Home > 2010年 秋の丹沢 > 思い出の西丸・東丸を再訪する

思い出の西丸・東丸を再訪する


           ▲ 大棚下り口 少し手前の林道から見た紅葉に、気持ちが ふっと和んだ


曇り時々小雨の中、山伏峠から大棚ノ頭経由で
西丸・東丸を歩いたのは2003年5月のことだった。
今、写真を見返してみると、若かったな~と
懐かしさがこみあげてくる。

「人があまり入らないルートのトップは蜘蛛の巣払いだ。
それに今日はヤブコギの露払いも加わる」と、その時の行動報告に書いたが、
今日は気持ちの良い快晴のもと、昔を思い出しながら晩秋の遠足を楽しんだ。




12010.11.28西丸東丸


2010年11月28日 快晴
メ ン バー: M-Kさん、AYさん、ミックスナッツさん、shiroさん、YAMさん、ツッチーさん、ハッピー
コ ー ス : 吉政(駐車地)―高指山―大棚ノ頭―西丸―東丸―水ノ木(馬印)―大棚―大棚沢林道
        ―大棚沢林道支線―切通峠―吉政(行動時間:およそ8時間)

    ※ コースは上図GPSロガーの軌跡参照
      V.ルートが含まれているので、地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件





                ▲ 富士岬平から秀麗な富士山を望む


高指山は昨年の3月に来たが、ここから大棚ノ頭までは未踏。
左に美しい富士山を眺めながら、気持ちの良い尾根道の日だまりハイキングは
ひじょうなるぜいたく~~!!



           ▲ 303鉄塔の雄姿



            ▲ 鉄塔から これから歩く西丸のピークが見えた


※ 最初「東丸」と書いたがM-Kさんから「西丸」とのご教示あり(多謝)で訂正。東丸はもっと遠いのだ!



▲ 美しく豊かなササヤブの中、先行者のザックがチラッと見える



▲ ヤブをこいで到着した西丸は、明るく気持ちの良いピークだ



▲ 今度は金山歩道が横切る地点を探しながら東丸を目指す



▲ 東丸の山頂は以前と比べ明るい感じになっていたが、季節の違いもあるかな


【山頂のブナの木に、黒マジックで「東丸」と書かれた
幅広の黄色いビニールテープがあった。
ササがうっそうと生い茂り、西丸に比べて原始的な雰囲気だ。
こんな所に一人で来たいなんて絶対に思わない。

周囲を見回しても、ちょっと見た感じでは、どこが下り口かわからない。
小枝に付けられた赤布が唯一の目印だ。
しかしここも「ササの退行が著しい」との話だ。】
と2003年の感想に書いたのが懐かしい。



               ▲ カヤトの原を目指して下る


もう少し7年前の記録から―
【山頂からササヤブをズンズン下ると突然視界がパッと開け、
思わず驚きの声がもれる。
この展望は、今までヤブの中を歩いてきたことへのご褒美かな?

尾根から北側が自然林、南側はカヤトの原がゆるやかに林道に落ちている。
秋は一面の銀色で、さぞかしきれいだろう。
だが、まだ小さいものの一帯に植樹されているので、
いずれこの景色も変わってしまうのだろう】



           ▲ 本当に!景色が変わってしまった・・・


林道を挟んで向かいには、丸尾山、鉄砲木ノ頭、三国山の稜線。
丸尾山の奥には明神峠が見えたのだが・・・

今は、カヤトが伸び放題で、向かいの景色が見えにくくなって
素晴らしい景色を眺めながら食べられるはずだったランチの場所が
先へと変わってしまったのが残念。
改めて、自然の力はすごいな~と思う。

このあと、想定外のイガイガさんの登場にメンバー 一同、盛り上がった。
山中で知合いに会うのは良いものだね~♪



▲ M-Kさんのご希望どおり、山ノ神様にドンピシャリ!


shiroさんの的確なRFで無事に山ノ神様に辿り着き、平塚営林署小屋をぬけ
林道歩きの始まり~。

当初は大棚橋を渡って、918Pの東尾根―1007.4Pを経て、
切通峠に行く予定だったが、時間的に無理とのM-Kさん他の判断で
林道歩きになった。

この変更は、9月の台風後の林道の様子が分かるのでラッキーだ!



   ▲ 大棚の水量は5月に来た時よりも多い、上段の左側に流れがある



     ▲ ここまで上がったことがなかったのでVサインで嬉しさを表明 / YAMさん撮影


今まで何度も訪れている大棚だけれど、いつも下で見上げて鑑賞していた。
今回、AYさんが上がられたので、初めて上に行かれることを知った。
それじゃ~行かなくちゃ!とロープにつかまりながら上がってみた。

アッという間にびしょ濡れ!(笑) ものすごい風水圧だった~!!


vvvvvv 大棚見物のあとは、
   切通峠めざして ひたすら歩く! 歩く!! 歩く~!!! vvvvvv
















     ▲ ここが一番ひどかったが木の切り口が見えるので、手は入っているようだ









T1DSC00538
















  ▲ そして辿り着いた切通峠には こんな「お知らせ」が



              ▲ 夕暮れ時の富士山も なかなかハンサムだと思うのよ~ ♡



              ご一緒していただいた皆さま 楽しい一日をありがとうございました。
              機会があれば金山第一歩道&金山第二歩道を歩いてみたいかな・・・








スポンサーサイト

Comments: 6

M-K URL 2010-12-10 Fri 01:59:18

ハッピーさん
お疲れ様でした~! (もっとも、ハッピーさんに疲れなんか感じられませんでしたが・・)
疲れたのは私一人のようでした。(みんながすご過ぎるのだ・・)
懐かしい部分、未踏の部分、イガイガさんとのサプライズ遭遇・・、みな楽しいもので
ありました。やっぱりコラボはエエ・・とM氏は申します。(アレッ、うつったか?)
鉄塔先に見えるピークは西丸かな・・。

ちしろ URL 2010-12-10 Fri 07:53:12

M-Kさん
ご教示ありがとうございます。さっそく訂正いたしました。

その時はさりげなく受け止めていたことが、時間の経過によって凝縮され
“大切なもの”として自分の中に残っていくような気がします。

ああ、あの時はねぇ・・・と話せる方々が今回は6人+サプライズ遭遇の1人
うれしいですね♪

ツッチー URL 2010-12-10 Fri 20:15:08

はじめてのところはいつでもワクワクしますね。
ダニにすっかり仲良くされた私・・・足がいつの間にやら赤く
でも今回は1カ所のみ。複雑(-_-;)
今度はどこの探検かな~楽しみです。

ちしろ URL 2010-12-10 Fri 21:52:20

ツッチーさん
恐怖のダニについて話ができる人が出来たのは嬉しいけど
楽しくない話題ですし、ヒルのようにイマイチ盛り上がらないのは何故でしょう?

ヒルは時期がくれば姿を隠すけれど、ダニは年中どこにでもいるのが
嫌ですね~

と言いつつ、また好んで餌食になりに行くのですから
やっぱり、お〇〇ですよね。

AY URL 2010-12-10 Fri 22:59:59

今回は勝った"。・:*:・゚☆ ネ兄 月劵 禾り ,。・:*:・゚☆"

ちしろ URL 2010-12-10 Fri 23:20:20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

く、く~や~し~い~!!!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/49-6fb95976
Listed below are links to weblogs that reference
思い出の西丸・東丸を再訪する from 新たに一歩

Home > 2010年 秋の丹沢 > 思い出の西丸・東丸を再訪する

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top