先生のご教示「ニガナではなく多分オニタビラコ」
  これも不思議だよね~


▲ イロハモミジは可愛いね


▲ はかなげなリンドウは風情があっていい


▲ これは分からなかった








スポンサーサイト

Comments: 14

相棒 S URL 2010-12-13 Mon 20:13:02

名残のかえで楽しんで
複雑に入り組んだ地形確認しながら
ゆっくり。
こんな山行もたまにはいいですね。
いつも素通りの
ビジターセンターも興味深く見学できました。

ちしろ URL 2010-12-13 Mon 21:20:21

相棒Sさん

そうでしたね~
帰りに寄ったビジターセンターのこと、すっかり忘れていました。
いろいろ展示してあって、つい引きこまれて面白かったですね。
秦野や宮ヶ瀬にもあるので、時間があったらぜひ。

今年は、ずーっと“名残りの紅葉”だった気がします。
春も夏も秋も楽しかった!

shiro URL 2010-12-13 Mon 23:34:21

>ロガーの軌跡を見て愕然とする
え? どこ、どこ? そういう話、大好きなんですから。
 
黄色い花は、多分オニタビラコ。狂い咲きの多い野草だから、里地だったらこの時季咲いていても不思議は無いけれど・・・。もう雪降る奥地でねぇ。
それよりも不思議なのはネジバナ! こんな所で! ネジバナは鍋割の登山道で見かけた事もあるので(もちろん夏です)、欅平に生えているのも考えられなくは無い。けど、冬に咲いているのは、どうしても解せない・・・。
う~ん・・・。

ちしろ URL 2010-12-14 Tue 00:13:21

shiroさん

>ロガーの軌跡を見て愕然とする
え? どこ、どこ? そういう話、大好きなんですから。

うふふっ、ヒ・ミ・ツですよ~

ネジバナの種、誰かが運んだのかな。
1週間前、松田の辺りでホトケノザやオオイヌノフグリも
咲いていましたよ。みんな狂い咲きですね。

ところで最後のタデ?みたいな花は何でしょう。
ご存知でしたら教えてください。

よ~かん URL 2010-12-14 Tue 00:13:47

こんばんは~♪
もう二ヶ月前のこと、まだ丹沢三滝の最後の一つを見に行っていなかったので、
それを見たいために生まれて初めて仲ノ沢経路に踏み入りました。
そしたら何のことはない、どうやったらこんなところで間違ったのか分からない
程意味不明なところで道を誤り、枝沢をそのまま詰めて行ってしまい、やたらに
急斜面で道じゃないしこれは全く違うだろうと元来たところまで戻ったら、普通に
道あるじゃないか一時間以上ロスしてしまったじゃないか!ってことで、一気に
クールダウンしてしまい、もう少しだけ先を見てから戻ってきました。
これでしばらくお預けです・・・(笑)

って感じだったので、今回の記事は嗚呼この前ダメダメだったところだ~って
感じで読ませていただきました(笑) ホント、今考えてもなんであんなところで
間違ったのは全く訳が分かりません。普通に道になってたのに・・・

この季節とか春とかはこういうところを散策したら気持ちいいでしょうね~
ところで、ネジバナは驚きました。冬ってのにも相当驚くのに、普通よりも明ら
かに寒い場所で咲いているとは・・・

AY URL 2010-12-14 Tue 00:29:51

3ヶ月ばかりおさらばしただけなのに大分変わってますね~!
近々行って見ようかな。

Tぁん沢の山と谷とIゎ子 URL 2010-12-14 Tue 01:40:34

仲ノ沢経路、沢筋で道が不明だったり紛らわしい分岐があったりして、一回で欅平までたどり着くのは無理デスネ~(泣言)
分岐も含めて全ルートの解明を志したことがありますが、志しただけで中断してマス~
GPSログがうまく取れないのも難点ですが、今回のハッピーさん見事に記録されてますネ!

日大の土砂量調査、前にマ隊の報告があって気になってたのですが、アマチュア堰堤観察家(A.E.K.)的には土砂は豪雨で土砂崩れでも起きないと流れるものではないっぽいので、あんな枯沢で調査しても意味ないんじゃまいか!?と思ってました。彼らはプロの土壌観察家、そんなこと当然わかってるハズなのに何で!? 。。。と不思議でした。
しかし今回のハッピーさんの写真を改めて見ると、彼らわかってやってる!という気がしてきました。つまり「調査中」の看板を掲げることによって、無意味なコンクリ工事を阻止しようとしてるんじゃまいか!?と。
とすれば、ククク日大・生物資源・森林環境保全研、オヌシも悪よのう(笑)

ちしろ URL 2010-12-14 Tue 09:52:08

よ~かん さん

「木ノ子幻想」、拝見していましたが、それがまさかこの径路につながっているとは
夢にも思いませんでした。

恥ずかしながら「丹沢三滝」って知らなかったので、検索しちゃいました(笑)
「とある滝を見に西丹沢に行ったのですけど」・・・これは「遺言棚」でしたか~!!
私はまだ見たことがありません。
仲ノ沢径路から東沢に入って東沢乗越を越え、同角沢には下りましたが・・・
その先はこれからのお楽しみです。

この径路、トラバーストラバースなので、どう付いているのか私の頭では
サッパリ分からなかったので一度、ロガーで軌跡を取ってみたかったのです。
最後のシロザレ以外は素直に尾根を巻いて、沢を渡るの繰り返しなんですね。
分かってスッキリ、ロガーに感謝です。

タマゴダケの写真、楽しかったです!

ちしろ URL 2010-12-14 Tue 17:37:26

AYさん

季節のせいもあるかと思いますが、
何だかスッキリサッパリ明るくなっていて、印象が変わっていました。
パトロール、ぜひお出かけください。

ちしろ URL 2010-12-14 Tue 17:55:39

Tぁん沢の山と谷とIゎ夫 さん

おかげさまで径路の軌跡、しっかり記録されていました。
林道は別にして概ね良好なんですが、弱点は乾電池式ということです。
長いコースだと途中で切れてしまいます (;;)
(だいたい8時間はOK,9時間はビミョウ)

なので、あるスジからは買い替えを勧められているのですが(笑)、
オオユラナノ沢ではシチミさんの軌跡に勝ったようなので(笑)、
う~~ん、分からなくなりました。要観察です。

日大の土砂量調査に関しては良くわかりませんが、
ざっと見た限りでは、ここだけのようでした。

shiro URL 2010-12-14 Tue 23:42:11

赤いツブツブの花・・・。スミマセン・・・。この写真だけじゃ、判断できません。
候補としては、ヤナギタデ、ポントクタデ。
どっちにしても、こんな寒い時季に咲いている花じゃありません。
欅平って、もしかしたら暖かい?
たしか・・・。去年ちしろさんが「小川谷上流は野草の宝庫」とか言っていた事を思い出しました。
欅平周辺、要チェックです。来年は重点地域にします。

ちしろ URL 2010-12-15 Wed 01:26:07

shiroさん

どちらかというとボントクタデの方が似ているような・・・
でも、どちらも違うような・・・
おっしゃる通り、この写真だけでは無理ですよね。
欅平、日当たりは良いかもしれません。

「小川谷上流は野草の宝庫」これは違います(キッパリ否定!)
どこかと勘違いかなと思います。

yamajinn URL 2010-12-16 Thu 10:33:41

初めまして、yamajinnといいます。

仲之沢経路、本当に楽しい経路ですね。
今年の10月から11月に掛けて、紅葉の時期に3回も訪問してしまいました。
この様な経路は、いつまでも大事にしたいです。
以前は大分、荒れていたようですが、整備されて歩きやすくなっていますね。
私が訪れた時も色々なことがありました。
土留め工事をしている人達と話をしたこと、登山道の上で木を伐採している人達に声を掛けながら、歩いたこと。
日大の学生が、土砂流失測定の器械を交換中に話を聞いたこと。測定するには手頃な斜面だそうです。上部の斜面にも、目印があるらしく、数人の学生がザイルに捕まり、調べていました。

遺言棚、東沢乗越の下に落ち口があります。私はそこまでしか行っていませんが、左岸側に踏み跡があり、滝ツボまで降りられるようです。

この辺りから同角山稜に行ける尾根を春頃に登りたいと思っています。 

ちしろ URL 2010-12-16 Thu 12:33:06

yamajinn さん

コメントありがとうございます。
実は、モアイ岩の遠足の時に一度お会いしています。
以前、yamajinn さんの記事も拝見したことがありますので、
直接お話したことはありませんが、親しみを感じています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

今秋、3回はすごいですね。本当にこの径路がお好きなんですね。
山の中で登山者ではない方々とお話をすると、
違った視点からの情報が得られるんですね。
つい、挨拶だけで通り過ぎることが多いのですが、
これからはお邪魔にならないような範囲でお話してみようかなと思います。

遺言棚も見てみたいと思いますが、私もyamajinn さんと同じように、
同角山稜につなげたいと思っています。
また、いろいろ教えてください。


Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/50-b7401895
Listed below are links to weblogs that reference
地図を見ながら仲ノ沢径路を まったり歩く from 新たに一歩

Home > 2010年~2011年 冬の丹沢 > 地図を見ながら仲ノ沢径路を まったり歩く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top