Home > 2015年 春の丹沢 > 加入道山北西尾根から白石峠旧道の探索へ

加入道山北西尾根から白石峠旧道の探索へ

 
 
RIMG5473 - コピー
「道志の湯」のそばにあった看板の一部を拡大したもの。



今回 歩いたルート。上の図と比べてみると少しは分かるかな。
旧白石峠



5月23日 晴れ

今日は2006年に歩いたことのある白石峠から道志に下る旧道を
イガイガさんと歩くことに。

一つには、もちろん この旧道を もう一度思い出してみたい
という目的だったのだけど、
さらに、沢沿いで見た大木と再会したいという想いがあった。

当時は樹木にはトンと疎く、
同行メンバーのシオジとカツラだという同定を信じたのだけど、
機会があったら それをシカと確認したいと思っていた。

で、その結末は・・・・



≪ コース ≫
的様(まとさま)に寄り道―池之原/加入道山登山口駐車場―平成橋から林道へ
―加入道山北西尾根 取付き―加入道山(かにゅうどうやま)―白石峠(しろいしとうげ)
―西側の峠道探索―正規登山ルートに合流―東屋―駐車地



「道志の湯」は以前、何回か入ったことがある。
聞くところに寄れば、4年前に改装したそうだ。

すぐそばにある「養生館」という民宿に、一度 泊まったこともあり、
ここの食事が美味しくて品数も多く、感激したのを覚えている。
残念ながら、今は やめてしまったそうだ。



正面奥が「道志の湯」。イガイガさんが撮っているのはトップとは別の案内図。

北に少し戻って林道をテクテク歩いて、加入道山北西尾根に取り付いた。



さっそく木肌撮影に余念がない方(笑)




ああ、今日もヤブかぁ~!ショッボーン!!

ヤブコギは好きなんだけどね。何しろ ほこりがすごくて
目に入るとコンタクトだから痛くて、涙と○○みずが泊まらなくなって とても辛い。



ヤマツツジのやさしい色合いに慰められる。

植林になって、やっとヤブが終わったかと ホッとしたのも束の間で



ヤブ再登場にガックリ!

それでも、だんだん薄くなってきた。やれやれ。



こんな立派なブナたちも現れて




ようやく加入道山の山頂標識に辿り着いた。

人が写っていないけれど、山頂はランチタイムで にぎやかだった。



加入道山に着いて さりげなく花探しを始めたところを、すかさずパチリとやられた(笑)




虫も多くて落ち着かないので避難小屋で食べることにした。小屋に入るの、久しぶりだ。

食後、まだ咲いているトウゴクミツバツツジを眺めながら、白石峠に向かう。



途中から大室山に向かう登山道南側の崩壊地が見えた。

白石峠のベンチから南西に続く踏み跡を辿って行く。



ここは2006年にはヤブが濃くて、
探したけれど この踏み跡などは分からなかった。

で、その時は確か、P1307mから、少し東に下ってから
北へ向かってヤブの中をトラバースし、
途中から沢沿いを下ったのではなかったか。
そして、P1307mから尾根上についている道に960m辺りで出たように思う。
と、これは推測の域だ。

何しろ10年近く前。
しかも当時は自分で しっかり地図が読めず、
ついて歩いているという状態だったから、断片的な記憶しか残っていない。




女性が一人、白石峠のベンチで休憩中。斜めの踏み跡を辿って振り返って撮影。

旧径路かもしれない踏み跡に入ると、ギアチェンジしたイガイガさん
あっという間に先へ先へと飛んでいく(笑)



トラバースを続けて行くと、1307mピークの北側斜面を水平に巻いて
南側の登山道に出たので、ここから引き返した。

少し下り気味に北へトラバースを続けて



今回、白石峠に詰める湯花ノ沢右岸尾根を下ったが、
同行メンバーが記憶により作成した軌跡を見ると、尾根ではなく沢沿いを下っていた。

ああ、またヤブね~(涙)



でも、下りは早い!

ほどなく道に合流した。



そして、カツラと出あったのだけど・・・・以前、会ったのとは違うような気がするな~




懐かしい東屋。ここまでは水質調査の採水で、その後、何回か訪れている。

今回のゴールはここだった。



凝り性&こだわりのイガイガさんのことなので、
今度は登りで辿って、キッチリ見極めたいとのこと。

もちろん依存は ござんせん!
私も、今回のカツラは違う気がするので、
ぜひ、過去にあったカツラ&シオジと再会したい♪
・・・・欲を言えば、も少し花があるといいのだけどなぁ




≪ 本日の出あい ≫ (地味ジミだった)

マイヅルソウに会えて一気にテンション上がった!おちょぼ口が可愛いな~(3枚)












クワガタソウには まだまだ会えそう。




エンレイソウは、たぶん白花だったのかな。花が見たかったなぁ




ユキザサも登場して、興奮したのだった。




これはセントウソウかな?下が葉。




ツルキンバイも花期が長い。




クマシデの花。




ハウチワカエデの幼木。




こちらはコミネカエデ。




おやっ、こんな所にミミガタテンナンショウのカッコいい若者が!









スポンサーサイト

Comments: 2

shuttle URL 2015-06-01 Mon 13:43:36

はっぴーさん、こんにちは~^^
リンクはっていただいちゃって、ありがとうございます。
初心者の私にはまだまだマネはできませんが、
山遊びのお手本として参考にさせていただいてます。
そんな訳で、今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

道志の湯は私も何回か入ったことがあります。
昔は富士五湖方面で遊んだ帰りによく寄りました。なつかし~^^

はっぴー URL 2015-06-01 Mon 19:33:37

shuttleさん、こんばんは。
こちらこそ、はっていただいていたのに気がつかずに すみませんでした。
私の方こそ、写真家さんにご覧いただけるような写真はありませんが、
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m
・・・・雲海シリーズは素晴らしかったです♪

昔、山北のチョットした知り合いの方が言っていましたが、
近い「ブ○の湯」より、温泉の質が良いので
道志の湯の方にわざわざ行かれるとのことでした。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 春の丹沢 > 加入道山北西尾根から白石峠旧道の探索へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top