Home > 2015年 春の丹沢 > 違うルートで 2週続けて赤沢へ 大カツラの探索 ―その1―

違うルートで 2週続けて赤沢へ 大カツラの探索 ―その1―

 
 

鳥屋鐘沢の大カツラに出あってから、赤沢の大カツラにも あいたかった。
やっと念願が叶ったと大喜びしたんだけどね~



近づいてみると、この おみ足は




持ち主が違っていたのでガックリ~!だけど見事なイヌブナでしょ。





2015年5月2日 晴れ

さて、本日のミッションは二つ。

一つは、前から下ってみたかった大界木山南尾根の地図読み。
少し難しそうな所もあるけれど、要所要所を先読みして
しっかりコンパス振れば たぶん大丈夫だろうと思っていたのだけど、
4月の花コラボの時、shiro さんが難しかったと言っていたので
面白そう~♪と、 いっそう燃えたのだった。

二つめは、もちろん前述の赤沢の大カツラ。
こちらは昨年「花のひかり」さんの記事で知り、
ぜひ一度おめにかかりたいと思っていた。

でね、おそらく数ヶ月前のイガイガさんなら
「つまんない」のひと言で一蹴されたと思うのだけど(笑)
最近は、ご本人曰ク
「樹木鑑賞にハマり、それも巨木や大木、古木に老木といった
丹沢の奥地に潜む年代を感じる大樹がお気に入りです」とか。

そうとなったら、やっぱり 鉄は熱いうちに打たなくちゃね♪
リクエストに快くOKをいただき、ルンルンワクワクで出かけたのだった。



≪ コース ≫

道の駅どうし―水晶橋―城ヶ尾峠―大界木山―大界木山南尾根下降
―赤沢出合(ランチ)―赤沢遡行―940m圏三俣中間尾根取付く―
城ヶ尾峠―甲相国境尾根1240mピーク北尾根下降―林道横断―
キャンプ場―道の駅どうし

※ 歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



大界木周回



富士山が頭だけだけど、空は青空うれしいな~




はい、ここはもう城ヶ尾峠。
30代くらい?の男性が休憩中だった。
橋本から歩いて入山、黍殻山避難小屋、畦ヶ丸避難小屋に泊まられて、
今ここだそう。大きな荷物を背負ってだから すごい体力だなぁ






今日は五月晴れ。新緑の中、静かなプロムナードを歩くのは気持ちがいい。




大きなブナ、この辺のは みんな元気だ。




この美しい甲相国境尾根が大好き♪




大界木山に到着。




いざ 南尾根へ。ヤブは最初だけチョット濃かったけれど、あとは淋しい。




足取りも軽くルンルンで下る。




あらっ Vの木があったわ。




位置を確認、意見一致でトラバース。




こっちの尾根にも元気の良い大ブナが多かった。嬉しい。




イガイガさんが撮っているのは




この大きな美ブナ。葉が重なってできる濃淡が、この時季ならではの魅力。




スムーズに赤沢出あいに降り立った。ミッション1完了で、ランチタイム。




そして、 こっちがメインのミッション2へスタート。
左右に目をこらしながら、ゆっくり進んで行く。




この辺りは やっぱりサワグルミが多いようだ。




遡って行くと滝に出た。




振り返って、上から見ると沢幅が狭まっているのが分かる。




もうこの先にはないだろうということで、
この940m圏三俣中間尾根に取り付いて、城ヶ尾峠に出ることにした。




しっかし、この尾根!




思ったより ずっと手ごわいヤブで疲れる~




トップを何回か交替しあいながら進んだが、
途中でポケットに入れていた地図を落としたのに気がついた。




イガイガさんに待っていただき、少し引き返して探してみたけれど見当たらない。
このヤブ登りを も一度やるなんて、まっぴらゴメン! 泣いて諦めよう。




ようやく登山道に出た。
いや~、下から上まで ずーっとヤブだった!
本日の核心と言ってもいいかもね(汗)

途中、うすい道型が横切っていたけれど、
それは奥野歩道で、ここが中でも一番ヤブの濃い所だったと
イガイガさんが あとで思い出したのだった。
奥野歩道歩いていないから分からなかったけど、そうだったの!?



ご覧のようなボロボロ状態で登山道に合流。 周りに誰もいなくて良かった(笑)




1240mピーク北尾根は最初は感じの良い自然林だったけれど、
ほどなく植林になり少しガッカリ。




最後は、ゴールデンウィークのファミリーキャンプで混みあっている場違いな中に、
奥から降りてきた(振り返って撮影)




ここから人、人、人の中を道の駅まで歩くのは疲れるなぁ




ミッション2は失敗だった。
う~ん、どこが いけなかったのかな。
帰って、もう一度 研究してから リベンジだね。

イガイガさん、またよろしくお願いします。



≪ 本日の出あい ≫

帰りの登山道でエイザンスミレを見かけて、とりあえずパチリ。ラッキー♪




今年は よく登場してもらったタチツボスミレ。




ツクバネソウは まだ蕾。




ミツバコンロンソウ。




この葉、何だろう。たくさん出ていた。もしかしてバイケイソウ??




ギンリョウソウは今年初めて。








スポンサーサイト

Comments: 2

Tsubaki URL 2015-05-12 Tue 19:21:24

>遡って行くと滝に出た
見覚えのある滝です。ここまで岩魚が居た(^^♪
この先のヤブこぎ!! 凄いです
オレンジ服で良かったですね。
上衣も黒だったら、〇〇さんと間違えられてますよ(^^♪
枯れて葉の無い笹は、凶器のようですね。

はっぴー URL 2015-05-12 Tue 21:00:25

Tsubakiさん

赤沢は昔、一度遡行しているのですが全く記憶ナシ。
でも、危険な沢ではなかったのは覚えています。
こんな奥地まで釣りに入られていましたか(^^)

枯れササはポキポキ折れて埃だらけ。
まさに“みだれ髪”でした~ (^^;

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 春の丹沢 > 違うルートで 2週続けて赤沢へ 大カツラの探索 ―その1―

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top