Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 仲間が集い 今年もモトさんの慰霊登山へ

仲間が集い 今年もモトさんの慰霊登山へ

  


下山後、モトさんが登ったであろうルートについて話した。
(ardbegさんがshiroさんと重なってしまった)
 


12月7日 
今年もモトさんが遭難された鍋嵐山域に、仲間たちが集まった。

私は、AYさん、花立小僧さん、まーちゃん、shiroさん、ardbegさん
ミックスナッツさん(物見峠まで)と
煤ヶ谷―物見峠―物見沢支流一ノ沢左岸尾根―鍋嵐―P677m―15号橋
のルートで ご一緒させていただいた。



水ノ尻沢を進んで、途中から急尾根に取り付いて150m登ると、登山道に出た。



見上げれば、名残りの紅葉が青空に映えて美しいが



下はこんな感じで、うっすらと雪が残っていて寒々しい。




物見峠でミックスナッツさんと別れ、物見沢沿いに旧径路を少し辿り、
支流の一ノ沢を入る。
この旧径路は歩いたことがないと思っていたのだが、
地形図を見ていると、どうやら ひと昔前に歩いたようだ。


支流の一ノ沢を詰めて、この先で沢組と左岸尾根組に分かれた。 



急でアセビが占領するヤセ尾根は とても歩きにくかったが、主稜線で沢組と無事に合流。



本日は仲間10人が参集し、モトさんのご冥福をお祈りした。

(集合写真提供:花立小僧さん)





スポンサーサイト

Comments: 2

AY URL 2014-12-19 Fri 22:09:53

もう3年
参集しての追悼山行は今回まででしょう。
捜索から追悼まで、お疲れ様でした。

巨大熊の足跡があったり、
現に襲われた方もいたり、
この山域に入るときはクマさんに気を付けましょうね。

はっぴー URL 2014-12-19 Fri 22:50:11

AYさん

月並みな言葉ですが、月日のたつのは早いですね。
でも、「3年分の時間」が過ぎても、
あのときの想いは鮮明です。たぶん、これからも。

この山域は、末永く自然の濃い所であってほしいですね。
スズランテープベタベタはご勘弁です。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年~2015年 冬の丹沢 > 仲間が集い 今年もモトさんの慰霊登山へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top