Home > 2010年 秋の丹沢 > 「秋の遠足」で 隠し金庫と“モアイ岩(仮称)”見学を楽しむ

「秋の遠足」で 隠し金庫と“モアイ岩(仮称)”見学を楽しむ


                  ▲ 清々しい秋晴れのもと、楽しい遠足に向かったのだった


今日はM-Kさんが計画された“ニカニカ秋の遠足”にツッチーさんと参加。
4月のニカニカ集会でお会いしたYTさんも加わって、 オバサンパワー全開!!

さりげなく“縁の下”してくださった、やさしいジェントルマンたちのおかげで、
思いっきり楽しませていただいた秋の遠足だった。
女性陣一同、たいへん感謝しております。


モアイ岩
                         
2010年11月3日 晴れ のち 曇り
メ ン バー: M-Kさん、AYさん、ミックスナッツさん、shiroさん、YTさん、ツッチーさん、ハッピー
コ ー ス : 西丹沢自然教室―東沢林道―ユイバシ沢左岸尾根―登山道―大コウゲ―1180P
        ―1125P―855P―700P―西丹沢自然教室(行動時間:およそ8時間)

    ※ ①コースは上図GPSロガーの軌跡参照
      ・ピンク破線はロガー電池切れのため加筆した ・林道付近の軌跡がズレているので注意
      ②V.ルートが含まれているので、地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件





いつものことながら記事UPのトップは、「俺の山紀行」のM-Kさんだった。
続いて「ミックスナッツの散歩道」のミックスナッツさん、「雑草walker」のshiroさん、
と続き、「丹沢串刺山行」のAYさんと私が先を譲り合っているようだ(笑)

先のお三方の記事は素晴らしく、当日の様子は書き尽くされた感があるので
そちらをご覧いただき、私は、気づいたことだけ書くスキマ埋め記事にしようと思う。





朝8時半、西丹沢自然教室付近は満車状態。
シロヤシオの時期だけでなく紅葉シーズンも混むのだ。
準備をして自然教室前を通ると、
「檜洞丸植生回復ボランティア」に参加される方々が集まっていた。

保全センターのTさんがいらっしゃったのでご挨拶する。
久しぶりにお会いしたS-OKさんともご挨拶。
自然教室のKさんが「今日はどこに行くの?」と話しかけてきたので、
地形図を広げて説明すると、行った人だけが言える謎のひと言を賜った。





「ダニは厭うけど、ヤブコギは嫌いじゃない」という矛盾したところを
shiroさんにズバッと指摘され、返す言葉がない私(笑)

今日もヤブがあるというので楽しみにしていたが、
濃いというところでも かなり衰退しているように感じた。
ここ3年くらいで、ヤブが薄くなっている気がするのは私だけだろうか。

今夏、歩いた西丸付近は、まだ人の背丈以上のヤブが密だった。
それに比べると、季節を考慮しても、ここははるかに薄い気がする。




これから急登が始まる手前のヤセ尾根で昼食。
眼前の景色はご覧のように素晴らしいが、“電線にスズメが7羽”状態でのランチだった。





岩が現れ始める。ヒヤリも受けたけどドキリもさせてしまった。
自分が怪我をするのではない“落石事故”は、
特に多人数の場合いっそうの注意が必要だと、以後、再自覚してのぞむ。

写真の傾斜はまだ緩いが、登るにつれて だんだん急になって壁のように立ってくる。





これがAYさんが探して案内してくださった「信玄の隠し金庫」だ。
なぜかM-Kさんの記事には、鎮座されている“番人の方”が写っているのだ(笑)



2010_110320101103ユイバシ沢ミックス①←モアイ岩に立つ
2010_110320101103ユイバシ沢ミックス④
            ▲ モアイ岩(2枚ともミックスナッツさん撮影)


バカと何とかは高いところに登りたがる??(笑)
自分では“高所恐怖症”と信じているのだが、怖さを感じなかった。
ひょっとして、トシのせいで高度感にも鈍さが出てきているのか・・・そっちの方が怖いな~!

「モアイ岩」というのは、イガイガさんが最初に仮称されたと聞いているが、
(違っていたらゴメンナサイ)横から見ると、なるほどイケテル命名だな~と納得する。

※ 「モアイ岩」命名の件で、さっそくイガイガさんからコメントをいただきましたので、
  そちらをご覧ください。




▲ モアイ岩から見た景色


丹沢のシブイ紅葉が好きだ。
シックというか落ち着いた色合いは控えめで、見ていて飽きない。
この写真は雲の形が気に入っている。




これから下る尾根が美しい曲線を描いて続いていく。
ほとんど自然林のようなので、中を歩くのが楽しみだった。
朝、東沢林道でお会いしたyamajinさんは、ここを登ってこられたのだ。



                    

下り口から30mくらい下ると、急下降が待っている。
岩とササと灌木が混じり合った中、ルートを探しながら下りていく。
どこでも下りられそうな気がするが、ここを登ったことのあるM-Kさんから、
右側のササヤブに踏み跡がないかと指示が飛ぶ。
歩きやすい径路があった!

そうか、ここのことだったんだ~!
「下り始めのところで“アミダクジ”のようなところがあるので楽しんできて」
のKさんのイミシンな朝のひと言。
鈍い私は、下山して自然教室で再びKさんと話した時に、
やっと意味するところがつながった(遅過ぎだ~!)

上の写真はアミダクジを過ぎて、ひたすら下っていくところ。
この辺の急下降が今回、一番面白かったなー





1100m辺りで左にトラバースし、尾根を乗りかえる。
踏み跡があるので間違うことはないと思うが、
まっすぐ行くと東沢林道を横切って、用木沢出合に至る尾根に入ってしまう。



         ▲ 小コウゲ(左)を振り返りながら、美尾根を下る



          ▲ 自然林はいいな!男性バージョン



          ▲ 自然林はいいな!女性バージョン


<
        ▲ 最後の方に、思いがけないグリーンの世界が登場


大コウゲ、小コウゲから派生している極上Vルートを
楽しみながら歩けてとても良かった。
また、下りで一本のロング尾根を末端まで歩きとおすことができて
これもまた大きな満足感があった。

M-Kさん始め、ご一緒していただいた皆さん、ありがとうございました。


♪♪ 本日の出会い


▲ これは7月に通ったとき写したツチアケビの花


▲ 今回、ウインナそっくりのツチアケビの実が 一つだけ残っていた。初めて見たので嬉しい!


▲ まだダイモンジソウが咲いていた
 

▲ 今の時期、リンドウが多いね






スポンサーサイト

Comments: 10

M-K URL 2010-11-09 Tue 18:21:12

ハッピーさん
総括のUP、お見事でございます。
「秋の遠足」とはふざけたお題目で失礼をいたしました。
これに懲りず「冬の遠足」もいかがでしょうか!
冬の場合は日が短いから近場の遠足になりますね。
「アミダみたいな下り口」謎の一言。云い得て妙です。
任せてご安心の女性陣。私は全く安心の心でしたよ。
というより「待ってくれ・・、おいてかないでくれ・・!」
でしたけどね。(^^);

イガイガ URL 2010-11-09 Tue 19:57:58

モミジのように艶やかな三人娘と胡散臭いおっさん四人衆
珍道中お疲れさまでした。

あの詰めの大岩、「モアイ岩」「鉄人28号」「東沢の尊仏岩」、
いろんな仮称があるようです。
観る人によってさまざまで楽しいですが、
そのうち昭文社の地図に堂々と名前が記載されるんじゃないかと心配です。

「モアイ岩」命名、いつのまにか私になっているようですが、
「信玄の隠し金庫」というのと同様に
最初の名付け親はマシラさんですよ。

ハッピーさんのブログはみんなとは観点が違うのでとても楽しいです。
これからも楽しみにしていますので頑張ってください。

とか、
“ハッピーさんのblogアップ、たのしみにしていま~す!”
なんて書き込み、嬉しい半面、プレッシャーでしょ(笑)

相棒 S URL 2010-11-09 Tue 20:43:25

秋の遠足に相応しいお天気と紅葉
何も考えずに付いて歩いちゃいました。
初めてづくし、ルンルン。
皆さんの山カン(?)素晴らしい
shiroさんは、モアイ岩の番人のようでしたね。
M-Kさんには菊芋のお土産いただきました。
ハッピーちゃん皆様
ありがとうございました。

ちしろ URL 2010-11-09 Tue 21:27:53

M-Kさん

皆さんとご一緒はとても楽しいのですが、
記事のUPで頭かかえてます。
子どもの頃、夏休みの宿題は8月31日まで
大事に取っておいた性格でした(笑)

コラボでのM-Kさんのここぞという時のひと言、
さすがでございました。
近場の冬の遠足、楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。

ちしろ URL 2010-11-09 Tue 21:51:38

イガイガさん

さっそく「信玄の隠し金庫」と「モアイ岩」命名についてのご教示、
ありがとうございました。
ミックスナッツさんのモアイ岩の写真を見ると「鉄人28号」も
納得できますね。
想像力も人それぞれで楽しいです。

土沢の帰りの電車内で、AYさんとミックスナッツさんの
陰謀にのせられ?(笑)、始めてしまったブログが、
最近、お、重いです。

【なんて書き込み、嬉しい半面、プレッシャーでしょ(笑)】
イガイガさんの上記コメント、さすがブロガー!核心をついていますね~

ちしろ URL 2010-11-09 Tue 22:20:10

相棒Sさん

「秋の遠足」楽しかったですね。
あのルートを二人で行くのは初めてでは無理ですね、たぶん。
今回、皆さんと歩けてラッキーでした。

二人でコツコツ探検しながら、
また遠足に参加させていただきましょう。
鍋割峠トラバース、楽しみにしています。

URL 2010-11-10 Wed 00:45:51

「まだハッピーさんがいる」も遂に一人となりチョイと寂しいです。
鍋割峠トラバース、オガラ沢乗越到着直前お気をつけて!

T.I. URL 2010-11-10 Wed 02:21:06

ハッピーさんが最近、お、重い、と聞いて、ぬっとんでめえりやすた~

愚見では、確かに、お、重いです(泣)
しかるに「モノは言いよう」と申します。
換言をお許し願えれば、「新たに一歩」の一歩が非常に長い、
つまりコンパスが長いと申しますか、ストロークが長いと申しますか、
つまりあれだ、「足が長い」!
何しろただいまの一歩は「モアイ岩(仮)」から「9/2早戸川中流」まで
10編をカバーされていらっしゃいます!その間、山ボーイズに会ったり
キツネが出てきたり、ナメコ汁とか、あ、小生のうどんも掲載して頂いたり、
落とし物探したり、果てにはイ師匠まで出てきちゃったりして実に盛り沢山!
農耕民族の出自の小生には追いつくのが難しゅうござひます。
ハッピーさんの一歩を1/3の3編くらいにして頂ければ農耕民族にも
何とかなるような気が致します<(_ _)> 何とぞご一考願いたく<(_ _)>

あ、AY師範(ですよね?)
大丈夫です!場所もグレードもだいぶ落ちまして恐縮ですが、まだ小生が
唐沢のあたりでウカウカしております~

ちしろ URL 2010-11-10 Wed 22:59:00

AYさん

ごめんなさいね、一人にして。
でも、チョイと外遊び、し過ぎではありませんか!?
たまには机に向かいましょう!
なんて、偉そうなこと言えるのは、最後の人にだけです(笑)

・・・私も、まだ2件抱えています。

ちしろ URL 2010-11-10 Wed 23:11:49

T.I.さん

アドバイスありがとうございます。
「最新記事一覧」の表示は10件のままですが、
「記事」の表示を4件にしてみました。

それから、知人から「写真サイズが大きい割りに
綺麗じゃない。たぶん縮小ソフトが悪いのではなかろうか」
と今までと違ったのを教えていただきました。

これだと、ファイルサイズが80KBでもクリアーです。
これからは、写真も軽くなると思います。

で、これで私のブログ更新も、軽~くドンドン はかどるんでしょうか?

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/42-5507e3d9
Listed below are links to weblogs that reference
「秋の遠足」で 隠し金庫と“モアイ岩(仮称)”見学を楽しむ from 新たに一歩

Home > 2010年 秋の丹沢 > 「秋の遠足」で 隠し金庫と“モアイ岩(仮称)”見学を楽しむ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top