Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 鍋割山 北エリアで遊ぶ

鍋割山 北エリアで遊ぶ

 


鍋割山で見た2014年最後の富士山。左右の裾野が見えるのがいいな。 

                            ※ この記事は昨年のものですがUPの順番上、1月8日付にしました。


12月28日 今年の納めの山遊びをAYさんと 楽しんだ。
コースは下記のとおり、軌跡は省略。

寄―鍋割山―P1020m―オガラ沢―林道をグルッと回って尊仏ノ土平
―中鍋沢・小鍋沢界尾根―鍋割山東P1280m―マルガヤ尾根―大倉



寄大橋から少し歩いてウシロ沢の仕事道へ入る。
沢沿いを後沢乗越まで歩いたことはあるけど仕事道は初めてだ。




P762mを通って、1000m地点で鍋割山南山稜コースの登山道に合流したとたん
登山者が多くなった。


出た所は、以前つっちーさんと この仕事道の入り口を確かめた場所だった。


かなり遠くから赤いものが たくさん見えたので、何だろうと思っていた。
近づいてみたらメギの実だった。この時季に歩いたから分かったことだ。


木には太くて長い棘があり、実の色と形も特徴があるので分かりやすい。


これはシモバシラ?可愛いね。

鍋割山山頂で富士山の写真を数枚撮り、休憩なしでオガラ沢ノ頭へ向かう。


オガラ沢の尾根コースは いつ来ても気持ちがいい。









地形図とコンパスでP1020への尾根を確認して下る。
この尾根、地形図では のっぺり良さげだけど、実際は危険度の高いヤセ尾根だった。












目的地へ到着。







ピークから西方向の広い尾根を下り、オガラ沢へ下降。



ああ、ここ 懐かしい風景だ。



林道をグルッと回り込んで尊仏ノ土平。



この道標は以前、鍋割山真北尾根を下って来た時、スッポリ埋まっていてビックリしたっけ。



ここからは初めての地。



AYさんが未踏の尾根を登りたいというので、中鍋沢・小鍋沢界尾根で鍋割山稜へ
上がることになった。




ここが取り付き。この尾根は地形図どおり1050m付近から ずっと急斜面だった。













かなり上部になって、もしかしてキレット!?
という箇所があり、ちょっとヒヤリ。








下りのマルガヤ尾根で見た夕景色。山々のシルエットが美しかった。







AYさん、久しぶりのハラドキ ルート面白かったです。
ありがとうございました。











スポンサーサイト

Comments: 2

AY URL 2015-01-09 Fri 09:41:20

はっぴーさん

納めの山行までコラボ頂きありがとうございました。

再訪したいと思っていた1020mでした、ご一緒出来て良かったです。
ピッタリRFでヤセ尾根通過はお見事でした、流石ですね!
私は、初回時にはRF失敗でウロウロオロオロと沢に引きづり込まれてしまいました。

小鍋沢・中鍋沢界尾根もお付き合いありがとうございました。
未踏でしたのでワクワク感たっぷりでした。
画像はニコニコですが、そんな余裕で登れるような角度でしたっけ?


この山域は、コンパクトに色々楽しめる場所ですね!
再復帰しましたら、またご一緒に訪問できればと思ってます(^.^)

はっぴー URL 2015-01-09 Fri 10:55:33

AYさん

昨年の秋から冬への11本のコラボ、ありがとうございました。
丹沢のVを熟知されたAYさんならではのものばかりで
勉強になったというよりは、感服のしどおしでしたが、
中でも今回のは印象的でした。

小鍋沢・中鍋沢界尾根、短いですがAYさんも未踏とのことで
ハラドキ感がありました。
あの急傾斜、おっしゃるようにシビレ&冷や汗ものでしたが、
なぜかカメラには笑顔(^^;

ヤセ尾根下降のRFは楽しかった~♪やっぱり私は地図読みが好きです。
この山域、クマさんもいらっしゃいますし、
地形図と実際とのギャップも大で侮れませんが、
また、よろしくお願いします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 鍋割山 北エリアで遊ぶ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top