Home > 2014年 秋の丹沢 > 懐かしい森

懐かしい森






ここは懐かしい  思い出の詰まった場所だ

あの木のそばで  初めてアカハラを見たっけ
雨の中  ここで みんなでお弁当を広げたっけ
ああ あそこの雰囲気も  胸に残っているなぁ

今は もう 同じ時を過ごした人たちは 遠い
なのに そばにいない人たちとの記憶が 
あふれて切ない

みんな どんな時を過ごしているのかな・・・・ 



























スポンサーサイト

Comments: 6

Tsubaki URL 2014-10-25 Sat 07:54:06

大胆カットに拍手です👏
紅葉そして落ち葉の季節
落ち葉を踏みしめながらの山行
以前に歩いた山友の顏が浮かんだりします。

妙に人恋しくなる季節ですね(^^♪

はっぴー URL 2014-10-25 Sat 20:23:03

Tsubakiさん

秋は駆け足で過ぎて行きますね。
あれから もう十日がたち、
この森もさらに美しく変身していることでしょう♪

自分の関わる人たちが時とともに変わっていく。
一緒に過ごした場所に立つと、トシのせいか
妙に感傷的になるこの頃です(^^;

アンヌ URL 2014-10-26 Sun 20:28:56

私も、はっぴーさんと同じことをよく思います。

あの時と同じ時を過ごすことはできない。でも、記憶だけは活き活きと蘇る。あの時、同じ時間を共有した方々の笑顔、息づかい、空間。

はっきりと記憶に残っているのに、遠くて…。
切ないですよね。

はっぴー URL 2014-10-26 Sun 21:48:56

アンヌさん
共感していただき、うれしいです。

時間はサラサラと、手からこぼれていき、
“今 この時”を止めることはできない。

自分も、周りも、ずっと変わらないような錯覚?に陥りますが、
二度と同じ時を共有することはできないのですよね。

「Wikipedia」に
【一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、
二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』
と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得である。】

とありますが、山も同じです。
もしかして再度 同じメンバーで同じ山に行くことは あっても、
状況は変化していて、以前と同じではないですね。
そう思うと、みなさんとの一回一回のコラボが、とても愛おしくなります。

レガー URL 2014-10-27 Mon 21:08:30

懐かしい思い出、とても良い瞬間だったはずなのに、
思い返すと切なくなるのは何故でしょう。
今に満足できていない訳ではないのですが、
思い出の方が勝ってしまう瞬間もありますね。

でも寂しさを感じることはあっても、思い出せるその出来事があった事に
充実感を持つ事ができます。

はっぴーさんが思い返せるコラボの一コマに、
時には私も入り込めたらなと思っていますよ(^^♪

はっぴー URL 2014-10-27 Mon 21:43:09

レガーさん

今も関わって そばにいる人との思い出は
「ああ、あの時はね~」なんて、一緒に楽しく思い出せますが
遠くなってしまった方々との思い出は切ないですね。

出あいは“ご縁”ですが、ずっと続いていくかどうかは
なんの違いによるのでしょうね。
私は時に臆病なので、手を引っ込めてしまうこともありますが(^^;

【でも寂しさを感じることはあっても、思い出せるその出来事があった事に
充実感を持つ事ができます。】

そうですね、同感です。

ふふっ、大丈夫です。
トンチンカンは「ああ、あの時はね~」が
いっぱい溢れていますよ。
それぞれ中身は違うでしょうけどねー(^^♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年 秋の丹沢 > 懐かしい森

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top