Home > 2014年 秋の丹沢 > 3つのミッションを胸に 初秋の丹沢表尾根~主稜を歩く ①

3つのミッションを胸に 初秋の丹沢表尾根~主稜を歩く ①

 
 
≪ 9月3日のヒロイン ≫

 



何年も見ているのに、小さな蕾は上向きなのだと初めて知った!貴重な発見♪ 



全体これからという感じだったけど、全開より このくらいが好きかな。






そして ≪ 本日の出あい ≫

花色は好みだけど、やっぱり毛深いな~アキノタムラソウ。 



ホトトギスはなんとも賑やかな衣装で落ち着かない。



ゲンノショウコちゃん。



こちらはコフウロさん。



ヤハズハハコとビランジのコラボ。



おなじみのタテヤマギク。



美しいシロヨメナ。蕾は可愛いピンク、花はけがれのない純白。
→キントキシロヨメナと判明。花びらの形が違うね。



ハコネギクかな?たくましさと清涼感を感じた。



ツユクサは青い帽子に隠れたヒョウキンなお顔。



おお、荒地にドッシリ根を張るたくましきフジアザミよ!



バライチゴ(小低木)の純白もステキだ。



ヒメキンミズヒキは、キンミズヒキより か弱そうな感じがいいね。



色が気に入って、久しぶりのヤマホタルブクロ。



ヤブマメ。葉とツルを入れて。


花アップで。やさしい感じだけど、たくましい面もあるらしい。



イワガラミ発見!ずいぶん のんびりやさんだね。



ハンカイシオガマが開花すると不気味~。大きな口に噛まれそう!



マルバダケブキはまだ蕾が多かった。




ずっと思っていた。
花の季節に、のんびり主脈から主稜を通して歩いてみたいなと。

でも、花を見たら足が止まる(笑)
日帰りじゃ 体力的にも時間的にも無理ムリ!
それに、せっかく歩くのに もったいないわ。

ということで、
ずっと 泊まってみたかった「みやま山荘」宿泊体験も取り込んじゃえば
一石二鳥じゃ~ん♪



9月3日  曇り 時々 ガス

平日のヤビツ峠行き一番バスを降りると、
トイレの前で声をかけられた。
なんと西丹沢でお会いしたRyomatさんで、
今日はお連れの方とご一緒だった。

フラフラ車道を下っていたら、すれ違った車がクラクションをならして停まった。
振り向くと「丹沢ホーム」のオーナーだった。
二言三言、ことばを交わして別れた。

「知ってる人に よく会う日だなぁ」
なんて思いながら、元富士見山荘のあった向かい側を入った。

花を探しながら登るも、絶望的に なかった。
「やっぱりもっと奥に行かなければダメかー」と諦め、
今日のミッション地までは登ることに専念した。


振り返ってみると、曇りのわりに秦野の町がよく見えた。  



三ノ塔から烏尾山荘を眼下に見る景色が好きなんだけど、今日は残念!



ガスで先が見えないので、烏尾山荘まで いつもより長く感じた。



それにしても、この長~い階段、いつできたのかな(上と同じ場所で振り返って撮影)



登り登りの大倉尾根と違って 表尾根はアップダウンで疲れる。振り返れば大山北尾根。



木ノ又小屋を過ぎると塔ヶ岳は近い!?って、私だけかな。本日 山頂は人 少なし。



休憩なしで丹沢山に向かう。
人が全く いなくなり、なぜか ほっとする。
解放感を味わいながら花の写真を撮っていると、
後ろから男性3人と女性1人のグループが やってきた。

この時間に塔の先に行くのは、たぶん泊まりの方々だろう。
で、ピンときた。
昨日、みやま山荘に予約した際、他に3人グループが泊まると言っていた。

挨拶後、みやま山荘に泊まる旨を告げると、
やはり思ったとおり同宿者の方々だった。


みなさん、足が速い!のんびり歩きの私からドンドン遠ざかっていった。



歩く機会の少ない道なので味わいながら歩いた。あの尾根も登ってないなぁ



ガスで展望もないし、同じような景色が続くから長く感じるね。 



はい、ここでの主役はアナタです!カントウマムシグサさん(振り返って撮影)



箒杉沢も未踏の地。



なんと!ジェットコースター出現す。



ササが元気だ!この辺は植生保護柵内外で あまり変わらない。



ようやく着いた~!久しぶりの丹沢山。



そして今夜のお宿、ガスに煙る みやま山荘。



温かい煮物、とろろ芋、桃の缶詰まで付いてた。全員この食事に感動!満足!!




同宿の方々、男性陣は栃木県から、女性は単独で秋田県から来られたそう。
たまたま大倉尾根で一緒になり、日帰り予定の女性に山荘泊を勧めたのだとか。
みなさん、同じくらいのお年頃なので違和感なく馴染め、楽しかった。

寝室は宿泊者が少ないので、
女性はカーテン付き二人部屋を、それぞれ一部屋一人で使わせていただいた。

夕食後は明日の天気予報を見て早々に布団に入り、
7時半から翌朝5時まで ゆったり くつろいだのだった。
ああ、夜がメチャクチャ長かったよ~!!   (つづく)







スポンサーサイト

Comments: 4

Tsubaki URL 2014-09-12 Fri 19:07:27

貴婦人も他の花々も「くっきり」綺麗です。
蕾上向き知らなかったよ~(^^♪
ヤブマメの白紫と青最高ですね。

えっ! あの尾根未踏なのですか?
花の季節は日帰り無理ですね(^^♪

生卵かと思った! 桃ですか(笑)
美味しそう・・・・。

はっぴー URL 2014-09-12 Fri 20:21:55

Tsubakiさん

貴婦人はバックが暗かったので、くっきりでした。
蕾はいつから下向くのか、気になりますね。

ヤブマメ、好みの色で 出あうと つい狂います(笑)

えへへ、こっちアプローチ長いので(^^;

料理人さん、三角巾とマスクされてました(^^)
煮物とお味噌汁も美味しかったです。

日山協の山岳保険に入っているので
500円安かったのが得した気分♪

レガー URL 2014-09-12 Fri 21:41:51

やはりルートなのですね。
「つづく」が新鮮に感じました。

良いですね(^^♪
一般登山道をじっくりと味わって・・・。
はっぴーさんならではの楽しみ方が沢山ありますね。

いよいよこの先、お花が登場してくるのでしょうか。
マムシ草、思わず探してしまいました(^^♪

丹沢山の夕飯、焼肉はいつなのでしょう。
でもこの日の夕飯も大満足できそうですね。

はっぴー URL 2014-09-12 Fri 23:13:59

レガーさん

ご期待に応えられない「つづく」かもです(^^;

今年、花探索をしてみて、一般登山道の方が
花が食害から守られている気がしました。

なるべく長く山で自然を楽しみたい♪
っていうのはレガーさんも同じでしょ?

う~ん、
やっぱり、あれを期待されているのでしょうか!?

焼肉のことは知りませんでしたが、
季節ごとにメニューが変わるようなことを
どなたかが言っていたような・・・・

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年 秋の丹沢 > 3つのミッションを胸に 初秋の丹沢表尾根~主稜を歩く ①

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top