Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 霧氷が見たい と同角ノ頭へ ♪ ついでに“横断”の偵察も

霧氷が見たい と同角ノ頭へ ♪ ついでに“横断”の偵察も




いっとき雪がパラつき、おかげで中ノ沢乗越から同角ノ頭まで霧氷が見られた。
 



1月7日

予報では晴れだったのに、朝から雲が多かった。
今日は、AYさんが私の「霧氷が見たい」というリクエストにこたえてくださり、
中ノ沢から同角ノ頭へ行くことになった。

そういえば、仲ノ沢径路は おととし小川谷の帰路で歩いているけれど、
その奥の 中ノ沢は 十年ぶりぐらいになるのだろうか。
水質調査の採水で経角沢には二度ほど行ったが、その時 以来かと思う。

変化を見る、なんて無理。
たぶん初めての所を歩く感じだろう。
滝場のないガレ沢だった記憶があるが、私にとっては懐かしい思い出の場所。
歩けることが ただ嬉しい。


≪ コース ≫
西丹沢県民の森―仲ノ沢径路―欅平―中ノ沢(テシロ沢)―
中ノ沢乗越―同角ノ頭―長崩レ沢右岸尾根1270m付近から北へ
トラバースし中ノ沢(テシロ沢)二俣(1080m)へ下降―中ノ沢―
仲ノ沢径路―玄倉    (行動時間:およそ10時間)

※ ロガーを忘れて軌跡なし。あーあ(泣)



久しぶりの仲ノ沢径路だ。うれしいな♪



工事のための資材が置かれていた(振り返って)



以前より、ロープの設置個所が多くなっている。



ここはAYさん流で。稗畑沢(ひえはたざわ)を少し登ってから尾根に乗りトラバースした。



ちょっと ヒヤリ箇所は三か所あるけれど、登りが少なくて楽だった。



以前は、ここを登ってきたんだけど



今はロープが張ってあったので、トラバースの方を通行せよ、ということらしい。



ほどなく欅平(けやきだいら)で、植生保護柵の間を抜けて、懐かしの中ノ沢へ下りた。



すると右岸にこんなものがあってビックリ!あっ、これだと沢名「仲ノ沢」となっているね。



さらに進むと苔の庭園が登場。二回とも沢中を歩いたので、右岸を歩くのは初めてだった。



やや先で、沢に下りてゴーロを進む。



こんなに大石が多かったっけ!?と、いくつも現れる大石に驚きながら行く。



左は埋まって動けない魚クン。右は哀しげな犬の顔。に見えちゃった(笑)



おや、ここにも大石!左の沢から転がってきたのかな?



赤い石の箇所があったのは おぼろげに覚えていた。



ヨッコイショッと頑張る。



尖っているのは、まだ落ちてきたばかりの物とAYさんが言われた。なるほど合点!



タイトルは「孤独」で どうかな?自然がつくりあげた風景に畏敬の念をおぼえる。



湧水が凍った? AYさんが小石でコツコツ叩いてみた。もちろんカッターイ!!



これは横断プロジェクトの“偵察中”。



はい、ようやく中ノ沢乗越に到着。



こちらは経角沢側。さすが北側は雪が少し残っていた。



乗越から檜洞丸方面をズーム撮影。もしかして白いのは霧氷かな!?



「あっちに付いているなら、同角ノ頭にもあるはず」とAYさん。進んで行くと、念願の霧氷~♪



AYさんが撮っているのは、下の写真の景色かな。一瞬、陽が射して白さが際立った。



ああ、この風景を見たかったのだ。とてもハッピー♪





何度も振り返り堪能した!



冬の大ブナの迫力。



孤高の大ブナ。



若い のびやかな自由。



冬の華を咲かせるシロヤシオ。



冬の山びとが目ざすのは



ここ。




ひと息いれて、時間と体力を考慮した結果、
長崩レ沢右岸尾根を下ることで、話がまとまった。
コンパスを合わせて下降開始が13:50、陽が短いので急がなければならない。


最初は広い尾根だったけど



だんだん岩まじりの細尾根に。



おまけにアセビと倒木で歩きにくいこと、この上ない。



1270m付近で右の尾根が歩きやすそうなので移ることにして、トラバース開始。



途中の自然のベンチでひと休みしながら



対岸に見えるテシロ沢左俣(1080m)のガレを目ざして下った。



さすがAYさん、ドンピシャだった。



沢から少し上は“苔の庭園”が広がっていて悠久の時を感じた。



帰り道で大岩に呼び止められて、つい ちょこっと遊んでしまった。



あっ、私も(笑)



≪ 本日の霧氷作品 ≫













スポンサーサイト

Comments: 4

Tsubaki URL 2015-01-12 Mon 22:15:37

見れましたね霧氷
おめでとうございます。
こちら晴ればかりで・・・(笑)

仲ノ沢乗越
若いころ(^^♪ 良く通っていました。

えっ!て ユーシンに釣り人が沢山訪れるようになった頃
テント担ぎ、仲ノ沢乗越~経角沢を下降し、魚留滝上部に泊まって釣りしてました。ずるしてました(^^♪
ですから懐かしい。ガレ場前の枯れ棚も埋まらずに残っていますね
その上部は地獄のような枯れ沢ですね
登られた大石も覚えています。

はっぴー URL 2015-01-13 Tue 00:33:18

Tsubakiさん

はい、最近、スッキリした富士山はご縁ナシですが、
霧氷は禍転じて何とかで、とても綺麗でした (^^♪

そうでしたか!って、ビックリです。
中ノ沢行って魚留滝上部は、ズルなんですか (^^;
でも、テント担いで このガレ沢はきついですね。

大石がこんなにゴロゴロしていたかなぁ
上部の両側はこんなだったかなぁと
私の記憶はイイカゲンなので、新鮮でした(笑)
堰堤が一つもない、というのは珍しいですね。

AY URL 2015-01-13 Tue 07:36:25

はっぴーさん
霧氷に遇えてラッキー&はっぴーだったですね!
特にガスの晴れ間に一瞬現れた光景、感動的でした、

とりあえず休養に入りますが
横断プロジェクト楽しみに、元気に復帰したいと思ってます。
その時にはまたよろしくお願いいたします。

楽しいコラボの数々、本当に有難うございました。

はっぴー URL 2015-01-13 Tue 10:30:58

AYさん

最初はついていないなぁと思っていたお天気、
まさか後でラッキー&はっぴーに変わるとは思いませんでした。
ガスが切れた時に見えたからこそ、感動も大きかった気がします。

こちらこそ、印象深いコラボの数々に感謝しています m(_ _)m
おかげさまで、昨年の今ごろより体力がUPしたような・・・(^^)

どうぞ、焦らずジックリ休養されてください。
復帰を楽しみにお待ちしています♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 霧氷が見たい と同角ノ頭へ ♪ ついでに“横断”の偵察も

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top