Home > 2015年 丹沢一回お休み > 春の花たちに逢いたくて ―その2―

春の花たちに逢いたくて ―その2―

 
 
 

花びらが上に反り返るので、虫は雄しべや雌しべに必ずとまるそう。うまくできているなぁ



3月20日

午後からは「城山・かたくりの里」 へ。
私は初めてなので とても嬉しかった。
ここでも ひたすら花たちと向きあって、美しい姿を撮らせてもらった。

とは言っても、まだ新しいカメラと いまいちシックリいかない。
数をこなして、出来は帰ってのお楽しみ~♪
と開き直っての結果が以下(笑)

まずは看板娘のカタクリから。















こちらは南ヨーロッパ原産のキイロセツブンソウで初見。ちょっとフクジュソウに似ている?




でもフクジュソウの方が、やっぱりゴージャスかな。




初めて見たユキワリイチゲは品のある薄紅色。蕾で残念!




シロバナオキナグサは あっさりした感じ。花びらのようなのはガクだそう。




今年初見のシュンランは、丹沢で見たかった(2枚)








かたくりの里にはいろいろな花があった。
その中で、株も種類も多かったのが
ミスミソウとオオミスミソウだった。

私にははっきり区別がつかないけれど
ピッキオの「花のおもしろフィールド図鑑」に、
下記のような記述があった。

【ミスミソウはピンク色のものと白いものとがあり、
太平洋側には白色のものが多いです。】

【オオミスミソウは体が少し大きいだけの、ミスミソウの変種です。
しかし、見た目が立派なものが多く、花もたくさんつけるようです。
また、同じ場所でも純白から紫まで実にさまざまな色の花があり、
見ていて飽きることはありません。
花の色は株によって、じつにバリエーションに富みます。】

確かに、撮った写真を見ると、あっさり系と華やか系?
あるいは、和風タイプと洋風タイプ?に分けられる気がした。

で、自己流で判別してみると・・・・



まずミスミソウ(4枚)。ひっそりと、はかなげな風情で咲いていた。
















そして、こちらはオオミスミソウかな(10枚)。どの花も個性的だった。















































スポンサーサイト

Comments: 2

den URL 2015-04-09 Thu 22:00:18

はっぴーさんの最近の写真は、見事で美しいですね。見入っております。

私も出かける機会が増えて山歩きを優先していますが、花を中心にじっくりって心境まで
行けてませんので、雑だなぁと反省しております。
一眼レフだと、近接で撮影しようとすると、焦点が近すぎてシャッターが下りないことがあって、
なかなかはっぴーさんのような写真が撮れません。ピンボケも多く、なかなか何枚も撮るのも
難しいので、ブログに掲載できないものも出てきたり…
じっくり撮るってのも、私の散策の中の重要なポイントにしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします

はっぴー URL 2015-04-10 Fri 11:18:52

denさん

写真をほめていただきありがとうございます。
でも、数をたくさん撮った中での一枚、二枚なのです(^^;
(あれこれ選ぶのも、また楽 しです♪)

花撮影で歩くと時間がかかりますので、
ロングコースとの両立は難しいですね。
また、Vルートにも大きなカメラは邪魔なので
花撮影は小さなデジカメでそこそこです。

私の今のカメラは、気のせいかもしれませんが
北海道以前に使用していた旧バージョンより
接写写真に味がない気がします。
なので、denさんが前に言われていたのを思い出して、
最近は望遠で撮ることにチャレンジしています。
これはこれで手ブレとの闘いですが・・・・

一眼レフでの近接撮影、私にはよく分かりませんが
やっぱりそれ用のレンズが必要なのではないでしょうか。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2015年 丹沢一回お休み > 春の花たちに逢いたくて ―その2―

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top