Home > 2014年 秋の丹沢 > 林道・八丁神縄線の一部と 24号鉄塔尾根を歩く

林道・八丁神縄線の一部と 24号鉄塔尾根を歩く

 
 

2006年10月、人遠から 左の植林の山(P549m)を越え、この尾根を登って来た。
今はヤブが見事に刈り払われている。左:新秦野線24号鉄塔 右奥:23号鉄塔。



         ※ 10/8  2006年10月の写真を1枚 追加しました。


10月1日
M-Kさん、AYさんと3人で、八丁神縄線の林道視察に行った。

まだ一部未完の箇所はあるようだけど、
今年6月に歩かれたs-ok さんの記事によれば、
一応、つながっているとのことだ。

お二人にとっては“怖楽しい遊び場”であり(笑)
思い入れの深い林道らしいけど、私は初めてなので
ご一緒させていただけて嬉しかった。



八丁~神縄林道



大野山2.4Km、三保ダム4.4Kmの所に簡易ゲートが設けられていた。



s-ok さんの記事にあったように、山側を削った土で林道が かさ上げされていた(振り返って)



途中から23号鉄塔と、バックに高松山、西ヶ尾の稜線が見えた。



23号鉄塔の尾根を回り込んだ少し先、擁壁がないと山側から土が崩れている(振り返って)




いよいよ工事難所の一つであり、路肩や擁壁がまだ完成していない箇所だが、
幸い、今日は工事をしていなかったので、ゆっくり見学できた。

その時は、ここがどこに当たるのか私には分からなかったが、
帰宅後、撮影時間と地形図で調べたら、
三保ダム分岐(現在の道標は熊山分岐)から
小毛坊ノ頭間に谷戸入ノ沢が突き上げる箇所だった。


この間の写真を5枚。未完なればこそのスゴサと迫力を感じた。



上と同じ箇所を振り返って。AYさんが上で見上げている茶部分が、これだと低く見える。



ありし日の冒険を語り合う?お二人。



路肩や擁壁まで完成するのはいつごろになるのかな(振り返って)



工事の規模が大きいので、真ん中やや上部に立つM-Kさんが小さく見える。



工事中のすぐ先に、こんな階段があった。



24号鉄塔と、その後ろはP549m。ここを歩いたのは もう8年前になるのか~感無量!




少し先でランチしていると、八丁側から白い車が現れ、
上の写真の辺りで止まった。
その様子から鉄塔の巡視かもしれないと思ったのは、
一つには通ってきた林道に、下へ向かう階段があったからだ。


白いヘルメットをかぶって24号鉄塔に向かう巡視員。こういう出あいは初めて!(ズームで)




さて。
本日 二つ目の楽しみは、ここからP772mまでの登りと
久しく歩いていない熊山分岐までの稜線歩きだ。

8年前は、24号鉄塔からP772mまでは
息が詰まるようなアズマネザサのヤブで、丈が3mもあった。
そこをヘルメットをかぶり、あえて尾根上を正しくヤブをこいだのだった(笑)
稜線に出た時は全員ススだらけ~!今は楽しい思い出だ。

・・・・そういえば この時、○福さんも ご一緒だったなぁ


2006年に歩いた時の懐かしい写真。途中でヤブが一瞬きれて、飛び出したところ。
まさに、ヤブにはヘルメットが良く似合う(笑)

ヤブにはヘルメットが良く似合う


今日は650mで東に出ている尾根から取り付く。ここがシカ柵の入り口。 



この尾根は途中まで刈り払われていた。



南尾根は ご覧のようなヤブ。今では とても突っ込む気には なれないー!



でも、大丈夫。ここは尾根の東側に巻き道があると、M-Kさんはご存じなのだ。



ということで、楽チンに稜線に出たのだけど・・・・手製の道標の右から出てきた。



日影山~熊山分岐間を歩く人が少ないのか、以前よりササや草が生い茂っていた。



小毛坊ノ頭の西側の崩壊地を、こわごわ覗き見る。ひぇ~こわ~!!




このあと60mも下ると「熊山分岐」、
かつては「秦野峠分岐」と表示されていた所で、エアリアでは秦野峠まで赤破線だった。
久しく来ない間に道標も新しくなり、日影山、秦野峠方向の表示がなくなった。
これでは歩く人も、さらに少なくなって、ヤブっぽくなったのも道理かな。


熊山分岐の道標。以前は秦野峠分岐だったが・・・・下って来た方向への案内もなくなった。




ここから先は面白味のない登山道を下って、駐車地へ戻った。

M-Kさん、AYさん、今日はお天気がイマイチでしたが、
とても興味深い林道視察にご一緒させていただき、ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫   今日は迷った末に小さいカメラにした。

トキワハゼは春の花かと思っていたが、11月頃まで咲くらしい。だから“常盤(ときわ)”



トネアザミ(タイアザミ)



ヒイロチャワンタケかな。まるでゴムみたいだな(2枚)





ツリガネニンジンも まだ頑張っている。



AYさんがコシオガマ発見。あまり見かけないので嬉しい♪(2枚)





ヤマトリカブト。花一輪なのに存在感があるね。


こちらは群生していた。まだこれから咲く株が多く、綺麗だった。



もうお馴染みのツリフネソウ。



鳥の食痕。小さな鳥のようだった。



ソーセージのようなツチアケビの実。




≪M-Kさんの思い入れの深い記事もどうぞ≫

http://www.geocities.jp/mk20030130/469-2014-10-01-hattyou-kannnawa-rinndou.html








スポンサーサイト

Comments: 8

レガー URL 2014-10-07 Tue 21:23:38

P772はブッツェ平間での展望台ですよね。
アブラチャンも多くあったと記憶していますが・・・
勘違いかもしれません。

丹沢湖(神縄トンネル)から日影山まで歩きましたが、
大野山分岐から藪の始まりでした。
まさかここでと思うような濃さでしたね。

秋のお花もキレイなのが揃っているのですね。
短いルートでも、一日かけてゆっくりと楽しめそうです。

はっぴー URL 2014-10-07 Tue 23:16:38

レガーさん

稜線上にアブラチャンの大木がありますね。
過去のメモには「鉄塔とP772mの中間、東に尾根が分岐する辺りには
アブラチャンが多く、ホッとひと息つけた」とありました。

レガーさんが歩かれたのは去年の12月でしたね。
ホントにヤブ・やぶ・藪・・・!!
でも、晩秋の名残りの紅葉と、初冬の青空が素敵ですね。

大野山の牧場地は、なかなかのお花畑ですよ(^^♪

AY URL 2014-10-08 Wed 08:59:59

はっぴーさん、お疲れ様でした。

丹沢の他のところは枯れていくのが多いのに、この辺はまだまだ健在な藪が残ってますね!

2006.10月、P772mの南の尾根を忠実に歩かれたとは驚きです。普通の人だったら、激藪は避けてY字分岐への経路を歩くと思うんですが(?_?)

何年後かに、また林道とか藪の様子を見に行きましょう。
牧場の春もいいかもしれませんね!

はっぴー URL 2014-10-08 Wed 10:54:22

AYさん

ありがとうございました。

ホントですね。
まさか稜線上が、あんなにヤブになっているとは思いませんでした。

8人で歩きましたが、あの頃はみんな(?)ヤブこぎに燃え楽しんでいました(^^;

はい。
牧場の草原、まだ何か“お宝”が隠れているかもしれませんね♪

M-K URL 2014-10-09 Thu 01:58:05

はっぴーさん

随分可愛らしいラクチンな周回山遊びでしたね。
それなのにお楽しみはアレコレあって十分満足でした。
ありがとうございました。

一度開通してしまえば以前の姿は只の「幻影」。
人に説明しても理解してもらえる訳もなく・・。

工事前ー工事中ー工事後・・。 いずれも己の瞼に
焼き付けてありますから「・・だったんだよナ~」と
自己満足の世界に浸ります。

花の写真が相変わらず綺麗でうっとりです。
特に今回は「コシオガマ」がいいですね~。
丹沢にもこんなのがあるんだ・・。

はっぴー URL 2014-10-09 Thu 10:06:10

M-Kさん

楽しく有意義な“巡視”にお誘いいただき、
ありがとうございました。

そうですね。
初めての出あいが記憶の原点ですが、
先人の方々の写真や記事から、以前の姿を垣間見ることができます。
そういう意味で、記録は大事だと思います。

s-okさんの記事中、
鈴木先生の「山が泣いている」とのお言葉が印象的でした。

以前、箱根で たまたま林道造成工事の取っ掛かりに遭遇しましたが、
山の斜面に生えている木々を重機でバリバリ倒し、
山腹を削っていました。
自然が壊されていく場面は思っている以上の迫力で、
ショッキングでした。
・・・おそらくこの八丁神縄線も、
凄まじい工事が行われたのではないかと想像します。

最後の写真撮影タイム、粋なおはからいに感謝です。
小さなカメラでしたが、コシオガマやツチアケビの実の姿を残せて
ハッピーです♪

Tsubaki URL 2014-10-10 Fri 14:43:43

只今です(^^♪
以前8年前・う~ん〇歳?
藪こぎがお似合いですね~🎶
その周辺知らないです。通さない林道を沢山作るね!!
ここの予算を世附に使って欲しい(^^♪

コシオガマ🌸
シダンゴ山にも咲いてるそうな?
会津のある沼で見て来ました。
私の好きそうな顏していますね。

はっぴー URL 2014-10-10 Fri 16:18:25

Tsubakiさん
秋の長旅、おつかれさまでした。

おほほ、顔がアッチ向きで良かったです (^^;
ダニ被害に懲りるまではヤブこぎ大好きでした♪

ちょっと外れていますからね。
通さない林道、安心しての~んびり歩けます(^^)

コシオガマ、お顔はそんなに怖くないですし、
やさしい色合いですが、半寄生植物なんだそうです。
以前、丹沢のどこかで見たことがありますが、
場所は忘れました。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年 秋の丹沢 > 林道・八丁神縄線の一部と 24号鉄塔尾根を歩く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top