Home > 2015年 春の丹沢 > 塩水川本谷から ケヤキと トチの巨木再訪へ

塩水川本谷から ケヤキと トチの巨木再訪へ





イガイガさんが小さく見えるほどの巨木はトチノキ。かと思ったら
AYさんからケヤキとのご教示あり。巨木になると分からないなぁ




4月16日 晴れ

イガイガさんとAYさんと3人で、
塩水川本谷の大ケヤキとトチノキを再訪した。

ここは2010年12月19日に、M-Kさん、AYさん、shiro さん、
MASAHIKOさん、AOKさんと探索した。

その時の「塩水川周辺の巨木を訪ねて」の記事はこちら。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-53.html

今回は、他の木々の同定や花探しも目的にしての、
のんびりまったりの山遊びだった。

あっ、カメラは またもや3人同じコンデジだったけれど、
たぶん滝の写真は差がついているだろうな~(笑)

イガイガさん、AYさん、
とても充実していて楽しかったです。ありがとうございました。



1) 巨木

こちらは正真正銘、お墨付きのトチノキ。イガイガさんがロープで幹回りを測定した。




先日、イガイガさんがカツラと思われたのはシオジだった。お二人、同定中。
→ 4月25日にイガイガさんが三度めの訪問、可愛い♡型の若葉からカツラと判明!!




こちらもシオジ。この辺はシオジとアサダが多かった気がする。




2) 花撮影

自分の格好なんて撮られて知るわけで、花しか見えていない(笑) (イガイガさん撮影)



林道から見える“あの滝”のそばに黄色の花が咲いていた(AYさん撮影)



その花はムカゴネコノメだった。




3) 沢歩き

青空のもと思いがけないほど たくさんのヤマザクラが山肌を彩っていた。




光が沢の水や木々を美しく煌めかせる。




滝はないけれど堰堤はいっぱい!階段で越えたり林道に上がったり・・・・




春の沢沿いは いいね♪




この時季は厚いネオプレーンだから、少しぐらいなら濡れても冷たくないのだ。




でも、こんな所は まだまだゴメン。




のどかな沢沿い歩きは、ちょっと場違い?




この橋から見えるのは




こちらの滝。今日はこの上流に参るのだ。AYさん左を偵察へ。




これが上の写真の滝の落ち口。




ちょっとキワドイ トラバースをして




この楽しい岩登り ♪ 高さはあるけれどスイスイいける。




上からAYさんがパチリ。




なかなか良い展望なのでパチリとしたけど、地図とニラメッコしても同定できず。
以下、AYさんにご教示いただく。
左のピークから順に、JP、鍋嵐、物見峠への落ち込み、大山三峰への稜線、右端が北峰。




の~んびり景色を眺めていたら、お目当ての岩場では待ちくたびれた人あり(笑)




ここは想像以上に広かったのでビックリ!
ランチだけではもったいない!!お昼寝に最適の所だ。




下山は天王寺尾根で。
駐車地に戻り、この時季恒例のヒルチェック!
沢用スパッツをビリッとはがすと、おお、やっぱり数匹付いていた!
次に靴をチェック。おお、こちらも底に数匹。
さらに中敷きを外すと、やっぱり、ここにも数匹。
幸い被害はなかったけれど、今回はかなりの好かれ度だったなぁ(笑)


≪ 本日のルート ≫

塩水川トチ




≪ 本日の出あい ≫

山もミツバツツジの季節になった。




ケヤマハンノキの葉が初々しい。




黄色の炎!今まで眼中になかったイタヤカエデの花をAYさんから教えていただいた。




モミジイチゴの花が清らかだ。




フデリンドウが開花しているのは今年初めての出あい(3枚)












ミツバコンロンソウは前回と違った感じに撮れた(3枚)












コケも新緑の美しさ!




今年初見のヒナスミレに、やっと出あえた。感動!(2枚)








今日のツルシロカネソウは可愛いい感じ(2枚)








あらっ、世附では小さな葉だけだったツクバネソウに、ここでは蕾がついてる。




ちょっとツクバネソウと似ている?でも、葉が3枚はエンレイソウだ。




キクザキイチゲの青色も今年初めてで嬉しい♪(2枚)








丹沢では今年初の白花も見られてラッキーだった(3枚)












艶やかで たくましいエイザンスミレ。




シロバナタチツボスミレが清楚に輝いていた。




見分けが難しいミミガタテンナンショウとマムシグサだけど、これは前者。下記参照。
http://www.boosoo-sanyasoo.com/boosoo/san-b-55.html




これは初めて見る葉。調べたら「シコクヒロハテンナンショウ」に似ていた。
AYさんにご意見を伺ったら、茎葉が1個ではないので違うのではとのこと。
ご存じのかた、ご教示ください。
→ 県の知人のYさんにお尋ねしたところ
「ユモトマムシグサ、という種のようですよ。決め手は、小葉が5枚あることですね。」
との回答をいただき、下記の写真もネット検索され添えられていました。
ご教示 ありがとうございました。

http://mountain.jpn.ph/webalbum/hanaalbum/flowerdata.aspx?AC=JH&FC=6235




え~!もうギンリョウソウ!?とビックリ!




そして、センボンヤリまで登場したのでビックリ!ビックリ!!
季節の駆け足について行かれず戸惑いぎみのわたし(笑)











スポンサーサイト

Comments: 2

AY URL 2015-04-21 Tue 09:40:07

青空に満開の山桜、展望広場の岩場、巨木に沢山の花と、贅沢な山遊びでしたね!
コラボありがとうございました。

あのテンナンショウの仲間は、なんでしょうね?

はっぴー URL 2015-04-21 Tue 10:12:43

AYさん

こちらこそ木々のレクチャーを、ありがとうございました。

山にいるものを、なるべくたくさん知って楽しむ
そんな山遊びが憧れです。
今後とも、ご協力よろしくお願いいたします。

初見のテンナンショウ、とても気になりますね!

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 春の丹沢 > 塩水川本谷から ケヤキと トチの巨木再訪へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top