Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > “魅惑の渋ルート”・・・・塩沢から六郎小屋山を経て丹沢湖へ

“魅惑の渋ルート”・・・・塩沢から六郎小屋山を経て丹沢湖へ

  


丹沢湖にかかる永歳橋(えいさいばし)をこの角度から眺めるのは初めて。
緑の頭の遠見山がなかなかの存在感。
 



2月21日

まさに、“魅惑の渋ルート”だった。
いや、“魅惑の渋・渋・渋ルート”かな(笑)
でも、このエリアのバリエーションを
歩いたことのない私には興味シンシン!
勘太郎山、日影山、六郎小屋山を歩けるって嬉しい。

ふふふ、でもホントはね、
やっぱり帰路のサイクリングが一番楽しみだったかも(笑)



≪ コース ≫
道の駅前駐車場―塩沢大滝見学―P402m―570mで林道に上がる―
勘太郎山(P813m)―番ヶ平(ランチ)―日影山―六郎小屋山―北西尾根
―三保ダム―自転車―道の駅前駐車場





※ 歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



勘太郎




思ったよりスッキリ晴れではないけれど、歩くには良いお天気。
まず「清水やまなみ橋」を渡って塩沢の集落へ向かう。正面は城山。




途中、梅が ほどよく咲いていた。白梅は青空のもとが引き立つね。




数頭分のイノシシの革は迫力があるけれど、かなり古そう。




こちらは本物!大物かな。




先日 見学した塩沢の大滝と再会。




大滝から沢沿いを先に進むと堰堤があり、その上はご覧のとおり荒れていた。
たぶん2010年9月の台風9号による集中豪雨によるものだろう。




さて。様子を見ながら登れそうな所から取り付いて、P402mを目ざす。




最初は急登で登りにくかったけれど、ほどなく建屋があったと思われる場所に出た。




そばには立派な井戸もあったのでビックリ!




これは「田代幹線」の鉄塔で、左側を登って行くと




作業小屋があった。P402mは正面の奥。




小広くなった所でハンターに出あった。そういえば今日は土曜日、管理捕獲の日だった。
この方から、この先 急斜面の直登を避け、植林内の作業道を行くと楽だとのアドバイス。




植林の地味な登りを我慢して、ようやく林道に。手前、急斜面でロープを出してもらった。




林道がカーブする所で休憩していると、もう一人のハンターと犬が西側から登ってきた。
少し話をして、勘太郎山へのルートを辿る。ここもご覧のとおりの地味渋さ(笑)




登り始めて間もなく鉄塔があったが、こちらは新秦野線だ。




こらえて辿り着いたのが、この勘太郎山。そうそうないほどの地味ピークだった!




ここでコンパスを振って、しっかり方向確認して雪の急斜面を一気に下る。




40mを登り返し林道に乗った。振り返ると勘太郎山からの急下降ルートが見えた(ズーム)




少し先で振り返り見た勘太郎山は、なんともデレーッとした山。
見えているのは火打沢につながる尾根。




この林道の崩れ方が怖い!チラッとミラーが見える所に番ヶ平の標識とベンチがあった。




振り返ってみると林道から上も崩れが進行中。いずれ歩けなくなるだろうとイガイガさん。




不老山と山市場を結ぶ登山道に合流した所でランチ。食後、植林内に続く登山道へ。
昔、不老山から山市場へ下って、大野山へ登ったことがあるけど、ほとんど記憶なし。




山市場との分岐。日影山はまっすぐだ。




まだまだ地味渋は続きそう。日影山のピークから尾根に乗る所はヤブだった。




続いたヤブを抜けると六郎小屋山で、ここから ようやく自然林が広がって、




ご褒美尾根に♪ それにしても今日は行程の95パーセントが渋かった(涙)




左に丹沢湖が見えてくると、さらにテンションが上昇(笑)




今日の地味渋分を取り戻そうと思わず足が止まり、展望を楽しんだ。




しかし、この先には、一度歩いているイガイガさんによると、岩稜の急下降が待っているのだ。




少し下って振り返った。まだ続きそうなので気持ちを引き締める。




緊張しながら、慎重に下って行くと




ダムができる前に展望台だったという所に出た。名残りの手すりがあったけれど、




今では倒れていて用をなさない。けっこうな急斜面だったので、
こんな所に展望台を作ったことに驚いた。




ここが展望台への入り口だったが、今は鎖が付いていた(振り返って)




うれし~♪ “愛車”がチャンと待っていてくれた。




ということで、チョット寄り道をして(これは省略)、今日も駐車地まで
サイクリングを楽しんだのだった。実に気持ちが良かった~



イガイガさん、本日もありがとうございました。


 


≪ 本日の出あい ≫ まだ華やかさは ないけれど春の兆しを感じた


菜の花を観ると、やっぱり明るい気持ちになる。




タチツボスミレが、 かなりたくさん咲いていた。春スタート♪(2枚)






大木があったので幹をチェックしてみたら、カヤランがついていた。
初めての発見なので、とても嬉しかった。 → 残念!!カヤランではなくシダ類と
サクラスミレさんからご教示いただきました。





もしかして、これはシュンランの葉では!?花が観たいなぁ




たった一つ、黄色くなっていたミツマタが愛おしい。




エビネもいた。これも嬉しい出あいだった。










スポンサーサイト

Comments: 2

Tsubaki URL 2015-03-04 Wed 15:52:15

やっと落ち着きました(^^♪

塩沢の大滝 大雨後凄いでしょうね(@_@) 
カヤラン残念賞! この葉は普通に見るよな~と思っていました。

20日お暇ですか?
電車でGOー🚃 渋沢丘陵地とか里山何処か? カメラに集中しませんか?

はっぴー URL 2015-03-04 Wed 17:13:13

Tsubakiさん

やれやれですね~(^^)
(やれやれは、最近の口ぐせです)

塩沢の大滝、倒木でそばまで行かれず迫力イマイチです。
着生ラン、知識乏しくカヤランという名前しか浮かびません(^^;

気持ちムズムズで、明日、気ままに花撮影してこようと思っていました。
20日、よろしくお願いします。
お天気だといいですね。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > “魅惑の渋ルート”・・・・塩沢から六郎小屋山を経て丹沢湖へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top